ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

恋愛

プライドの高い面白お姉さんがレグルスに戻ってきた 野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4』感想

あらすじ クリスマス公演の演目が「エロスとプシケー」に決まった。エロスを生き生きと演じる詩也に対して、綾音はスランプに陥る。詩也と綾音の関係はすれ違ってしまったまま、あるべき姿を求めて迷走する。

多面的に描かれるキャラクターが人間ドラマとして面白い 『三国恋戦記 オトメの兵法』感想

そういえば牧場物語以外の乙女ゲームってやったことないな……と思ったので名作と名高いこちらをプレイしてみました。 あらすじ 不思議な本によって三国志に似た世界に飛ばされた主人公、山田花(名前変換可)。彼女は軍師孔明の弟子ということになり、本の力…

演劇部の合同公演で彼女が失った「恋」は 野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 3』感想

吸血鬼小説を読むシリーズ。 あらすじ 四つの演劇部の選抜合同公演に参加することになった詩也。演目は『とりかえばや』。詩也はプレイボーイな宰相中将に苦戦する。稽古するうちに、ある人物が吸血鬼ではないかという疑いがもたれ……。

ひたすら悪趣味で残酷な結末に震えた 野崎まど『[映]アムリタ』感想

楽天のポイントが余っていたので購入しました。前々から欲しかった本です。 あらすじ 自主映画製作に誘われた役者で大学生の二見。彼は渡された絵コンテを二日間ぶっ通しで読んでしまった。そのコンテを作ったのは最早というひとつ後輩の女性だった。二見は…

吸血鬼になった男子高校生は高校演劇の舞台に立つ 野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる1』感想

吸血鬼の本を読むシリーズ。 あらすじ 赤い目の少女によって吸血鬼になってしまった詩也。転校した先で、背が高いことを買われ演劇部に誘われる。彼は背の高い女の子、綾音のパートナーとなり、『吸血鬼ドラキュラ』のドラキュラ伯爵を演じることに。

半端者の吸血鬼と天才神父が世界を救う 瑞山いつき『スカーレット・クロス』感想記事まとめ

本編は読破したのでまとめ記事。短編集は気が向いたら読むかも。 あらすじ 昼間は人に近く、夜はヴァンパイアに近い姿になるツキシロ。彼女は行き倒れているところを神父のギブに助けられる。彼と主従契約をしたツキシロは、女たらしでひねくれているギブに…

二人の恋が世界を変える物語 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月蝕の復活譚』感想

吸血鬼の小説を読むシリーズ。何冊目かはもうすっかり忘れてしまいました。 やっと最終巻。少ししんみりしますね。 あらすじ 「聖櫃」を目指して旅をしてきたギブは、ツキシロと再会する。お互いの愛を確認し、聖櫃を閉める覚悟を改めて決めるツキシロ。一方…

痴話げんかで混乱するおかしな人々 新井素子『星から来た船 中』感想

あらすじ 宇宙船に取り残された子どもが、男女のごたごたが原因だと判明。一件落着するところだったのだが、子どもを捨てることに起こった真樹子は子どもを返したがらない。そしてさらなる混乱が待ち受けていた……。

有名アニメ監督と結婚した漫画家はさらにオタクになる 安野モヨコ『監督不行届』感想

エッセイコミックの中ではかなり有名なやつですよね。著者と題材の力も相まって。 あらすじ 映画・アニメ監督庵野秀明と結婚した著者。彼はオタクの中のオタクだった……。一緒に暮らすうちに、オタク色に染められていく妻。車の中でアニソンを歌い、漫画の登…

ひねくれものの神父が素直になるとき 瑞山いつき『スカーレット・クロス 背信の月露』感想

吸血鬼の小説を読むシリーズ。 そろそろこのシリーズも終わりですね。ちょっと寂しいなあ。 あらすじ ルナシイになったことがきっかけで魔力が強くなり、日中でもヴァンパイアの姿になるようになったツキシロ。彼女は血の渇きに苦しみ、ある決断をする。ギブ…

農場で暴力男に支配される同性愛者 『トム・アット・ザ・ファーム』感想

dtvに入会した友達におすすめされた映画です。身の回りに入会している人がいると映画探しがはかどりますね。 あらすじ トムは死んだ恋人のギヨームの故郷を訪ね、葬儀に出席する。そこでギヨームの兄に暴力で脅された。トムは同性愛者であることを秘密にし、…

学園の吸血鬼俳優はスキャンダルに巻き込まれてピンチ 野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる2』感想

吸血鬼の小説を読むシリーズ。 あらすじ 正式に演劇部員になった詩也。しかし、スキャンダルに巻き込まれてしまいレグルス全体の評価を落とす。次の役である『マイ・フェア・レディ』の言語学者ヒギンズの練習も上手くいかず、空回りを続けてしまう。

たくましくなった下僕、うじうじしている腹黒神父 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月波の調べ』感想

あらすじ 「聖櫃」の「鍵」としてそれを閉めることを決意したツキシロ。その決意を知ったギブは、ツキシロを失いたくない気持ちと、聖職者の立場のあいだで葛藤する。一方、アザゼルの片割れハクティバは、もう一方の片割れイブリスとひとつになるため本格的…

空気が粘つくような暗い描写 田中慎弥『共喰い』感想

読みたいと思っていたけれどなかなか読めてなかった一冊です。 あらすじ 女性を殴る父親、そしてそれに似てきた息子を描く表題作、釣り好きの曾祖父の死を描いた「第三階層の魚」。二編を収録した一冊。

妻を亡くした父が67歳でふたたびの恋 becco『父が、67歳で恋をした まさかのシルバー婚活ものがたり』感想

あらすじ 母を早くに亡くし、父と二人暮らしになった著者。長い失意の中から少し回復した父は、「婚活をする」と言い出す。恋に浮かれる父と、それをはらはらして見守る筆者は、少しずつお互いの知らない一面を知っていく。

世界を変える戦いで眼鏡神父がだめな感じになっていく 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月窟の黙示録』感想

吸血鬼の小説を読むシリーズ。 この巻の表紙、前巻のの表紙と対になっているんですね。ギブとツキシロの位置が前巻と逆です。こういう構図で遊ぶのって面白いですよね。 あらすじ 悪魔を閉じ込めた聖櫃の「鍵」として狙われるようになったギブとツキシロ。ギ…

神父と下僕の物語はスケールが大きくなっていく 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月牙の命脈』感想

吸血鬼の本を読むシリーズもだいぶ進んできました。 あらすじ 吸血鬼に転化する可能性があるギブは、師匠と兄弟弟子のレオンとともにある女性のもとを訪ねる。彼女は、500年を生きた魔女だった。一方ギブが悪魔を閉じ込めた「聖櫃」を開ける鍵だとして、とあ…

囚われの神父ギブを下僕ツキシロが迎えに行く 瑞山いつき『スカーレット・クロス 隠されし月の制約』感想

吸血鬼ものを読むシリーズ。どうしても古い作品だとAmazonのサムネイルが悪いですね……記事に載せるとき困るのなんの。 あらすじ 冤罪の疑いをかけられ幽閉されてしまったギブ。ツキシロやレオンは、彼を救い出そうと作戦を練る。一方のギブは、そこから出て…

座敷牢に閉じ込められた彼女はなぜ怖い話を集めるのか オキシタケヒコ『おそれミミズク あるいは彼岸の渡し網』感想

よその読書ブロガーさんがおすすめされていたので気になった本。読み終わってから表紙を見るとなるほどなーと思います。 この本はブログの収益で買いました。ありがとうございます! あらすじ 新聞配達員の瑞樹は、ツナという座敷牢に閉じ込められた女の子に…

悪友二人の楽しくて寂しい友情 瑞山いつき『スカーレット・クロス 月闇の救世主』感想

吸血鬼の小説を読んでいくシリーズ。大分たくさん読んできましたね。 なぜかAmazonに小さい表紙画像しかありませんでした。画質が悪い……。 あらすじ ギブはニネベの街で親友レオナルド(レオン)に再会する。だが出会ってすぐに喧嘩別れしてしまい、ツキシロ…

性格の悪い神父が半端者の吸血鬼を拾う 瑞山いつき『スカーレット・クロス 混ざりものの月』感想

吸血鬼小説のおすすめで上がっていた小説のひとつです。吸血鬼ライトノベルは多すぎて把握し切れてないですね。 あらすじ 混ざりもののヴァンパイア、ツキシロは、行き倒れているところを神父のギブに拾われ、「聖なる下僕(しもべ)」となる。ツキシロとギ…

寂しいけれど美しい結末にしんみりする 『シェルブールの雨傘』感想

フランス映画のおすすめ記事に載っていた映画です。 あらすじ 港町シェルブールで傘屋を経営している母親と暮らすジュヌヴィエーヴ。彼女にはギイという恋人がいた。ギイと結婚したいと母親に言うも、強く反対される。そんな中、ギイに軍の召集令状が届き……。

親友と先輩との美しい三角関係 『花とアリス』感想

これも『銀の森へ』に載っていた映画です。dtvにあってよかった。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ 落語をやっている先輩に恋をした花。彼女は頭を打った先輩に「記憶喪失で自分が恋人だったことを忘れている」と嘘をついた。先輩をだますために、花は友…

映画研究部にやってきた男装少女と三角関係 大樹連司『ボンクラーズ、ドントクライ』感想

一巻完結のライトノベルのおすすめに上がっていた作品です。 あらすじ 二人でヒーローごっこをしていた映画研究部の「僕」とカントク。そこに男装の少女桐香が現れたことから、映画研究部は変わっていく。三人の淡い恋の行方はいったいどうなるのか……。

しがらみにあふれたミュージシャンたちの恋愛模様 カズオ・イシグロ『夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』感想

あらすじ ベネチアで有名歌手と出会ったギター奏者、整形をするサックス奏者など、さまざまなミュージシャンや音楽好きを主人公とし、内容が少しずつつながりを持っている連作短編集。

日常の中の小さな悲しみを抱えて生きていく よしながふみ『愛すべき娘たち』感想

そういえば、よしながふみの現代ものって初めて読んだ気がします。BLは読んだことないんだな~。 あらすじ 大病から生還した母は、これをきっかけに結婚すると言い出した。その相手とは、娘よりも年下の俳優で……。一組の親子を中心に、それぞれの人間関係が…

ティーンの少女との共依存関係の行方とは 唐辺葉介『電気サーカス』感想

熱烈におすすめしている人がいて気になった本です。 あらすじ テキストサイト「電気サーカス」を運営している主人公水屋口。ネットの仲間と部屋をシェアし、フリーターとして暮らす。そんな中、水屋口は真赤(仮名)という中学生に出会う。

スマートフォンなどの若者のテクノロジーから生まれる恋愛を描く 紅玉いづき『青春離婚』感想

『青春離婚』というタイトルがキャッチ―で気になっていた本です。背景はバーコードでしょうか。 あらすじ 同じ苗字を持つゆえに、「夫婦」とからかわれる二人。アプリ開発をきっかけに、彼らの距離は縮まる。表題作『青春離婚』などを含む、スマートフォンと…

派閥に分けられた社会で分類されない女性が大暴れ 『ダイバージェント』感想

前に友人が見ていたので視聴してみたくなった作品です。 あらすじ 人間たちが5つの派閥に分かれて生きている町。そこで生まれたベアトリスは、向いている派閥を調べるテストで自分がどの派閥にも属さないダイバージェント(異端者)だと知る。ベアトリスは…

結論が月並みでも対話していくことは重要である 海野つなみ 『逃げるは恥だが役に立つ』全巻読んだ感想

あらすじ 大学院を出ても正社員として就職できなかったみくり。派遣切りに遭って求職中のみくりに、家事代行の仕事が舞い込んでくる。雇い主平匡(ひらまさ)と良好な関係を築いたみくりは、「就職としての結婚」を提案する。