ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

この世界をもっと読んでいたかった―海人井槙『はじまりの竜とおわりの竜』感想

はじまりの竜とおわりの龍 (ビッグコミックススペシャル)

今日の更新は、海人井槙『はじまりの竜とおわりの竜』です。

 

あらすじ

人の胎から生まれ出でて、雨を降らしたり不思議な力を使ったりする「竜」という生き物。その竜にかかわった者たちと、守る者たちを描いた連作短編。

 

 

読み返すと二度おいしい作品

何より世界観が良かったです。詳細な世界観、というより、「人々が生きている」と実感できる世界観でした。竜と人間が一緒に生きる世界が、生活感にあふれています。

 

ストーリーも王道からは少しひねってあって、予測のつかない展開におお、となりました。それでいて、奇をてらったところがありません。

そしてゆるくつながっているようでいて、強固なかかわりがあるそれぞれの物語が面白かったです。説明が少ない作品なので、一読してよくわからない部分も多かったけれど、読み返してみると「そうだったのか」と気づけました。二度おいしい作品です。

 

デビュー作ということもあって、多少読みづらい部分もありましたが、それでもこの作品をもっと読んでいたいと思える作品でした。

調べてみると著者は、最近書籍を出していないようだけれど、どこかで何かを描いてくれているといいですね。

 

まとめ

すごく面白かったです。この世界観をもっと長く読んでいたかったです。

 一冊完結でサクッと読めるので、もっといろんな人に読んでもらえればいいなと思います。

はじまりの竜とおわりの龍 (ビッグコミックススペシャル)

はじまりの竜とおわりの龍 (ビッグコミックススペシャル)