ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

異性も同性もまとめて読める恋愛短編集―あおのなち『あの子に優しい世界がいい』

あの子に優しい世界がいい

今日の更新は、あおのなち『あの子に優しい世界がいい』です。

 

あらすじ・書籍概要

アンドロイドのアンは、主人に煙たがれている。アンは主人の心を知りたいと望むが……。アンドロイドと人間、学校の友達、魔法使いのふたりなど、同性同士も異性同士も含む「恋愛」を描いた短編集。

 

説明されないところが楽しい

表紙では想像がつかなかったけれど、男女も男男も女女もごったまぜの短編集なんですね。

基本男女が好きなのであまり同性愛ものは読まないんですが、これは面白かったです。

感情の描写が多いけれど、それそものに酔ったところを感じなかったからかな? 主観的でどろどろしている一方で、洗練されています。

言葉で説明されていない部分があり、ちょっと一読ではわかりづらいシーンも多かったですが、そこを深く読み込んでいくのが楽しかったです。

 

個人的に好きなのはふたつ。

「ふたりで明けて」は漫画を描いている少年と、その彼の友達の話。途中まで「あれ、どうなってるの?」と思いますが、最後まで読むとなるほどと思います。

こういう現実と想像が交わるストーリーは好みですね。

好きなのに、好きと言う勇気がなくて、何度もあの頃の恋を反芻してしまう。そんな青春のせつなさが表れている作品でした。

 

もうひとつは「彼女の破片」。しっかりもので面倒見のいい千束(ちさと)と彼女にべったりなあいこ。そしてそれを眺める幼馴染の少年倉田。

傍観者でありながら、少し干渉せずにはいられない倉田。でも結局ふたりのことはどうにもならないんですよね。奇妙なバランスで成り立っている依存関係は、彼女らが望む限り続きます。

すでに行き詰りつつある彼女らの関係。それを打破したくてたまらないのに、傍観者としての倉田は無力です。だからこそ「百合」なのかもしれません。

 

まとめ

すごく好みの恋愛漫画でした。機会があったら他の作品も読んでみたいです。

紹介した二編は業が深くて幸せな話ではないですが、だからこそキャラクターの心情に沈み込みたくなりました。

あの子に優しい世界がいい

あの子に優しい世界がいい

 
あなたの世界で終わりたい (IDコミックス)

あなたの世界で終わりたい (IDコミックス)

 

 

 女の子の話はこちらをどうぞ。

「運命の女の子」をいろいろな側面から描いた短編集です。

honkuimusi.hatenablog.com