ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

Amazonプライムで『ヒプノシスマイク』各ディヴィジョンCDを聞いたその感想

ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-

とうらぶの連隊戦をしながらAmazonプライムヒプノシスマイクを聞いてました。

今日はその感想です。

 

あらすじ

私が書くよりも公式から引用したほうが雰囲気が伝わると思うので引っ張ってきました。

H歴、武力による戦争は根絶された……。

争いは武力ではなく人々の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。

その名も【ヒプノシスマイク】

このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経に作用し、

様々な状態にすることが可能になる。

(公式HPより)

何を言っているんだ……?

 

 

キャラソン苦手な私でもすんなり入れた

実は私、キャラソンって苦手なんですよね。キャラクターがなぜ歌っているのか説明されないので、どういう経緯で自分のイメソンを歌っているのか文脈がよくわからなくなってしまうんです。不快感というほどではないけれどうまく萌えられない。

その点ヒプノシスマイクは、キャラクターが歌う理由がしっかりしているからするっと入ってきます。

意味不明な世界観も、「いったいどうなってるんだ……?」と続きが気になる要素になっていますし、悪ノリではなくよく考えられたコンテンツだなと思っています。

SF好きとしては、女尊男卑社会になった経緯や、軍隊が解体された理由を知りたいです。どうなってるのかな。

 

以下、キャラごとの紹介と感想です。

 

MAD TRIGGER CREW

ヒプノシスマイク -BAYSIDE M.T.C-

蒼棺左馬刻(あおひつぎ さまとき)

やくざで犯罪者なので反社会的なキャラのはずなのに、周りがイロモノばかりなので比較的まともに見えてしまう人。

身内に優しいところはわりとやくざらしいですね。

 

入間銃兎(いるま じゅうと)

悪徳警官。リアクション芸人。少年向けアニメの悪役みたいな声をしてます。

歌うとクズみたいなこと言ってるのに、行動や反応そのものは普通の領域。

なんかひどい目に遭っているのが似合います。

 

毒島メイソン理鶯(ぶすじま めいそん りおう)

元海軍(ヒプノシスマイクの世界は軍隊がすべて解体されている)。海軍なのにあまり海に出ない人。

お料理大好き。天然と言うか若干狂気を感じます。

ソロ曲はこの人のが一番好きです。

 

Buster Bros!!!

ヒプノシスマイク -Buster Bros!!! Generation-

山田一郎(やまだ いちろう)

気のいい普通のあんちゃん。彼の何が弟たちを駆り立てるのでしょうか。

オタクなのでライトノベルを読んでいたりアニメを見たりしています。というか「ラノベの新刊をすべて読み漁る」って普通無理だよ最近のラノベの刊行数すごいから。(ヒプノシスマイク時空ではそれほどでもないのかもしれないです)

歌はいい意味で声優らしくない歌い方です。ガンガンがなる感じ。

 

山田二郎(やまだ じろう)

兄、一郎に心酔する弟その1。

兄が好きすぎて若干情緒不安定なところがあります。

唐突に「俺はミケランジェロ」とラップしだしたのは「?」となった。

 

山田三郎(やまだ さぶろう)

兄、一郎に心酔する弟その2。

すごくクソガキなのでリアルにいたら嫌いだったでしょうね。二次元でよかった。

二郎もそうだけど弟たちは兄に心酔しすぎていて心配になります。もっと視野を広くもとう!

 

Fling Posse

ヒプノシスマイク Fling Posse -F.P.S.M-

飴村乱数(あめむら らむだ)

童顔のファッションデザイナー。すごいキラキラネームだな……。

誠実じゃないし行動が変なのに、なぜ作中の女性にもてるのかいまいちわからないです。みんな合法ショタを求めているんでしょうか?

さらっと残酷なことを言うけどどこまで本気なのかよくわかりません。

 

有栖川帝統(ありすがわ だいす)

ギャンブラー。いつもお金がないです。

歌っているときとドラマパートの声がかなり違うのでびっくりしました。雰囲気がガラッと変わります。

他のふたりがどこまで本気かわからないので比較的まともに見える枠。

 

夢野幻太郎(ゆめの げんたろう)

嘘つきな小説家。

作中で喋り方がコロコロ変わるので果たしてどれが素なのかよくわかりません。

実際ソロ曲の身の上話は事実なんでしょうか……私はどちらかと言うと嘘だと思ってます。

 

麻天狼

ヒプノシスマイク 麻天狼-音韻臨床-

神宮寺寂雷(じんぐうじ じゃくらい)

お医者さん。診察じゃないのに他のふたりに押しかけられているかわいそうな人。でもなんだかんだで面倒を見てしまっています。

歌うとひっくい声にびっくりします。

 

観音坂独歩(かんのんざか どっぽ)

サラリーマン。社畜なのでいつも情緒不安定。一二三とは友人。

全体曲ではやたらとシャウトします。

ラップするより早く転職活動してホワイト企業探したほうがいいです。

 

伊弉冉一二三(いざなぎ ひふみ)

女性恐怖症のホスト。かなりややこしい多重人格をしています。

図々しいけれど優しいところもあります。

独歩に面倒を見られているけれど、倫理的にまともなのは一二三の方だというのが闇が深いです。

 

まとめ

ツッコミどころだらけだけど、結構楽しめているので、制作チームの術中にはまっているなと思います。

いきなり全部は聞けないけれど、少しずつ課金したいですね。