ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

だめ男の色気がある先生×つり目の愛が重い生徒―なかとかくみこ『塩田先生と雨井ちゃん』感想

塩田先生と雨井ちゃん

今日の更新は、なかとかくみこ『塩田先生と雨井ちゃん』です。

表紙にナンバリングされてなかったから気づかなかったんですが、2巻があるのか……。基本漫画は完結まで読んでからの感想なんですが、先に感想書いちゃったので上げますね。

 

あらすじ

こっそり付き合っている塩田先生とその生徒の雨井。先生が好きすぎてときに暴走する雨井と、なんだかんだでそんな雨井がいとおしい先生。秘密の恋を描いた先生×生徒のラブコメディ。

 

雨井ちゃんはかわいいなあ

まず何よりも、雨井がかわいいです。先生のことめちゃくちゃ好きで、年相応の愚かさがあって、でも普通の女子高生でもある。

つり目の気の強そうな外見なのに、真面目で、コンプレックスを抱えているところもかわいいです。よしよししてあげたくなります。ギャップ萌え……。

その行動や表情を眺めているだけでにこにこする女の子です。幸せになってほしいと思ってしまいます。

 

そういう雨井だからこそ、塩田もべた惚れするんでしょうね。べた惚れといいつつも、塩田はどこかひねくれていて、雨井に厳しいことを言います。でも、行動の端々に、彼女への愛情があります。

そういう一見甘くないけれど、よく読むとめちゃくちゃゲロ甘な作品です。

塩田はあんまり品行方正ないい大人じゃないけれど、すごく庇護欲をそそられるし、だめ男特有の色気もある。そういうところがずるい! と思いながら読んでいました。

 

一方で、これは作品の面白さとは関係ないんですが、読んでいて「淫行はよくないよな……」という気持ちが頭から抜けません。

私も年を取ったから、ロリコンが素直に受け入れられなくなってしまった。

いや、好きなんですけどね、先生×生徒。でももう大人だから保護者の視点になってしまうんですよね。うちの子をたぶらかすな! って。

 

まとめ

 すごく面白かったけど「このロリコンが!」という気持ちが捨てられなかったですね。年の差ものにはどうしてもついて回るんですけど。

そこの細かい倫理観を考えないようにすればすごくおすすめです!

塩田先生と雨井ちゃん

塩田先生と雨井ちゃん

 
飛んだピエロ なかとかくみこ作品集

飛んだピエロ なかとかくみこ作品集