ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

恋愛

顔がいいだけの女に興味はないんだよ!―『ローマの休日』

今日の更新は、『ローマの休日』です。 あらすじ・概要 ローマに滞在中の王女アンは、自由のない生活に情緒不安定になっていた。彼女は少しだけのつもりでローマの街に降りる。彼女と出会ったのは新聞記者のジョー。ジョーは、アンのことをスクープするため…

自虐の皮をかぶった埼玉愛郷映画―『飛んで埼玉』

今日の更新は、『飛んで埼玉』です。 あらすじ・概要 娘の結納に向かう一家は、ラジオである都市伝説を聞く。かつて、埼玉県人は迫害され、東京に行くには通行手形が必要だった。白鵬王学院に転入したアメリカ帰りの麻実麗(あさみ・れい)は、生徒会長の壇…

走る学者少年と女王の孫の帰還―荻原規子『西の善き魔女5 闇の左手』

今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女5 闇の左手』です あらすじ・概要 ヘルメス党の拠点で暮らしていたフィリエルたち。しかしブリギオンの軍隊が迫っていることを知らせるために、ルーンはユーシスの元へ旅立った。勝手な振る舞いに怒ったフィリエルは北…

うだつが上がらない青年と乙女のめくるめく一夜―『夜は短し歩けよ乙女』(アニメ映画版)

今日の更新は、『夜は短し歩けよ乙女』です。 あらすじ・概要 うだつが上がらない大学院生「先輩」は、「黒髪の乙女」に片思いをしている。なるべく彼女の目に留まるべく奔走するが、思いは空回りをし続ける。古本市や秋の学園祭など、一夜のはずなのにくる…

人の上に立つ自覚がある王族ばかりの少女小説―長月遥『花冠の王国の花嫌い姫』

あらすじ・概要 花粉症なのに花あふれる国エスカ・トロネアに生まれてしまった姫君のフローレンス。彼女は花のほとんどないラハ・ラドマへの輿入れを狙う。ラハ・ラドマの王子の求婚を受けてかの国に向かうが、王子をはじめ周囲には「なぜ大国の姫がうちのよ…

女王の末裔は愛する人を追って南に向かう―荻原規子『西の善き魔女4 世界のかなたの森』

今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女4 世界のかなたの森』です。 あらすじ・概要 南へ、竜退治に旅立ったユーシス。そしてフィリエルは、それをイグレインと追いかける。彼女が探すのは、行方をくらましたルーンの手がかりだった。フィリエルは自らの母親…

王宮にやってきたフィリエルの決断―荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』

3 今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』です。 あらすじ・書籍概要 いとこのアデイルとともにハイラグリオン宮中に上がったフィリエル。フィリエルはそこで、複雑怪奇な貴族の文化を知る。襲われそうになったフィリエルを見たユーシスは、…

もっとはっきり話をしよう?―荻原規子『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』

今日の更新は、荻原規子『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』 あらすじ・概要 鳳城学園一年生がスケート合宿に行くことになる。そこでは、真響の一族の思惑があるようで……? 真響は「自分こそ真響にふさわしい」と語るいとこと再会する。表題作ほか…

女の園で女王候補を巡る陰謀に立ち向かう―荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』

今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』です。 あらすじ・概要 フィリエルは教養を身に着けるため、トーラスの女学校 に入れられる。そこは貴族の令嬢たちが学ぶ場所。しかし淑やかな雰囲気の裏では、女王候補を巡る陰謀が渦巻いていた。何故…

少女は首飾りをきっかけに荒野を出る―荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』

今日の更新は、荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』再読感想です。 あらすじ・概要 セラフィールドに住むフィリエルは、領主の舞踏会に参加した。そこに母親の形見の宝石をつけていったことから、ロウランド家のユーシスとアデイルに問いたださ…

腐女子とラノベ作家よ、末永くお幸せに!―壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』です。 あらすじ・概要 順調に作品を執筆していた学だったが、『かみたまっ』の部数が落ち込みぎみだということを知る。一方で、他の出版社から「うちで書かないか」という誘…

浦島効果による二世代ロマンス―須賀しのぶ『惑星童話』

今日の更新は、須賀しのぶ『惑星童話』です。 昔の作品はAmazonの画像が小さいから困る。 あらすじ・概要 天才宇宙飛行士アーノルドは、奇跡の人材として名をはせていた。しかし、高速で移動する宇宙船に乗るアーノルドは、浦島効果(ウラシマエフェクト)に…

レズビアンカップルの精子提供ドナー探し―東小雪・増原裕子『女どうしで子どもを産むことにしました』

今日の更新は、東小雪・増原裕子『女どうしで子どもを産むことにしました』です。 あらすじ・概要 レズビアンカップルである著者ふたりは、「子どもを産みたい」という気持ちが高まり、精子ドナーを探し始める。しかし、なかなかドナーと著者たちの希望に折…

ラノベ作家、イラストレーターを失いかける―壱月龍一『ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星』

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星』です。 前巻の感想はこちら。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ・概要 明日葉と付き合い始めた学。しかし、『かみたまっ』の双子イラストレーター、双星(にぼし)にそのことがバ…

お転婆ヒロイン夏子がかわいすぎる純文学―武者小路実篤『愛と死』

今日の更新は、武者小路実篤『愛と死』です。 あらすじ・概要 小説家である「私」は友人の妹夏子に出会う。はつらつとして生命力にあふれた夏子に、「私」は惹かれていく。「私」はパリに渡ることになり、帰国後に夏子と結婚するという約束をした。洋行中に…

自分にしかできなかったことを選び取った人は自由だ―『空の青さを知る人よ』

今日の更新は、『空の青さを知る人よ』です。 ブログなどにまとめる時間が取れてないんだけど、映画『空の青さを知る人よ』、山田太一が書いたように素晴らしい脚本と、日本のアニメ描写のトップレベルの繊細な生活描写、内容では『天気の子』にも引けを取ら…

女流棋士である必要は何もないメロドラマ―鳥島灰人『この恋はツミなのか?』

今日の更新は、『この恋はツミなのか?』です。 あらすじ・書籍概要 いつも余計なことばかり言ってしまう24歳童貞は、眼鏡のかわいい女性に出会う。彼女は女流棋士で、主人公より年上だった。彼女と仲良くなりたいと、試行錯誤する主人公だったが……。 女流棋…

幼馴染の死と、素直にならなかった罪を償うということ―夜野せせり『君が残した青をあつめて』

今日の更新は、夜野せせり『君が残した青をあつめて』です。 あらすじ・書籍概要 幼馴染の果歩、苑子、ハル。三人が14歳のとき、ハルと苑子が付き合いだして果歩は意地悪な一言を放ってしまう。次の日、苑子は事故で死んでしまった。果歩とハルは、高校生に…

ヒロインがイタいが主人公には必要だったのかもしれない―壱月龍一『ラ・のべつまくなし ブンガクくんと腐思議の国』

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし ブンガクくんと腐思議の国』です。 あらすじ 売れない小説家、矢文学は、糊口をしのぐためにラノベ作家に転向する。原稿にを書けなくなり、立ち寄った図書館で出会った少女に一目ぼれ。その少女明日葉は、男と男…

きみら人の上に立つ者の自覚はあるのか―守野伊音『淋しき王は天を堕とす―千年の、或ル師弟―』

今日の更新は、守野伊音『淋しき王は天を堕とす』です。 あらすじ 天人と人間の戦争が終結した後の世界。天人として生まれ天人を滅ぼした王は、政治を他の人間に任せて神殿で静かに暮らしていた。主人公、アセビは孤独な彼を幸せにしようと奮闘するが……。

童話的世界観でルッキズムを思い知らされたくない―あおのなち『テオ-THEO-』

今日の更新は、あおのなち『テオ-THEO-』です。 久しぶりにBLの漫画を買いました。 あらすじ 少年テオは魃(ばつ)という神様であるレイに仕えることになる。血筋による主従関係だったが、ふたりは少しずつ惹かれあっていく。しかし、魃は短命で、テオより先…

ヤバい女に翻弄されつつも翻弄する―間宮夏生『月光』

今日の更新は、間宮夏生『月光』です。 あらすじ・書籍概要 男子高校生、野々村は、クラスのアイドル月森葉子が落とした「殺しのレシピ」を拾う。それは、完全犯罪を目指した計画が書かれているメモだった。しばらくして、月森の父親が事故死する……。

敏感体質のための恋愛指南書―エレイン・N・アーロン『敏感すぎてすぐ「恋」に動揺してしまうあなたへ』

今日の更新は、エレイン・N・アーロン『敏感すぎてすぐ「恋」に動揺してしまうあなたへ』です。 あらすじ・書籍概要 普通の人より敏感な人、HSP(highly sensitive person)。敏感ゆえに他者を遠ざけてしまったり、恋愛関係で我慢を続けてしまったりする。そ…

葬太郎の呪い「アカデ」とは何者だったのか―枝屋初『ばけむこ』総評【ネタバレ有】

雌雄同体のなめくじの神様と男にも女にもなりたくない人間という、ひとつのカップルで3Lをこなしてしまう漫画が完結しました。 今回はその総評と、アカデとは何者だったのかを自分なりに考察してみたいと思います。 あらすじ・書籍概要 一族の女に伝わる早…

「好きな歌を歌う」ことは商業で歌うことより優れているのか?―樹戸英斗『優雅な歌声が最高の復讐である』

今日の更新は、樹戸英斗『優雅な歌声が最高の復讐である』です。 あらすじ・書籍概要 サッカーで挫折しゾンビのような生活を送っていた隼人。そんな隼人のクラスに瑠子という少女がやってきた。彼女は海外で歌手をしており、日本に戻ってきたのだという。隼…

ミソジニスト男を首ちょんぱする悪女―オスカー・ワイルド『サロメ』(光文社古典新訳文庫)

今日の更新は、オスカー・ワイルド『サロメ』です。 友人がFGOのサロメについて話していたので読んでみました。 あらすじ・書籍概要 ヘロデ王の娘サロメは、牢につながれた預言者ヨカナーンと出会う。彼に好意を持つサロメだったが、ヨカナーンは彼女を罵倒…

大人たちから見放された普通の少女の末路―ヤマシタトモコ『ひばりの朝』

今日の更新は、ヤマシタトモコ『ひばりの朝』1、2巻のまとめての感想です。 あらすじ・書籍概要 蠱惑的で、臆病で、人目を引く少女、日波里(ひばり)。周りの大人たちは、彼女に対して劣情や憎悪を持つ。しかし、彼女は実は、父親から性的ないたずらをさ…

王女と奴隷が愛と憎悪を持って殴り合う―宝塚歌劇団『金色の砂漠』

今日の更新は、宝塚歌劇団『金色の砂漠』千秋楽配信の感想です。 Twitterをなんとなく眺めているとあらすじがすごく好みな作品が流れてきたので見てみました。 あらすじ 王族が生まれたときに異性の奴隷をつける文化がある国。第一王女タルハーミネは、男き…

碁の話なのに碁のシーンが少なくて萎えた―シャン・サ『碁を打つ女』

今日の更新は、シャン・サ『碁を打つ女』です。 あらすじ・書籍概要 満州に赴任していた日本人士官は、スパイを探すために行った広場で少女と出会う。彼女と碁の対戦をするたびに、お互いに惹かれていく。しかし、少女は歴史のうねりの中に巻き込まれていく。

ループを重ねて初出撃を突破せよ―桜坂洋『All You Need Is Kill』

今日の感想は、桜坂洋『All You Need Is Kill』再読感想です。 あらすじ・書籍概要 人間がギタイという謎の生物と戦っている未来。初年兵のキリヤ・ケイジはギタイとの戦いの中で二日間を繰り返すループに陥る。何度も初出撃をこなす彼は、ループを脱出する…