ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

現代もの

自殺志望の子どもたちが13人目の死体の謎を解く―『十二人の死にたい子どもたち』(実写映画版)

今日の感想は、『十二人の死にたい子どもたち』(実写映画版)です。 あらすじ・概要 集団自殺を行おうと廃病院に集まった12人の子どもたち。しかしそこには、13人目の死体が横たわっていた。全員が賛成しないと集団自殺は決行できない。12人の子ども…

かわいくて責任感のあるママと誠実な青年のラブストーリー―望公太『娘じゃなくて私が好きなの!?』

今日の更新は、望公太『娘じゃなくて私が好きなの!?』です。 あらすじ・概要 死んだ姉の代わりに、姪を我が子として育ててきた綾子。そんな綾子は、ある日娘の幼馴染で息子同然に思ってきた青年、巧に告白される。彼は子どものころからずっと綾子を想って…

「合わない」人間にもやりたいことを示してくれる―高野文子『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』

あらすじ・概要 小説の主人公に自分を重ね、本に耽溺する少女。空想と現実が混じる脳内で彼女は何を思うのか……表題作を含む三編を収録した短編集。

父親の遺産を巡って大騒ぎする三きょうだい―宮本福助『この度はご愁傷様です』

今日の更新は、宮本福助『この度はご愁傷様です』です。 あらすじ・概要 放蕩者だった父が死んだ。葬式を終えた三きょうだいと孫、仁は、彼の残した家の片付けのために集まる。そこで見つかったビデオレターから、三人はダーツで遺産分配を決めることに。し…

コミュニケーションがド下手な親に育てられた娘の悲劇―みお『極彩色の食卓 カルテットキッチン』

今日の更新は、みお『極彩色の食卓 カルテットキッチン』です。 あらすじ・概要 発表会をきっかけに、ピアノが弾けなくなってしまった桜。そんな中、幼馴染の両親が経営しているカフェに燕という男がバイトの面接に来る。彼がカフェで料理を作るうちに、幼馴…

「イラっと来る」をうまくコントロールしたお仕事小説―青木祐子『これは経費で落ちません! 経理部の森若さん』

今日の更新は、青木祐子『これは経費で落ちません! 経理部の森若さん』です。 あらすじ・概要 天天コーポレーション経理部に所属する27歳のOL、森若沙名子。会社の簿記やお金の管理をして働く毎日だ。その経理部に、従業員たちはやっかいごとを持ち込んでく…

「足りない」中学生たちの優しく痛い青春―阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない』

今日の更新は、阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない』です。 あらすじ・概要 中学生のちーちゃんは、おバカだけれど友人と楽しく暮らしている。友人のひとり、ナツもちーちゃんが好きだ。しかし、女子バスケ部が顧問の誕生日プレゼントを買うために集め…

距離感が無理なのでちょっと評価できないですね―那識あきら『リケジョの法則 数字では割り切れない2人の関係』

今日の更新は、那識あきら『リケジョの法則 数字では割り切れない2人の関係』 あらすじ・概要 神戸の造船所に務める川村理奈。彼女は大手会社との共同開発をきっかけに、高校時代の同級生、高嶋と再会する。理奈はかつて、彼にあるジンクスを与えられていた…

出会ったのは私の知らない私、私の知らないあなた-豊田徹也『アンダーカレント』

今日の更新は、豊田徹也『アンダーカレント』です。 あらすじ・概要 夫が行方不明になった妻かなえは、しばらく閉じていた銭湯を開けた。そこに手伝いにやってきた堀という男は、無口で働き者。彼と働きながら、かなえは夫や自分のことをわかっていなかった…

テンプレ的すぎてぴんとこなかった―青山剛昌『4番サード』

今日の更新は、青山剛昌『4番サード』です。 あらすじ・書籍概要 野球選手の長嶋茂雄と同姓同名というだけで、4番サードに祭り上げられてしまった野球少年長島茂雄。しかし彼の打線は鳴かず飛ばずだった。そんな彼は「ベーブ・ルースのバッド」を手に入れ…

カナダから「弟の夫」がやってきた!―田亀源五郎『弟の夫』

レンタルコミックで『弟の夫』を読んでいました。 ラストが気になったので最終巻は電子書籍で買って読みました。 あらすじ・概要 シングルファザーとして娘を育てる弥一のもとに、ひとりのカナダ人男性が訪ねてくる。彼の名はマイク。弥一の「弟の夫」だとい…

地味なサラリーマンが社交ダンスに目覚める―『Shall we ダンス?』

今日の更新は、映画『Shall we ダンス?』の再視聴感想です。 年始に地上波放送があったので録画して見ていたもの。 あらすじ・概要 平凡なサラリーマン杉山正平は、帰り道の電車の窓から、ダンススクールにいる女性を見かける。その女性に興味を持った彼は…

お互いへの依存関係が生んだ闇のおにロリ―斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』

今日の更新は、斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』です。 いつかのミステリ電子書籍セールで買ったものです。 あらすじ・概要 人気小説家、 遥川悠真が失踪した。それには、ある少女がかかわっていた。彼女の名前は暮居梓。遥川悠真に拾われ、共生…

腐女子とラノベ作家よ、末永くお幸せに!―壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし3 ブンガクくんと腐埒なるキホーテ』です。 あらすじ・概要 順調に作品を執筆していた学だったが、『かみたまっ』の部数が落ち込みぎみだということを知る。一方で、他の出版社から「うちで書かないか」という誘…

ラノベ作家、イラストレーターを失いかける―壱月龍一『ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星』

今日の更新は、壱月龍一『ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星』です。 前巻の感想はこちら。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ・概要 明日葉と付き合い始めた学。しかし、『かみたまっ』の双子イラストレーター、双星(にぼし)にそのことがバ…

女流棋士である必要は何もないメロドラマ―鳥島灰人『この恋はツミなのか?』

今日の更新は、『この恋はツミなのか?』です。 あらすじ・書籍概要 いつも余計なことばかり言ってしまう24歳童貞は、眼鏡のかわいい女性に出会う。彼女は女流棋士で、主人公より年上だった。彼女と仲良くなりたいと、試行錯誤する主人公だったが……。 女流棋…

展開がなかなか進展しなくてダルい―十文字青『ヴァンパイアノイズム』感想

今日の更新は、十文字青『ヴァンパイアノイズム』です。 あらすじ・書籍概要 主人公は、線路に飛び込もうとした萩生を見かけたことから彼女と会話するようになる。彼女は、吸血鬼になりたい女の子だった。萩生の奇行につきあいつつ、主人公は萩生と交流を深…

大人たちから見放された普通の少女の末路―ヤマシタトモコ『ひばりの朝』

今日の更新は、ヤマシタトモコ『ひばりの朝』1、2巻のまとめての感想です。 あらすじ・書籍概要 蠱惑的で、臆病で、人目を引く少女、日波里(ひばり)。周りの大人たちは、彼女に対して劣情や憎悪を持つ。しかし、彼女は実は、父親から性的ないたずらをさ…

ミステリと称して妄言を聞かされる身にもなってくれ―斜線堂有紀『死体埋め部の悔恨と青春』

今日の更新は、斜線堂有紀『死体埋め部の悔恨と青春』です。 あらすじ・書籍概要 うっかり人を殺してしまった大学の新入生、祝部(はふりべ)は、そこに通りがかった「死体埋め部」の織賀(おりが)に死体を埋めてもらうことになる。脅されて「死体埋め部」…

ひきこもりの弟が初対面の女性と結婚する―葦舟ナツ『ひきこもりの弟だった』

今日の更新は葦舟ナツ『ひきこもりの弟だった』です。 あらすじ・書籍概要 ひきこもりの兄と、彼を過保護に世話する母との関係がトラウマになっている「僕」。彼は初対面の女性、千草から結婚することを持ちかけられる。僕と彼女は、穏やかに生活を送ってい…

ヒモ青年と老女画家の執着関係とおいしいごはん―みお『極彩色の食卓』

今日の更新は、みお『極彩色の食卓』です。 小説家になろう版も読んでいましたが紙の本も買っちゃった。 あらすじ・書籍概要 美大を休学して女性の家を転々としていた青年、燕(つばめ)は、半分引退したような女流画家律子に拾われる。律子は掃除もできなけ…

絶望する少年少女が一部屋に集う―十文字青『絶望同盟』

今日の更新は、十文字青『絶望同盟』です。 広告会社にBANされないか若干心配になる表紙だな……。 あらすじ ロリコンである当麻ネンジは、それゆえに将来を悲観していた。そんな折、高校生なのに女子小学生のような容姿をした子を見つけ……。絶望しながら部屋…

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』感想記事のまとめと総評

今日の更新は、『ビブリア古書堂の事件手帖』感想まとめ記事です。 といっても3巻以前はブログを作る以前に読んだので、4巻からです。 あらすじ 本が読めない体質の五浦は、栞子の経営する古書店ビブリア古書堂で働くようになる。本の知識にあふれ、推理力…

失うものがないのに恥をかくことを恐れる―滝本竜彦『NHKにようこそ!』

今日の更新は、『NHKにようこそ!』です。 あらすじ 引きこもりの主人公は、新興宗教の勧誘にやってきた少女・岬と出会う。隣人の後輩とともに、「このままではいけない」」と思いつつ迷走する引きこもり人生を送る主人公に、岬は干渉しようとするが……。

忠誠をささげた道化の知恵比べ―三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』

今日の更新は、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』です。 あらすじ 『晩年』をめぐり取引に現れた吉原という男。彼は八百万というふっかけた値段で本を売ろうとする。栞子の妹、文香の受験も重なり、ビブリア古書堂はお金に悩…

好きになれない主人公のハーレム展開ほどつらいものはない―森晶麿『僕が恋したカフカな彼女』

今日の更新は、森晶麿『僕が恋したカフカな彼女』です。 すみません、最初に言っときますけど酷評です! あらすじ 深海楓は不可能趣味にそそられて架能風香に恋文を渡すが、あっけなくふられてしまう。楓は彼女に食い下がるために、カフカを手本に小説を書き…

青春というファンタジー空想空間―古谷兎丸・乙一『少年少女漂流記』

今日の更新は、古谷兎丸・乙一『少年少女漂流記』です。 あらすじ 孤立、親との関係、ダイエット。悩みを抱える少年少女たち。彼らの心はファンタジックな風景を生み出す。小説家の乙一と漫画家の古谷兎丸の合作である連作青春短編。

泥臭さが楽しいものづくり映画―『カメラを止めるな!』

金曜ロードショーで『カメラを止めるな!』を見ていました。 ネタバレはできるだけ伏せたけれども、何も知らずに見たほうが楽しいので、未見の人はブラウザバックしてね! あらすじ 田舎の廃墟でゾンビ映画を撮影中の一行。監督は本物の表情を取りたいと躍起…

異常なのは主人公か、それとも世界か―村田沙耶香『コンビニ人間』

今日の更新は、村田沙耶香『コンビニ人間』です。 あらすじ 18年間コンビニ店員を続けていた女性、古倉。彼女はコンビニでしか生きていけなかった。そんな中、彼女のいるコンビニに白羽というアルバイトの男がやってくる。他人を見下し、周囲に攻撃的な彼…

失恋型恋愛シミュレーションゲーム『さよなら一等星』が失恋好きの私にクリーンヒットした

失恋、好きですか? 私は好きです。 実際にするほうじゃなくてフィクションの中の話ね! 好きなキャラが当て馬になるの大好きですし、主人公の恋愛が最終的に叶わないのも好き。 そんな私が『失恋型恋愛シミュレーションゲーム』というものを見て飛びつかな…