ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

親子

宗教ゆえに倫理観が狂い子どもを傷つける親―いしいさや『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

あらすじ・概要 子どものころ、母親の宗教に付き合わされていた著者。頻繁に行われる集会や、布教活動で自由な時間が少なく、また、友達付き合いや男女交際も強く制限される。普通の生活が送れない辛さに、徐々に宗教に対して信頼を失っていった著者は、棄教…

過去と未来に囚われるクジャクと今を生きることを決意したパンダ―『カンフー・パンダ2』

あらすじ・概要 カンフーのマスターたちが治めていた都市ゴンメンに、前大老の息子シェンが帰還し、その新兵器によって町が乗っ取られてしまう。ポーたちは助けるために町へ向かうが、カンフーのマスターたちはシェンの武器で町を破壊されることを怖れ牢獄か…

食いしん坊でお調子者のパンダが伝説の戦士になって敵と戦う―『カンフー・パンダ』

あらすじ・概要 父親のラーメン屋を手伝っているパンダのポーはカンフーが大好き。ある日、カンフーのマスターが伝説の戦士「龍の戦士」を選ぶというので見に行くと、たまたまポーが龍の戦士に選ばれてしまう。ポーは道場に入り修行をすることになるが、お調…

呪われた男が老けない女に出会って夫婦になる―D・キッサン『三千世の心中』

あらすじ・概要 富豪の家に生まれた山室真一は、自分が「厄」を持っており、自分の子を産んだ女性は死に至ることを知る。家を出てその呪いから救ってくれるという三千世という女性と出会うが、彼女は老けず、ものを食べなくても死なない体の持ち主だった。行…

貧困母子家庭で育った著者の実録貧乏生活―やまぐちみづほ『明日食べる米がない!~親が離婚したら、お金どころかなーんにもなくなりました!!~』

あらすじ・概要 両親が離婚し、小さなアパートの一室に引っ越してきた著者と母親。母子家庭でお金がなく、父親からの養育費もしっかり支払われない。ときに食べるものがないほどの貧困に襲われ、著者は日々悩む。お金がないせいで友達付き合いもうまくいかな…

親がカルト宗教にハマってしまった子どもが星を見上げる―今村夏子『星の子』

あらすじ・概要 ちひろの両親は、病弱だったちひろが「特殊な水」で治癒したことから、あやしげな宗教にのめり込むようになる。ちひろはそんな両親にうっすら違和感を覚えながらも、ともに暮らしていく。やがて姉が家出し、中学生3年生になったちひろは、あ…

男子高校生が家族を守るために犯罪を行う倒叙ミステリ―『青の炎』(実写映画版)

あらすじ・概要 男子高校生、秀一は、家に転がり込んできた母親の元夫、曾根に悩まされていた。曾根が妹に暴力を振るいかけたことをきっかけに、秀一は曾根の殺害を決意する。医学書やインターネットを通じて得た知識で、曾根の殺害をやりとげた秀一だったが…

団地という場所でたくましく育っていく子どもたち―松田奈緒子『スラム団地』

あらすじ・概要 幼少期を団地で過ごした著者。そこは、訳ありの子どもたちや大人たちが暮らす場所だった。自らも借金を抱えた父親と付き合いつつ、トラブルや悩みを抱えていてもたくましく生きていく団地の人々を描くコミックエッセイ。

「映え」を意識しすぎて思想的にはガバガバ―『長崎の新聞配達』

longride.jp あらすじ・概要 戦後の日本・長崎にやってきて、とある被爆した郵便局員谷口と出会い、その経験を本にしたためたピーター・タウンゼント。タウンゼントの娘イザベル・タウンゼントは、谷口の死後長崎を訪れ、父親が記録した谷口の被爆体験をなぞ…

発明家が水を食べ物に変える機械を作ったら空から食べ物が降ってきた―『くもりときどきミートボール』

あらすじ・概要 冴えない発明家、フリント・ロックウッドはある日水を食べ物に変える機械を発明した。しかしその機械は手違いで雲の上に。雨を食べ物に変換し、町にはハンバーガーが降ってきた。サーディンばかり食べていた町の人々はそれを見て大喜び。フリ…

赤ん坊を売るブローカーと赤ん坊の母親との間に奇妙な絆が生まれる―『ベイビー・ブローカー』

あらすじ・概要 赤ちゃんポストに捨てられた赤ん坊を養子がほしい夫婦に売っている、ブローカーの男ふたり。ひとりの男の赤ん坊を売ろうとしたところ、その母親に人身売買の旅へついてこられることとなる。三人が赤ん坊を世話しながら旅をするうちに、奇妙な…

事実婚夫婦が「お互いに無理しない」結婚生活のために話し合い分担し合う―水谷さるころ『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している』

あらすじ・概要 お互いに過去の結婚生活に失敗し、「事実婚」という形で再婚した著者夫婦。無理をしない、言いたいことは言う結婚生活を目指すも、その道のりは平坦ではなく……。家事、子育て、日常の事務手続き、親戚との付き合いなど、夫婦はどう分かち合え…

自閉っ子の親が専門家の協力を得て「できること」を増やしてあげることに挑戦―たなかれもん『自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング:ハイタッチから広がるコミュニケーションの世界』

あらすじ・概要 自閉スペクトラム症のサンちゃんとその家族。サンちゃんの強いこだわりやわがままに家族が振り回され、主導権を握られてしまっていた。専門家の協力を得て、サンちゃんが「できること」を増やし、人とのコミュニケーションを取れるようにする…

事実婚のカップルが妊娠・子育ての分担に挑む―水谷さるころ『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』

あらすじ・概要 30代で結婚に失敗し、懲りた著者は次の結婚生活を事実婚で行うことに。不満をため込んでしまった過去の結婚を反省し、「言いたいことは言う」家庭を作ろうとする。しかし、その努力も大変なもので……。不妊治療のあと妊娠し、夫とともに出産直…

親を愛せなかった悪い子のための子ども向けアニメーション―『ウィロビー家の子どもたち』

www.youtube.com https://www.netflix.com/title/80239482 あらすじ・概要 著名な人物を輩出してきたウィロビー家。しかし今のウィロビー家では、両親が子どもに関心を持たず、ネグレクトや虐待を繰り返している。ほとほと親に嫌気がさしている子どもたちの…

【療育・福祉・生活の悩み】発達障害・自閉症の子どもを育てるコミックエッセイおすすめ5選

自分自身が発達障害持ちなので発達障害の子どもを育てるコミックエッセイもちょくちょく読んでいます。 今日はその中から面白かったものをまとめました。 発達がゆっくりな子を育てる『つま先立ちのサンちゃん』 自閉スペクトラム症で発達がゆっくりのサンち…

自閉スペクトラム症の子どもと暮らす日常と療育のこと―たなかれもん『つま先立ちのサンちゃん』

あらすじ・概要 自閉スペクトラム症で発達がゆっくりのサンちゃん。いつもつま先立ちをしている彼女と、それを見守り育てていく両親。療育園のこと、生活のこと、好きな番組やDVDのことなど、サンちゃんの日常を描くコミックエッセイ。

統一教会を抜け出した宗教二世たちの座談会―たんぽぽ『元宗教二世午後のないしょ話』

あらすじ・概要 統一教会を信仰する両親の元に生まれた三人の女性。今は教会とは距離を置き、パートナーと日常を送っている。女性たちは対談形式で過去のことを思い出し、当時の苦しみを語る。他の宗教二世たちにエールを送る本。

認知症の祖母のために東日本大震災で流された家を再建―ニコ・ニコルソン『ナガサレール イエタテール』

あらすじ・概要 東日本大震災の津波により、家が流されてしまった著者の実家。認知症が進み、故郷を恋しがる祖母のために、母は家の建て直しを決意。しかしそんな折、母ががんに侵されてしまう。著者は認知症の祖母と病気の母に代わって、実家を建てる音頭を…

認知症の母は過去の思い出をさまよい死んだ父と出会う―岡野雄一『ペコロスの母に会いに行く』

あらすじ・概要 父の死後、認知症になってしまった母。その母を介護し、施設に入れて面会に通った日々を、四コマ漫画で語る。認知症の症状で過去の思い出をさまよう母は、酒乱だった夫の幻を見るようになる。幻の中の夫は優しく、穏やかに、母に会いに来てく…

親子関係をテーマにしたおすすめコミックエッセイ7選

今日のまとめは親子関係を描いたコミックエッセイのおすすめまとめです。 私の興味範囲の問題で、介護や毒親の話が多いです。 漫画家、すい臓がんになった母親を看取る『ありがとうって言えたなら』 介護士、両親の介護に追われる『両親認知症Uターン すっと…

イラストレーターがドタバタしながら出産を目指す―たかはしみき『ニンプ道』

あらすじ・概要 夫とふたり暮らしだったが、ある日思い立って子どもを持つことにした著者。妊活の過程から、妊娠初期の不安やホルモンバランス、お腹が大きくになるにつれての困りごとなど、妊娠の過程を詳細に描く。働きながら妊婦でいることは、大変なこと…

平凡なゲーム好きの少年が父の家出をきっかけに異世界へ行く―宮部みゆき『ブレイブストーリー (1)幽霊ビル』

あらすじ・概要 ゲーム好きの小学生の亘は、両親と平穏に暮らしていた。ある日、亘のクラスに芦川という転校生がやってくる。芦川に話しかけようとする亘だったが、冷たくあしらわれてしまった。そんな折、亘の父親が家を出て行ってしまう。彼は亘の母と離婚…

煮え切らない内容で面白くなかった―鈴木伸元『加害者家族』

あらすじ・内容 ある日自分の家族が加害者になったら……。犯罪者の数だけ加害者家族がいる。家族らはいやがらせや脅迫を受け、住んでいた土地から逃げざるを得ない場合も多くある。被害者への罪悪感と「まさかうちの家族が」という感情の間で揺れながらも、過…

日本精神を鼓舞する作風だった画家は、戦後に身の置き所がなくなる―カズオ・イシグロ『浮世の画家』

あらすじ・概要 戦中、日本精神を鼓舞する作風で評価を得た画家の小野。しかし戦後の社会では、小野は息苦しい生活をしていた。娘の縁談は破綻になり、かつての弟子たちや娘婿からは冷たくされる。小野は、かつての自分を回想しながら、今生きている日本で身…

パワフルで正直なフィリピン出身の妻に振り回されている―前田ムサシ『フィリピンかあちゃん奮闘記』

あらすじ・概要 漫画家として芸の肥やしに行ってみたフィリピンパブで、出会った今の妻。結婚してみると、彼女はパワフルで正直で、強烈な個性の持ち主だった。著者は彼女に振り回される日々を送るが……。フィリピン人の家族と暮らす日々を、4コマで描くコミ…

三つ子を出産し育てた著者の母親は、義父母とともに育児に忙殺されていた―お肉おいしい『三つ子産んだら死にかけました。』

あらすじ・概要 著者は三つ子の姉妹のひとりである。その母親は、どのように三つ子の子育てを乗り切ったのか……。出産で死にかけた経験から、義父母や実母を巻き込んで三人の赤ん坊を育てる苦労、そして白血病疑惑でまた入院など。波乱万丈な出産、育児をコミ…

エホバの証人を信じていた女性が棄教したその後―たもさん『カルト宗教やめました』

あらすじ・概要 母親が信じていた宗教、エホバの証人から抜け出し、新しい人生を歩み始めた著者一家。日常の変化に戸惑いながらも、ずっと教義の影響でできなかったこと、やりにくかったことを少しずつこなしていく。また、未だエホバの証人の信者である実母…

結婚して子どもを持ったことをきっかけにエホバの証人から脱出―たもさん『カルト宗教信じてました』

あらすじ・概要 母親が「エホバの証人」に入信し、自らもエホバの証人に引き入れられてしまった著者。幼いころ頭に刷り込まれた価値観を、当たり前のものとして暮らしてきた。しかし信者の中では不真面目な夫と結婚し、子をもうけてから、少しずつ団体に疑念…

高飛車貴族がダンピールの父親になるまで―『グランギニョル』

あらすじ・概要 吸血種でありながら家に身重の人間の女をかくまったダリ・デリコは、その責任を問われ血盟議会を休職させられ、その間にある事件の調査を頼まれる。吸血種の少年少女が失踪しているという事件だ。下級議員とヴァンパイア・ハンターとともに、…