ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

謎の村で起こるミステリ風ファンタジー―『SPECTER』感想

Patch stage vol.6 「SPECTER」 [DVD]

「はじめての繭期」というTRUMPシリーズをネット放映するイベントがあったので、生配信で見ました。

natalie.mu

感想を書くのをすっかり忘れてましたがTRUMPも見てます。

 

あらすじ

謎の連続殺人事件が起こっている村に、バンパイアハンターの臥萬里(がばんり)と石舟がやってきた。そこの村人たちはよそ者を嫌い、臥萬里たちを追い出そうとする。調査するうちに、その村の秘密が明らかになってくる。

 

ミステリ風味のファンタジー

よそ者を嫌う謎の村、そこで起こる連続殺人、という設定は、ミステリっぽくて楽しかったです。

そしてえぐいくらいに人(ヴァンプも)死んでいくのがすごい。魅力的なキャラクターも死んでいく……。

誰だよ『SPECTER』の鬱展開はちょっとマシって言った人は。普通にひどいじゃん!

確かに終わり方は、さわやかといえるかもしれないですが、よく考えたらそんなことはないですね……。

 

ただ、今回はちょっと説明口調が多くて、そこは聞くのが面倒でした。

演劇でそれを抜きにするのはなかなか難しいとは思いますが。

 

あとは、TRUMPシリーズの他作品のネタがめちゃくちゃ多いので、ここから見た人大丈夫かな、というのもあります。

あの人の登場とかちょっと唐突に感じるんじゃなかろうか。

 

ともあれ、シリーズが好きな人なら面白く感じられるだろうと思います。私はちょっと好きくらいなので、こんなものかな~っていう感想なんですが。

 

まとめ

ちょっと不満もあるけれども、基本的には楽しめました。

「はじめての繭期」最後のグランギニョルは見れないので、いつかに持ち越しですね。