ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

読書感想

後宮で野球をしたら陰謀に巻き込まれて死にかけました―田井ノエル『大阪マダム、後宮妃になる! 二回戦は熱闘猛虎黎明編』

あらすじ・概要 皇帝の前で野球の試合を披露することになった蓮華。相手チームとともに練習にいそしむが、そこに自分を毒殺しかかった妃が現れる。彼女を許す蓮華は「甘い」と言われるのだが……一方新しく後宮にやってきた王淑妃に会った蓮華は、その言動に違…

人間には、絶望の中にもささやかな救いを見出すことができる強さがある―野田敦子『夫が倒れた! 献身プレイが始まった』

あらすじ・概要 コピーライターの著者の夫が倒れ、意識を取り戻す見込みがほとんどない植物状態になってしまった。悲しみに暮れる暇もなく、著者の生活はめまぐるしい勢いで変わっていく。介護をどこまでするかという問題、夫の家族や友人との付き合い、自分…

コミュ障冒険者とはっきりものを言うガイドの会話がかわいい―村沢侑『フォルテックの獣使い お仕事中、迷子の俺サマ拾いました!』

あらすじ・概要 学校に通いながらガイドの仕事をしているアイナ。ある日、アイナは行き倒れている青年を拾う。リエトという彼は極度の方向音痴で、強い冒険者なのにどこか世間とずれた性格をしていた。彼のことが気になったアイナは、つい何かと彼を助けてし…

お菓子作りが得意な少女と腹黒ショタが心を通わせていく過程がかわいい―おきょう『妖精専属菓子職人』

あらすじ・概要 曾祖父の死後、ソフィアは妖精を見る力を得た。しかもソフィアの作るお菓子には、妖精を魅了する力があった。その力に目を付けた伯爵家の令息、ルーカスは、屋敷にソフィアを呼び出し、彼女にお菓子を作らせようとする。その手段としてソフィ…

最近見た漫画・本・動画・テレビ番組など10つ(20220917)

記事を立てるほどではない感想のまとめです。 川原泉『バビロンまで何マイル?』 池田理代子『パラノイア・ズライカ』 大日野カルコ『意識低い系ヨガのすすめ ヨガを始めたら自分を好きになれました』 ぬまがさワタリ『ぬまがさワタリのいきものガタリ』 ね…

「頑張れない」「我慢ができない」子どもたちをどう助けるか―宮口幸治『ケーキの切れない非行少年たち』

あらすじ・概要 少年院の子どもたちに児童精神科医として携わった著者は、そこで反省できない、努力できない子どもたちに出会う。どうやら彼らはそもそも認知能力や知的能力が低く、自分をコントロールすることが苦手らしい。少年たちを社会に戻すために何が…

星が人生を決める階級社会で国の中枢に乗り込み社会を変える―天川栄人『天球の星使い きみの祈りを守る歌』

あらすじ・概要 星の力で魔法を使う世界。社会は星の加護を持つ「星の子」と星を持たない「星なし」の階級に分かれていた。星なしの子アステラは、育ての親のロキと暮らしていたが、仕事をしようとしても失敗ばかり。そんな折、星の子たちが学ぶ学院の入学試…

本から事象を呼び出すことのできる国で、本好き少女が未完の物語の結末を探す―天川栄人『ノベルダムと本の虫』

あらすじ・概要 本好きの少女、アミルは、物語の王国(ノベルダム)ことイストリア王国に招かれる。そこで図書館の「本の虫」として働くことになったアミルは、遅刻間の上司ディレイや他の仲間たちとともに仕事に励む。図書館にはアミルの愛する本『五國物語…

犯罪組織のヒロインは誰のものにもならない―喜多みどり『デ・コスタ家の優雅な獣5』

あらすじ・概要 ダリオのプロポーズを受けたロザベラ。デ・コスタ家が結婚式のために準備をする中、敵対勢力との抗争の危険性が高まっていく。抗争を止めたいロザベラは、エミリオに幽閉されてしまう。それでもあきらめない彼女は、殺し合いを防ぐある賭けに…

孤独死は嫌だ!と思ったので似たようなオタクたちと同居してみました―藤谷千明『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』

あらすじ・概要 パートナーと別れ、同棲を解消した著者は、家賃の金銭的負担と孤独死の恐怖にさいなまれていた。そこで、似たような悩みを持つオタク同士でルームシェアをすることを思いつく。メンバー探しや物件探し、引っ越しの流れから、実際に暮らしてみ…

親がカルト宗教にハマってしまった子どもが星を見上げる―今村夏子『星の子』

あらすじ・概要 ちひろの両親は、病弱だったちひろが「特殊な水」で治癒したことから、あやしげな宗教にのめり込むようになる。ちひろはそんな両親にうっすら違和感を覚えながらも、ともに暮らしていく。やがて姉が家出し、中学生3年生になったちひろは、あ…

裏家業一家の将来を巡ってばらばらになりつつある兄弟―喜多みどり『デ・コスタ家の優雅な獣3』

あらすじ・概要 賭場という縄張りを得、デ・コスタ家での地位を持ちつつあるロザベラ。そんな中、市長選の候補者の息子が誘拐され、その容疑者としてダリオの名前が上がる。濡れ衣を着せられたダリオは姿を消し、ロザベラは彼を探すことにする。市長選をめぐ…

ナメられたら〇すの社会で生き延びようとする女性―喜多みどり『デ・コスタ家の優雅な獣2』

あらすじ・概要 ファミリーの一員として認められたロザベラだったが、仕事でいい結果を残すことができず、襲撃事件をきっかけにセーフハウスに軟禁されることになる。自由を求めるロザベラは、エミリオに有用だと思ってもらうため、自分を襲撃した海外の敵対…

犯罪組織に引き取られた少女は取引を覚える―喜多みどり『デ・コスタ家の優雅な獣』

あらすじ・概要 身寄りがなく内気な少女ロザベラは、名家デ・コスタ家に引き取られる。しかしそこは異能を持つ一族だった。ロザベラは一族の血を繋ぐために従兄弟と結婚して子を残すことを要求される。このままだと幽閉されてしまうと恐れたロザベラは、「一…

お嬢様は文化祭で喫茶店をするために奔走する―蝉川タカマル『不良少年と彼女の関係2』

あらすじ・概要 引き続きお嬢様朱乃の執事として働くことになった拳児。そんな中、朱乃の学校で文化祭があり、朱乃は文化祭の出し物「喫茶店」の音頭を取ることになってしまった。戸惑いつつも使用人たちの助けを借り、朱乃はリーダーとして努力する。その一…

猫による社会が成り立つスペースコロニーで地球を目指す一匹の黒猫の話―秋山瑞人『猫の地球儀』

あらすじ・概要 「天使」が滅び、知性ある猫たちが暮らしているスペースコロニー、トルク。スパイラルダイバーの焔(ほむら)は、最強の名を手にした後、名前も知らない黒猫に敗北する。黒猫は「スカイウォーカー」と呼ばれる、猫の魂が行きつく場所、「地球…

居場所のない少女がハーブティを出すカフェを手伝って強くなる―有間カオル『魔法使いのハーブティ』

あらすじ・概要 母親が死んでから親戚をたらいまわしにされていた少女、勇希。横浜に住む叔父の元に預けられることになるが、叔父はかわいらしいハーブティのカフェを経営していた。そこでカフェを手伝うことになった勇希は、やってくる様々な問題や事情を抱…

障害者のある子どもたちの成長し発達する権利を守るにはどうすればいいか―茂木俊彦『障害児教育を考える』

あらすじ・概要 体のどこかが悪い、知的に遅れがある、発達に遅れがある……。さまざまな面から子どもたちを教育から遠ざける「障害」。障害のある子どもたちにも教育に参加してもらい、成長する権利を保障するためにはどうすればいいのか。障害者教育の現場の…

双極性障害の生活の悩みに質疑応答形式で答える―南中さくら『みんなの双極症 日常の悩みから最新知識まで』

あらすじ・概要 うつと躁の気分の波を繰り返し、生活に困難をきたす双極性障害(双極症)。最新の研究結果を踏まえ、薬の知識、生活や日常の悩み、恋愛や人間関係、逸脱行為への対処などを質疑応答形式で書く患者と家族のための本。

【東京3人暮らし・PTA・台湾への旅】最近読んだ本・漫画のまとめ5冊(20220804)

たかはしみき『ますます! 東京ひよっ子3人暮らし ~イヤイヤ大魔王降臨!試練の2さいくん編~』 東京で子育てをしながら暮らす著者。多忙な夫に代わり、基本的には著者が子育ての担当。2歳になった息子はイヤイヤ期を迎え、なだめたりいらだったりしなが…

悩み惑う人たちがあやかしになって心を癒す―世津路章『夢かうつつの雪魚堂 紙雪の舞う百鬼夜行』

あらすじ・概要 仕事を失い就職活動中だった猪瀬成海は、日本橋にある紙問屋「雪魚堂」に迷い込む。そこは常世と現世の間にある店だという。ひょうきんな店主名代、魚ノ丞(なのすけ)に誘われ、そこで手伝いをすることになった成海。彼女はあやかしと人の心…

怪談から見る大阪のフォークロア―田辺青蛙『大阪怪談 人斬り』

あらすじ・概要 関西を中心に怪談を収集する著者の元へは、大阪の土地にまつわる様々な怪談が流れ込んでくる。千日前、天王寺、京橋など繁華街の怪談から、東大阪や千早赤阪村など郊外の土地に至るまで、大阪の怖い話、不思議な話を集めた怪談集。

ひょんなことから不良少年がお嬢様の執事に―蝉川タカマル『不良少年と彼女の関係』

あらすじ・概要 有名チームのヘッドを引退し、旅に出ようとしていた拳児は、お金がなかったのでまだ実家にいた。そんな折、ひょんなことから地元のお金持ちのお嬢様の執事になることになる。しかしガサツでデリカシーのない拳児と、人見知りで内弁慶なお嬢様…

江戸時代の豪商や百姓が残した遺言から人生を見る―夏目琢史『江戸の終活 遺言から見る庶民の日本史』

あらすじ・概要 戦国時代が終わり、長い平和が続いた江戸時代。そのころ、庶民はどう社会を見ていたのか。江戸時代の豪商や百姓の遺言を読み、当時の生活や社会の価値観について迫る。老境を迎え、自分の人生を振り返る江戸時代の人々の哀しくもいとおしい姿…

スポーツに人生をかけた女子サッカー選手、引退して婚活する―瀬那和章『婚活シュート!』

あらすじ・概要 なでしこリーグで選手をやっていたナツは、ファンに惜しまれながらも引退した。しかし引退して、自分はサッカーしかやってこなかったことに気づく。孤独感や子育てへのあこがれから、婚活を始めるナツだったが、サッカー一筋で世間知らずのナ…

商店街から見る日本の政治史・社会史・商業史―新雅史『商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道』

あらすじ・概要 普段歴史があるものとして認識されている「商店街」。しかしその歴史は意外と新しかった。商店街の発生から衰退までを政治史、社会史、商業史の観点から語り、商店街と地域社会の「これから」を考えていく新書。

読んでいて人間の愚かさに嫌な気持ちになる短編集―米澤穂信『満願』

あらすじ・概要 殺人を犯した女性の家にかつて下宿していた弁護士は、彼女の弁護を試みるうちに、彼女の本当の目的に気づく。表題作「満願」ほか、人間の弱さや愚かさを描いたミステリー短編集。

漫画家を目指す不良少女は同人イベントへの参加を目指す―世津路章『スイレン・グラフティ2 もすこしつづく、ナイショの同居』

あらすじ・概要 彗花の母親が海外赴任し、家を空けている間に蓮とこっそり同居することになった彗花。彼女らはコミフェアという同人イベントに一般参加し、自分達も小さな同人イベントに参加することを決意する。しかし、初めての同人イベントは不安がいっぱ…

不良少女の漫画を手伝うはめになってしまったけど彼女の夢を応援したくなった―世津路章『スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居』

あらすじ・概要 多忙な母親を持ち、双子の弟妹の世話をしながら生活している彗花は、クラスメイトの不良少女、蓮が漫画を描いていることを知ってしまう。さらに彼女の原稿用紙を双子が汚してしまい、彗花は償いとして蓮の新人賞応募を手伝うことに。原稿をし…

震災がテーマなのに震災である意味がない―日比生典成『海をみあげて』

あらすじ・概要 受験生の真琴は、くじらが空を飛ぶ町で暮らしている。町にはかつて大きな地震があり、その後から空を飛ぶくじらが現れるようになった。くじらが出現すると町にはモーツァルトが流れるのだが、それは誰が流しているのか……。