ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ヒーローとヒロインの言葉が通じないファンタジー―山咲黒『呪われた伯爵と月愛づる姫君 おとぎ話の魔女』

あらすじ・概要 入内を控えていた少女、待宵は、目覚めると自分が知らない場所へ迷い込んでいるのに気づく。身寄りのない彼女の面倒を見てくれたのは、ジーン=バイロン伯爵。言葉がわからないなりに交流をしていくふたりだが、ジーンが待宵を助けたのには理…

最近見た・読んだ作品5つ(20210613)

橘ユマ『うさぎ強盗には死んでもらう』 謎の賭博師「うさぎ強盗」を巡る群像劇ミステリ。 時系列が飛ぶ上に文章がめちゃくちゃ読みにくいので読むのに時間がかかりました。ところどころキャラクターが何をやっているのかわからないシーンがあります。 ただこ…

格差社会の中で語られるすっとぼけた労働文学―津村記久子『ポトスライムの舟』

あらすじ・概要 29歳のナガセは、工場で働いている。ある日自分の年収がほぼ世界一周にかかる値段であることを知ったナガセは、工場の給金を一年間丸ごと貯め、他の仕事で生活をすることを思いつく。表題作ほか、格差社会を描いた二編を収録した本。

いろんな意味で現代では描けない作品―ジョージ秋山『銭ゲバ』

あらすじ・概要 貧しさゆえに病気になった母親を失った蒲郡風太郎は、「金さえあれば何でもできる」と金に強い執着を持つようになる。お金ほしさに殺人などの犯罪行為も厭わず、ついに大企業の社長になる。しかし風太郎の周りに不審な死が多いことに気付く者…

こういう生活が本当にうらやましい―阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』

あらすじ・概要 女芸人阿佐ヶ谷姉妹。彼女らはふたりで狭いワンルームに暮らしていた。同居のわずらわしさや楽しさ、近所の人たちとの交流を交互にエッセイとして書き記していく。ふたりの書いた恋愛小説も収録。 「普通」でないことを受け入れられる生活う…

ゲイの歌手が見つけた仲間のいる喜びと苦しさと―『ボヘミアン・ラプソディ』

あらすじ・概要 ライブハウスに通っていた青年フレディ・マーキュリーは、ボーカルがいなくなったバンドに入れてもらい、そこで歌い始める。QUEENと名付けられたそのバンドは、リードボーカルのフレディの歌唱力を武器に有名になっていく。しかし、フレディ…

軽い気持ちで認知症の祖父母と同居したら大変なことになりました―青山ゆずこ『ばーちゃんがゴリラになっちゃった。 祖父母そろって認知症』

あらすじ・概要 著者の母方の祖父母は、夫婦そろって認知症になってしまった。軽い気持ちから祖父母の家に住むことを家族に申し入れた著者だったが、それが過酷な介護の始まりだった。暴力・暴言が激しく介護サービスを拒む祖母と、他の人間に興味を示さない…

高田馬場で漫画の神様のアシスタントをしていた男の話―堀田あきお&かよ『手塚治虫アシスタントの食卓』

あらすじ・概要 夫婦で漫画家をしている堀田あきおとかよ。夫、あきおはかつて手塚治虫のアシスタントをしていた。入社したきっかけ、漫画部とアニメ部の軋轢、漫画家を目指すアシスタントたちの交流を当時食べた食事とともに描き出す。懐かしい漫画のアシス…

最近読んだ・見た作品5つ(20210604)

畑ヶ中あいこ『舞台追っかけ女子 推しが元気でごはんがおいしい』 2.5次元舞台にハマった女性の事実を織り交ぜたフィクション。 身の回りに観劇をする女性が多いのもあって、知っていることが多かったです。新鮮味はなかったかな。 絵柄やキャラクターの表情…

不妊治療をする夫婦の心の揺れ動き―原田あきお&かよ『不妊治療、やめました~ふたり暮らしを決めた日~』

あらすじ・概要 子宮筋腫をきっかけに、子どもを作ることを決意した漫画家夫婦。しかし妻のかよは、子どもができにくい体質だった。一度の流産を経て、人工授精という西洋医学から、東洋医学漢方の漢方も試すが、結果は芳しくない。やがて体外受精しかないと…

この映画は徹頭徹尾おかしい(面白い)―『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

あらすじ・概要 巨大生物を監視する組織モナークのエマ・ラッセル博士は、娘のマディソンとともにモスラとの交信に成功した。しかしそこをテロリストが襲撃、エマは連れ去られてしまう。巨大生物を目覚めさせようとするテロリストによってモンスター・ゼロが…

強烈な個性を持つダンス教師の数奇な過去とは―米原万里『オリガ・モリソヴナの反語法』

あらすじ・概要 ダンサーの道を諦めて翻訳家になった広世志摩は、かつてチェコスロバキアの学校でオリガ・モリソヴナという教師に出会った。強烈な個性を持ち、多くのダンサーを育てた彼女の謎を解くために、志摩はロシアを訪れる。親友カーチャとオリガの数…

クズとクズが精神的に殴り合う話―「ミュージカル『スリル・ミー』」(5月29日20:00公演配信版)

サムネ画像今回の公演じゃないんですがちょうどいいものがなかったので許してほしい。 あらすじ・概要 殺人犯である「私」は、仮釈放のための審議に出席する。「私」は「彼」についてそこで語り始めた。「彼」は弁護士を目指すエリートでありながら、ニーチ…

【実録・体験談】コロナ禍の中で祖母の葬儀に出た

このブログには書いていなかったんですが、2週間ほど前母方の祖母が亡くなり、その葬儀に出席しました。 コロナ禍の中でのお葬式の記録として書き残しておきます。 個人が特定できないようところどころにフェイクを入れているので、話半分に聞いてください。…

現代に流行りやすい感染症とは―井上栄『感染症 増補版 広がり方と防ぎ方』

あらすじ・概要 何度も人類を危機にさらしてきた感染症。どんなときに感染症は広がるのか? 感染症の種類や伝播する過程を紹介し、正しく対処する方法を語る。感染症をきちんと恐れ、科学的知識で戦う本。

虚言癖のある母親を訴え返して学校と部活の無実を証明する―福田ますみ『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの戦い』

あらすじ・概要 長野の丸子実業高校で、バレーボール部の男子部員が自殺した。母親、高山かおりはいじめが原因だと怒り狂い、高校を相手取って裁判を起こす。だが、母親の主張のほとんどは虚言だった。丸子実業は逆に母親を訴え返し、部員と学校の無実を証明…

フェミニズムに興味のない人間にフェミニズム映画を作らせるな―『アラジン』(実写映画版)

あらすじ・概要 泥棒として生きてきたアラジンは、国のプリンセス、ジャスミンに恋をする。魔法のランプを手に入れたアラジンは、魔人のジーニーに王子になることを願った。ジャスミンといいムードになったアラジンだったが、国王の補佐をするジャファーによ…

なぜあの会社のCMは女性の反感を買ったのか―瀬地山角『炎上CMでよみとくジェンダー論』

あらすじ・概要 企業が練って制作しているCM。しかし、それが特定の層の反感を買い「炎上」してしまうことがある。なぜ、そんなことが起こるのか。それは性別への固定観念がありありと描かれているからだ。ジェンダー的背景を解説し、炎上するCMのパターンを…

同世代の女子がワイワイシュラバする70年代アシスタント事情―笹生那実『薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記』

あらすじ・概要 中学生で漫画を投稿していた著者は、高校生になってプロの漫画家のアシスタントとして呼ばれることとなる。そこは締め切りぎりぎりの中漫画家とアシスタントが原稿を書き続ける「シュラバ」だった。有名漫画家との思い出とともに、つらくも美…

美術館の監視係が猫の姿になって仕事を語る―宇佐江みつこ『ミュージアムの女』

あらすじ・概要 岐阜県美術館で監視係をしている著者。展示室の片隅に座り、客が作品を触らないように注意したり、作品の害になるかもしれない虫を捕獲したりしている。美術館を訪れるさまざまな客を見つめながら、美術館の意義や展示係のやりがいについて語…

スペースコロニーで幼形成熟の子どもたちが世界の真実に触れる―吟鳥子『きみを死なせないための物語』

あらすじ・概要 人類が地球に住めなくなった世界。人々はコクーンと呼ばれる宇宙上のコロニーに住んでいた。幼形成熟(ネオニティ)で成長が遅いアラタ、ターラ、シーザー、ルイの四人は、祇園という女性と出会う。彼女はダフネ―症という奇病にかかり、16歳…

男性作家のコミックエッセイおすすめ13選

コミックエッセイの著者って圧倒的に女性が多いですよね。コミックエッセイに興味を持つ層が女性に偏っているんでしょうか。 今回は少数派である男性のコミックエッセイの中からおすすめをまとめました。 漫画家のくだらなくて笑える起承転結 『山本アヒルの…

大統領に仕えた女性料理人の栄光と挫折―『大統領の料理人』

あらすじ・概要 田舎でレストランをしていたオルタンスがスカウトされたのはフランスのエリゼ宮。彼女はそこで大統領のために食事を作ることになった。女性でありよそ者であるオルタンスは、すでにいる料理人たちに薄遇される。オルタンスは大統領と信頼関係…

流され続けた男が自分を取り戻す―『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』

あらすじ・概要 西幽の雪山で暮らしていた浪巫謡(ろうふよう)は、母に剣と歌の特訓をさせられていた。母を事故で亡くし、街に出てきた浪巫謡は、歌の能力を買われ店に置いてもらうこととなる。しかし周囲は浪巫謡を利用するだけだった。店の摘発をきっかけ…

マジョリティの価値観で書かれた発達障害本ってつらいな―岡田尊司『自閉スペクトラム症 「発達障害」最新の理解と治療革命』

あらすじ・概要 先天的なものであり、治癒が難しいとされてきた自閉スペクトラム症。しかし最近の研究で、発生には環境要因が強いことがわかってきた。自閉症の子どもを支えるため、親や周囲は何をすればいいのか。最新の情報とともに、周囲ができる治療方法…

NHK文化センターのZoom講座を受けてみた感想【体験談・レポート】

この間NHK文化センターのZoom講座を受けてみたので、備忘録&参考にしたい人もいるかと思って感想をシェアしておきます。

人生の絶望と孤独とそれでも存在する救い―『連続テレビ小説 おちょやん』

あらすじ・概要 実の父親に奉公に出され、道頓堀の芝居茶屋にやってきた竹井千代は、そこで見た芝居に心を打たれて役者を目指す。女性ばかりの一座で下働きをしたり、映画に出演したりの過程を経て道頓堀に戻り、そこで鶴亀家庭劇という喜劇一座に所属する。…

アラサー男と悪魔娘のくっつかない食事小説―天那光汰『おひとりさまでした。~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~』

あらすじ・概要 アラサーのサラリーマン誠一郎は、偶然悪魔を召喚してしまう。彼が悪魔に願ったのは、「一緒に飯を食うこと」。かくして悪魔娘リリスは、誠一郎が「誰かと飯を食いたい」と思った瞬間に現れ、彼のおごりで食事を共にするようになる。ふたりは…

高校教師とそれを騙す女の子の年の差百合―あいだ『好き、大嫌い、好き』

あらすじ・概要 高校教師で同性愛者である美彌は、出会い系アプリでナナカという大学生と出会う。19歳との年の差、ナナカのまっすぐさに後ろめたさを感じつつ、美彌はナナカに惹かれていく。しかしナナカには秘密があった。

働かない弟を養いながら支える姉の距離感がいい―沼津マリー『実家からニートの弟を引き取りました』

あらすじ・概要 著者には高校を辞めて以来、引きこもってゲームばかりしている弟がいる。親孝行のために彼を東京のワンルームに引き取り、社会復帰を支援することに。まずは漫画のアシスタントを頼み、履歴書に書けることを増やそうとするが、弟はやはりゲー…