ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

台風直撃の沖縄を旅するイラストレーター ボンボヤージュ『旅ボン 沖縄編』感想

旅ボン 沖縄編

久しぶりに読みたくなったボンボヤージュ。

 

あらすじ

沖縄へ一週間旅行に向かったボンボヤージュ一行。しかし同時に、沖縄に台風が直撃。灰色の空の下、旅行をすることになる。果たして旅行中にちゃんと晴れるのか……。

 

台風のさなかの沖縄

何より面白かったのが台風直撃話でしたね。当事者にとってはたまったものじゃなかったでしょうけれど。

風の中の沖縄をなんとか満喫しようとするのが笑ってしまいました。

コテージ型のホテルの危険性を知りました。確かに暴風雨のときは、フロントに行くにも食堂に行くにも大変なことになるんですね。

その後も天気はどんよりとしていましたが、暴風雨よりはましだと思いますね。

南の国に行くときは、台風は切っては切れない存在ですね。

 

手抜きページが多かった

しかし今回は、明らかに手抜きのページが多かったのががっかりでした。

遅筆でもちゃんと描いてくれれば文句がないんですが、こうして雑なページが入ると「何のための締め切り破り……」という気分になります。

話は面白いんですが、そこだけは不満でした。

それを置いておけば、ごはんはおいしそうだったし、台風話は面白いし、シーサー作りがギャグだし、楽しかったです。

作者が好きなら読んでみてもいい漫画だと思います。

 

まとめ

面白かったんですけれど、手抜きページがあったのが不満でした。

沖縄の話自体は好きなんですけれどね。

旅ボン 沖縄編

旅ボン 沖縄編

 

 

 富士山編のほうが楽しかったですね。

新 旅ボン 富士山編

新 旅ボン 富士山編