ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

優しいカップルが国を救うために頑張る―岩本ナオ『金の国水の国』感想

金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

今日の更新は岩本ナオ金の国水の国』です。

一巻完結の漫画を読んでいくシリーズ。

 

 

あらすじ

長い間いがみ合ってきたA国とB国。そんな二つの国に神のお告げが下った。「A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり、B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい」しかしお互いの国が送りあったのは、犬と猫だった……。

 

嫌味のない「誰かのため」の話

いやあよかった、本当によかった。一巻完結なのに、とても濃くて幸せな話でした。

読み終わってからしばらくぼーっとするくらい面白かったです。

 

まず、サーラ姫とB国の技師ナランバヤルが惹かれ合っていく姿に胸キュンです。

このふたりは本当に心の優しいふたりで、愛情を積み重ねていく姿が本当にかわいいです。

特にサーラ姫がナランバヤルのために、B国の族長と酒豪対決をするところはかっこよかったです。やさしいだけの女の子じゃなくて、時にしっかり戦えるしっかりした女性最高ですね。

サーラ姫だけではなく、ナランバヤルも衰退していく国を救うためにA国とB国に水路を引こうとします。嫌味なところがなく、「誰かのため」に行動を起こせるカップルでした。

世の中こういう人ばかりなら、きっと幸せでしょうね。

 

キャラクターも脇役含めてみんな愛しくて、それぞれに人生があります。その魅力が物語に力を与えています。

全員面白いけれど、特に好きなのは左大臣で俳優のムーンライト=サラディーンです。彼はイケメンで軽くて、サーラ姫の姉の愛人になって成り上がるのですが、中盤からすごくいいキャラになります。

一面的ではない、それでいて人として破綻しないキャラクター描写が素晴らしかったです。

 

まとめ

めちゃくちゃ面白かったです。これは男女問わずおすすめ。元気になりたいときにはいい漫画だと思います。

 機械があれば、著者の他の漫画も読んでみたいです。

 

こちらもどうぞ。

ファンタジー、SFのショートショート漫画集です。

honkuimusi.hatenablog.com