ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

親子

統一教会を抜け出した宗教二世たちの座談会―たんぽぽ『元宗教二世午後のないしょ話』

あらすじ・概要 統一教会を信仰する両親の元に生まれた三人の女性。今は教会とは距離を置き、パートナーと日常を送っている。女性たちは対談形式で過去のことを思い出し、当時の苦しみを語る。他の宗教二世たちにエールを送る本。

認知症の祖母のために東日本大震災で流された家を再建―ニコ・ニコルソン『ナガサレール イエタテール』

あらすじ・概要 東日本大震災の津波により、家が流されてしまった著者の実家。認知症が進み、故郷を恋しがる祖母のために、母は家の建て直しを決意。しかしそんな折、母ががんに侵されてしまう。著者は認知症の祖母と病気の母に代わって、実家を建てる音頭を…

認知症の母は過去の思い出をさまよい死んだ父と出会う―岡野雄一『ペコロスの母に会いに行く』

あらすじ・概要 父の死後、認知症になってしまった母。その母を介護し、施設に入れて面会に通った日々を、四コマ漫画で語る。認知症の症状で過去の思い出をさまよう母は、酒乱だった夫の幻を見るようになる。幻の中の夫は優しく、穏やかに、母に会いに来てく…

親子関係をテーマにしたおすすめコミックエッセイ7選

今日のまとめは親子関係を描いたコミックエッセイのおすすめまとめです。 私の興味範囲の問題で、介護や毒親の話が多いです。 漫画家、すい臓がんになった母親を看取る『ありがとうって言えたなら』 介護士、両親の介護に追われる『両親認知症Uターン すっと…

イラストレーターがドタバタしながら出産を目指す―たかはしみき『ニンプ道』

あらすじ・概要 夫とふたり暮らしだったが、ある日思い立って子どもを持つことにした著者。妊活の過程から、妊娠初期の不安やホルモンバランス、お腹が大きくになるにつれての困りごとなど、妊娠の過程を詳細に描く。働きながら妊婦でいることは、大変なこと…

平凡なゲーム好きの少年が父の家出をきっかけに異世界へ行く―宮部みゆき『ブレイブストーリー (1)幽霊ビル』

あらすじ・概要 ゲーム好きの小学生の亘は、両親と平穏に暮らしていた。ある日、亘のクラスに芦川という転校生がやってくる。芦川に話しかけようとする亘だったが、冷たくあしらわれてしまった。そんな折、亘の父親が家を出て行ってしまう。彼は亘の母と離婚…

煮え切らない内容で面白くなかった―鈴木伸元『加害者家族』

あらすじ・内容 ある日自分の家族が加害者になったら……。犯罪者の数だけ加害者家族がいる。家族らはいやがらせや脅迫を受け、住んでいた土地から逃げざるを得ない場合も多くある。被害者への罪悪感と「まさかうちの家族が」という感情の間で揺れながらも、過…

日本精神を鼓舞する作風だった画家は、戦後に身の置き所がなくなる―カズオ・イシグロ『浮世の画家』

あらすじ・概要 戦中、日本精神を鼓舞する作風で評価を得た画家の小野。しかし戦後の社会では、小野は息苦しい生活をしていた。娘の縁談は破綻になり、かつての弟子たちや娘婿からは冷たくされる。小野は、かつての自分を回想しながら、今生きている日本で身…

パワフルで正直なフィリピン出身の妻に振り回されている―前田ムサシ『フィリピンかあちゃん奮闘記』

あらすじ・概要 漫画家として芸の肥やしに行ってみたフィリピンパブで、出会った今の妻。結婚してみると、彼女はパワフルで正直で、強烈な個性の持ち主だった。著者は彼女に振り回される日々を送るが……。フィリピン人の家族と暮らす日々を、4コマで描くコミ…

三つ子を出産し育てた著者の母親は、義父母とともに育児に忙殺されていた―お肉おいしい『三つ子産んだら死にかけました。』

あらすじ・概要 著者は三つ子の姉妹のひとりである。その母親は、どのように三つ子の子育てを乗り切ったのか……。出産で死にかけた経験から、義父母や実母を巻き込んで三人の赤ん坊を育てる苦労、そして白血病疑惑でまた入院など。波乱万丈な出産、育児をコミ…

エホバの証人を信じていた女性が棄教したその後―たもさん『カルト宗教やめました』

あらすじ・概要 母親が信じていた宗教、エホバの証人から抜け出し、新しい人生を歩み始めた著者一家。日常の変化に戸惑いながらも、ずっと教義の影響でできなかったこと、やりにくかったことを少しずつこなしていく。また、未だエホバの証人の信者である実母…

結婚して子どもを持ったことをきっかけにエホバの証人から脱出―たもさん『カルト宗教信じてました』

あらすじ・概要 母親が「エホバの証人」に入信し、自らもエホバの証人に引き入れられてしまった著者。幼いころ頭に刷り込まれた価値観を、当たり前のものとして暮らしてきた。しかし信者の中では不真面目な夫と結婚し、子をもうけてから、少しずつ団体に疑念…

高飛車貴族がダンピールの父親になるまで―『グランギニョル』

あらすじ・概要 吸血種でありながら家に身重の人間の女をかくまったダリ・デリコは、その責任を問われ血盟議会を休職させられ、その間にある事件の調査を頼まれる。吸血種の少年少女が失踪しているという事件だ。下級議員とヴァンパイア・ハンターとともに、…

「うまく母親になれない」女たちが子どもたちを生かすために戦う―須賀しのぶ『MAMA』

あらすじ・概要 運び屋を営んでいる少女・マイカと母ミリの元にハヅキという男がやってくる。彼は宇宙船が次々と消える場所・シャハイに運んでくれと依頼する。お金に困っていたマイカはそれを引き受けた。しかしハヅキの母で研究者だったシマと、ミリとは、…

高校生が神様の言うことを聞いていたら強迫神経症と摂食障害になった―もつお『高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで』

あらすじ・概要 ごく普通の高校生の著者は、ある日神様の声が聞こえるようになった。神様の「〇〇を触れ」という命令に従うと、心が安らかになる。しかしそれに従っているうちに、どんどん命令は増え、食事まで禁止されてしまう。著者はどんどんやせ細り、家…

虐待されていた著者が、自らの息子を虐待しないためにニャンちゅうになりきる―あらいぴろよ『ワタシはぜったい虐待しませんからね!』

あらすじ・概要 父親に虐待されて育った著者は、結婚して息子を産んだ。過去のトラウマから決して虐待しないと誓うも、思い通りにならない育児に疲弊していき、ついに手を上げかけてしまう。このままではいけないと、育児のイライラをコントロールするために…

毒家族と暮らしていた女の子が、家を出て自分の世界を見つけるまで―原わた『ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ』

あらすじ・概要 毒家族の家庭に育った著者は自分自身を「ゆがみちゃん」というキャラクターに投影し、漫画として過去をつづる。父、母、祖母にゆがみは暴言を吐かれ続けていた。さらに男尊女卑の家庭で男子である兄は不合理にえこひいきされている。家族を嫌…

日本人女性が家族とともにロンドン暮らし―玖保キリコ『ロンドン丼 英国暮らしは毎日がドッキリコ!』

あらすじ・概要 イラストレーターの著者は夫と子どもとともに、イギリスの首都ロンドンで暮らしている。ロンドンでの暮らしは文化の差を強く見せつけられることが多い。外国人から見たロンドンの姿を、エッセイと漫画で語る。

軽い気持ちで認知症の祖父母と同居したら大変なことになりました―青山ゆずこ『ばーちゃんがゴリラになっちゃった。 祖父母そろって認知症』

あらすじ・概要 著者の母方の祖父母は、夫婦そろって認知症になってしまった。軽い気持ちから祖父母の家に住むことを家族に申し入れた著者だったが、それが過酷な介護の始まりだった。暴力・暴言が激しく介護サービスを拒む祖母と、他の人間に興味を示さない…

【実録・体験談】コロナ禍の中で祖母の葬儀に出た

このブログには書いていなかったんですが、2週間ほど前母方の祖母が亡くなり、その葬儀に出席しました。 コロナ禍の中でのお葬式の記録として書き残しておきます。 個人が特定できないようところどころにフェイクを入れているので、話半分に聞いてください。…

虚言癖のある母親を訴え返して学校と部活の無実を証明する―福田ますみ『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの戦い』

あらすじ・概要 長野の丸子実業高校で、バレーボール部の男子部員が自殺した。母親、高山かおりはいじめが原因だと怒り狂い、高校を相手取って裁判を起こす。だが、母親の主張のほとんどは虚言だった。丸子実業は逆に母親を訴え返し、部員と学校の無実を証明…

アイデアはいいけど減点要素が多すぎる―エイドリアン・マッキンティ『ザ・チェーン 連鎖誘拐』

あらすじ・概要 シングルマザーのレイチェルは、ある日娘のカイリーを誘拐される。それは「チェーン」と呼ばれる数珠つなぎの誘拐事件で、レイチェル自身も子どもを誘拐しなければカイリーは解放されないという。レイチェルは元夫の兄弟であるピートを巻き込…

死んだ母の借金を返すため保険会社と裁判―歌川たいじ『母の形見は借金地獄 全力で戦った700日』

あらすじ・概要 母親から虐待を受け、また、自身もゲイであるためいじめの対象になっていた著者。そんな著者も現在は落ち着いた暮らしをしており、母とも和解を試みていた。しかし、母が急死。彼女が残したのは、多くの借金だった。著者は借金を返済するため…

毒親と普通の人は紙一重なんだよって話―田房永子『お母さんみたいな母親にはなりたくないのに』

あらすじ・概要 過干渉な母親のもとで育ち、なんとかその重圧から脱出した著者。そんな著者も子どもを授かった。しかし、子育ての最中にも、「母」から受けた仕打ちがよみがえる。「こうあるべき」という固定観念を押し付けず、子どもを育てるにはどうすれば…

乳幼児の母が自分を取り戻していく―ふるえるとり『母ちゃんだってほめられたい』

あらすじ・概要 著者は出産したことを機に、趣味から離れていた。離乳食を食べないことや、イヤイヤ期に悩まされながらも、子どもを育てる楽しさ、いとおしさを感じていた。著者は娘が昼寝をした時間に刺繍に挑戦し、再び自分の趣味に向き合うことになる。

夫婦が1歳の子どもを連れてフィンランドを旅する―ナシエ『子どもと旅する北欧フィンランド』

あらすじ・概要 イラストレーターである著者は、子連れでのフィンランド旅を決意。夫婦ともにフリーランスであることを生かして、自由に予定を立て出発する。1歳の子どもを連れて見たフィンランドは、美しく興味深い、子どもにも楽しい世界だった。著者たち…

漫画家が思わぬ妊娠をして高齢出産―梅川和実『妊婦な日々。~漫画家梅川和実の妊娠体験記~』

あらすじ・概要 漫画家、梅川和実は37歳にして想わぬ妊娠をした。初めてのつわりに体をさいなまれつつ、夫とともに妊娠期間を乗り越えていく。ハードな漫画家仕事で切迫流産しかかったり、羊水検査の選択を迫られたり、「妊娠」の悩みを描くコミックエッセイ…

いい意味でのB級ホラー―澤村伊智『ぼぎわんが、来る』

あらすじ・概要 妻との間に第一子を迎え、幸せな生活を営んでいた田原秀樹。その秀樹のもとに、奇妙な怪異が訪ねてくる。その怪異は娘、知沙の名前を知っていた。謎の怪異に対抗するために、秀樹は「ぼぎわん」の伝説について調べ、お守りや霊能力に頼ろうと…

子持ち家族、クルーズ船を遊び倒す―くぼこまき『おトクに楽しむ豪華客船の旅 クルーズ、ハマリました!』

あらすじ・概要 クルーズ船にハマり、100泊以上を洋上で過ごした著者家族。乗ってしまえば目的地まで連れて行ってもらえ、船内にはさまざまなイベントやアクティビティがあり、食事やおやつも楽しめる。著者は今まで乗ったクルーズ船を振り返りながら、クル…

生々しい「毒親」の中に自分自身を見て自己嫌悪になる―アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』

あらすじ・概要 弁護士の妻、ジェーンはバグダードで娘を見舞ってから、イギリスに帰ろうとしたところ、電車の不通により足止めされた。しかたなく宿泊所で過ごすことになるが、そこで友人との会話を思い出す。暇にあかせて考え事をするうちに、彼女は自分自…