ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ファンタジー

びっくりするほど真面目なトルコ革命風ラブコメ―小田菜摘『革命は恋のはじまり~え?後宮解散ですか!?』

あらすじ・概要 皇帝に選ばれるはずが、革命によって後宮を追われた奴隷のナクシュデル。行き場のない彼女は革命に協力した国防軍の少尉、リュステムの家に身を寄せることとなる。後宮しか知らなかったナクシュデルは初めて国の抱える難しい事情を知り、改め…

『羅小黒戰記 ぼくが選ぶ未来』感想とフーシーに同情した話

あらすじ・概要 人間の土地開発によって住んでいた森を追われた猫の妖精、シャオヘイ。人間の街をさまよっていた彼はフーシーと言う要請に拾われる。彼の仲間になったシャオヘイだったが、そこに執行人、ムゲンが現れる。ムゲンとフーシーの戦いの中でムゲン…

少年天使とだめ男のプラトニックBL―はらだ『ワンルームエンジェル』

あらすじ・概要 30代になってもコンビニバイトで働き、無気力に生きていた幸紀。彼がコンビニに来た男に刺された次の日、ワンルームに天使がやってきた。飛ぶ力と記憶を失っている天使は、回復するまで幸紀のワンルームに居座ることになる。生きる意味を見失…

異性装をポジティブに捉える「倒錯しない」ラブストーリー―御園生みどり『姫の婿とり 始まりはさかしまに!』

あらすじ・概要 父方の家が祖父を裏切り、敵対する家の男児は殺されると女の振りをして生活してきた千芳(ちか)姫。しかし祖父から婿取りの要請を受け、男が婿を取るわけにはいかないと千芳は逃げ出す。逃げた先で出会ったのは、婿候補のひとりであり男装し…

人と人外の関係性を強い画力で描く―墨佳遼『トルソの僕ら』

あらすじ・概要 彼氏に裏切られたハンナは、アマゾンの奥地で鳥に似た不思議な生き物と出会う。うっかりその種族の求愛行動をしてしまったハンナは、その鳥、ナプタムに惚れられてしまうのだが……。人魚、人造人間、手足のない種族など、人と人でないものの関…

悪の女王とドンパチ戦う白雪姫と小人―『白雪姫と鏡の女王』

あらすじ・概要 父を亡くし、女王となった継母に国を乗っ取られた白雪姫は、城の外に出て財政難な王国の現状を知る。女王は白雪姫を殺そうとするが、森に逃げ込んで小人たちに助けられる。一方で、女王はハンサムで金持ちの隣国の王子と再婚しようとしていた…

『音楽朗読劇「黑世界~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~」日和の章』感想

あらすじ・概要 人間と吸血種が生きている世界で、永遠の命を得てしまった吸血種の少女、リリー。リリーは森の中を当てもなく旅しながら、人間や吸血種と出会い別れていく。外部から脚本家を招き、シェアワールドとして繭期ワールドを描く連作短編劇。

男子高校生と美少女オートマタの間で揺らぐ自我―こまつれい『101メートル離れた恋』

あらすじ・概要 男子高校生のユヅキがある日目覚めると、セブンスというオートマタになっていた。そこは現代社会に似ているが、魔法に満ち溢れた世界。オートマタとしてレンタルされ、男性と性行為を行うセブンスは精神をすり減らしていく。そんな中、セブン…

設定にツッコミどころが多すぎるが映像とジャイアンはよかった―『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

あらすじ・概要 ドラえもんの道具を使って家出をすることにしたのび太だったが、どこに行っても土地の所有者がおり、追い出されてしまう。仲間たちもそれぞれ悩みを抱えて家出をすることにした。ドラえもん一行は人間が住み着く前の日本に向かい、そこに自分…

幻想小説としてできがいいだけにちょっと惜しい―栗原ちひろ『ある小説家をめぐる一冊』

あらすじ・概要 編集者を辞めようかと考えていた田中は、ある女性作家の担当に配置換えになる。生活力皆無で食事もまともに取らない、些々浦の作品にほれ込んだ田中は、彼女から原稿を引き出すために屋敷に通う。しかし、些々浦は「自分の書いたことが現実に…

時間SF&ファンタジーの小説・漫画・映像作品おすすめ20作

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、時間SF・ファンタジーのおすすめ記事まとめです。 「時間」に関する作品をまとめた記事を書きたいと思ったものの、SFとファンタジーを厳密に分けることは不可能でした。そこで属性をごっちゃにして書く…

長月遥『不思議の国のハートの女王 世界の強制力で毒吐きまくり!?おかげで破滅ルートに入りそう』

今日の更新は、長月遥『不思議の国のハートの女王 世界の強制力で毒吐きまくり!?おかげで破滅ルートに入りそう』です。タイトル長いと記事タイトルに感想の一文要約が入れられないので悲しい。 あらすじ・概要 ハートの国の女王、エリノアは自分が転生者で…

棺を担いだ女性が呪いを解く方法を探して旅をする―きゆづきさとこ『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』

今日の更新は、『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』です。 あらすじ・概要 大きな棺を背中に担いで、街から街へ、国から国へ旅を続けるクロ。コウモリのセン、人造人間のニジュクとサンジュとともに、自身に呪いをかけた魔女の行方を探していた。クロにかけたれ…

細かい部分のツッコミどころが気になる―六つ花えいこ『どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。』

今日の更新は、六つ花えいこ『どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。』です。 あらすじ・概要 思い人である騎士のハリージュに惚れ薬を依頼された魔女のロゼは、彼に会いたいがためにひとつずつ材料を持ってこさせる。しかし魔女は排斥され遠ざけ…

食材はいいのに料理が下手―『打ち上げ花火、上から見るか? 横から見るか?』

今日の更新は、『打ち上げ花火、上から見るか? 横から見るか?』です。 あらすじ・概要 典道は「花火は横から見ると平べったいのか? 丸いのか?」と友人たちの間で盛り上がり、打ち上げ地点の横にある灯台へ花火を見に行こうとしていた。その日、思いを寄…

ラテンアメリカ風の世界で孤独な少女と奴隷の男が出会う―マサト真希『アヤンナの美しい鳥』

今日の更新は、マサト真希『アヤンナの美しい鳥』です。 あらすじ・概要 高地に暮らすアヤンナは、ある日奴隷商人に売られそうになっていた異人の男リリエンを助ける。足萎えである男をしぶしぶながらも家に置いたアヤンナだったが、アヤンナの顔にある醜い…

『刀剣乱舞 綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶』(配信)感想

今日の更新は、『刀剣乱舞 綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶』です。正式タイトルは「いくさ世の徒花」に取り消し線が入ります。タイトルがややこしい。あとちょうどいいサムネ画像がなかった。やる気があればあとで作ります。 あらすじ・概要…

ヤマタノオロチ伝説から生まれた儀式と、鳶職の男女が戦う―白井弓子『天顕祭』

今日の更新は、白井弓子『天顕祭』再読感想です。 あらすじ・概要 鳶の若頭、真山は最近雇った女性の鳶、木島が低いところを恐れていると知る。彼女は故郷で「天顕祭」のクシナダヒメに選ばれ、儀式に携わる予定だった。しかしその儀式が不穏なものであると…

哀しいけれどバッドエンドではないさわやかな結末―来楽零『哀しみキメラⅣ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅣ』です。 あらすじ・概要 ふたりきりになってしまった純と綾佳。ふたりは不穏な気配がある京都に向かった。そこではモノを封じ込めた結界がまた開きかけていた。どうやらそれは、仙谷と同行している少女が関係しているら…

階段を上った小学生たちの行方を追え―来楽零『哀しみキメラⅢ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅢ』です。 あらすじ・概要 学習塾でアルバイトをしていた水藤は、小学生たちの間に「願いがあるならば、階段を上れ」という噂が回っていることを知る。そして子どもたちの何人かは行方不明に。純と彩佳は、「モノ」がかか…

「全部俺」の世界で共感や自己投影のおぞましさを描く―星野智幸『俺俺』

今日の更新は、星野智幸『俺俺』です。 あらすじ・概要 盗んだ携帯電話で何気なくオレオレ詐欺をしてしまった主人公は、それをきっかけに次々と「俺」と出会う。最初は三人だった「俺」は、次々に増殖していき、今や世界は「俺」だらけの世界に。自他の区別…

人を呪い殺した少女を助けるキメラたち―来楽零『哀しみキメラⅡ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅡ』です。 あらすじ・概要 十文字を失い、モノ祓い師をしながら生活をしていた三人のキメラたち。彼らは伯父を呪い殺してしまったという真里(まさと)と出会う。一方水藤が仕事で向かった自殺の名所に現れた、いくつもの…

化け物と交じり合った若者たちのあがき―来楽零『哀しみキメラ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラ』です。 あらすじ・概要 塾のエレベーターで「モノ」に襲われ、その「モノ」と融合してしまった純たち四人の若者。強化された体、食べても治らない空腹。生きていくためには「モノ」を食らっていかなければならない。純…

きみは伝説のサブカル変態オカルト漫画『夢使い』を知っているか

図書館のインターネット蔵書検索をうろうろしていると、『夢使い』が閉架書庫にあることを知りました。誰がこんな漫画を入れたのだろう……。と思いつつ、廃棄処分されないように借りることにしました。(図書館では長期間借りられない本は廃棄される可能性が…

長月遥『花冠の王国の花嫌い姫』感想のまとめとおすすめポイント3つ

今日の更新は、『花冠の王国の花嫌い姫』感想のまとめとおすすめポイントです。

花粉症の姫、いい性格の聖職者と戦う―長月遥『花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人』

今日の更新は、長月遥『花冠の王国の花嫌い姫5 クロサンドラの聖人』です。 あらすじ・概要 まだ大砂漠帝国の皇帝と離縁ができていないフローレンスは、静養を建前に皇帝の兄が住むズィーネへ向かう。彼は先の反乱の首謀者だった。しかし正教会の重要人物メ…

いい性格してるヒロインが砂漠の反乱を止める―長月遥『花冠の王国の花嫌い姫4 縁を結ぶゼラニウム』

今日の更新は、長月遥『花冠の王国の花嫌い姫4 縁を結ぶゼラニウム』です。 あらすじ・概要 兄、セリスに大砂漠帝国に嫁ぐことを命じられたフローレンス。イスカと「1年経ったら離縁して戻ってくる」と約束し、フローレンスは帝国に向かった。そこでは、現…

戦記ものになってもきっちり面白い少女小説―長月遥『花冠の王国の花嫌い姫3 騎士と掲げるグラジオラス』

今日の更新は、『花冠の王国の花嫌い姫3 騎士と掲げるグラジオラス』です。 あらすじ・概要 極寒の国ラハ・ラドマも夏季になり、再び花粉症に苦しむフローレンス。そんな中、大砂漠帝国が攻めてきたという知らせが届く。ふたりは侵攻を受けた騎士団領へ救援…

歴史好きにおすすめのファンタジー小説12選

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、歴史好きにおすすめのファンタジーの記事です。 「歴史ファンタジー」というくくりだとちょっと定義が難しいので、「歴史好きにおすすめのファンタジー」というテーマにして定義を広くしました。 それ…

現代舞台の作品なのにあふれる昭和っぽさ―有栖川有栖『濱地健三郎の霊なる事件簿』

今日の更新は、有栖川有栖『濱地健三郎の霊なる事件簿』です。 あらすじ・概要 超常的な事件を扱う霊能探偵・濱地健三郎。彼は助手のユリエとともに、奇妙な事件の依頼を受ける。自らの持つ霊感を使い、この世ならざるものが起こす事件を解決していくが……。