ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

旅行

棺を担いだ女性が呪いを解く方法を探して旅をする―きゆづきさとこ『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』

今日の更新は、『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』です。 あらすじ・概要 大きな棺を背中に担いで、街から街へ、国から国へ旅を続けるクロ。コウモリのセン、人造人間のニジュクとサンジュとともに、自身に呪いをかけた魔女の行方を探していた。クロにかけたれ…

病を克服した著者がヨーロッパで「祈り」の旅―赤池キョウコ『ヨーロッパスピリチュアル街道を行く!』

今日の更新は、赤池キョウコ『ヨーロッパスピリチュアル街道を行く!』です。 あらすじ・概要 ロンドンに住む著者は、大病をしたことをきっかけに「祈り」について興味を持つようになる。聖水の街、ルルドや癒しの奇跡の伝説を持つ教会を巡り、ケルトの伝説…

交通遺児に好きなだけ泣く時間を与えないの、あまりにも悪趣味―『若おかみは小学生!』(アニメ映画版)【ネタバレ有】

今日の更新は、『若おかみは小学生!』です。 あらすじ・概要 事故で両親を亡くし、祖母の経営している旅館に引き取られた織子ことおっこ。おっこはそこで、幽霊のウリ坊と出会う。ウリ坊の提案で旅館の若おかみになったおっこは、掃除や接客、配膳など、旅…

ポルトガルで「暮らしごっこ」をする二週間―k.m.p.『ポルトガル朝、昼、晩』

今日の更新は、k.m.p.『ポルトガル朝、昼、晩』です。 あらすじ・概要 k.m.p.のふたりは、ポルトガルの安宿に二週間泊まり、「暮らしごっこ」をすることにした。スーパーで食べ物を買い、仕事をし、散歩をして、昼寝をする。そんな観光ではない、海外での過…

「天然温泉青葉の湯 ドーミーイン仙台ANNEX」に泊まったら最高だった【口コミ・レビュー】

旅行で仙台と岩沼に行きました。そこで止まったのが「天然温泉青葉の湯 ドーミーイン仙台ANNEX」です。 このホテルがとても楽しかったのでレポートを書きます! でも写真をあまり撮ってこなかったので、イラスト交じりでお送りします。

格安航空Peachを使って大阪~東京間を移動したら6時間かかった話

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、格安航空Peachを使って大阪~東京間を移動した話です。 友人に会いにいくのに使ってみたんですけれど、めんどくささ半分面白さ半分な感じの旅路になりました。 なお、この旅行は2018年12月に行われたも…

十二歳の少女が王になるために妖魔の世界を行く―小野不由美『図南の翼』

今日の更新は、小野不由美『図南の翼』です。 あらすじ・書籍概要 豪商の娘で、12歳の珠晶(しゅしょう)は、恭の王になるために蓬山に旅立つ。黄海に入る前に出会ったのは妖獣を捕らえる朱氏の頑丘(がんきゅう)。彼に護衛を依頼し、昇山を始める珠晶だ…

パロディ過多な演出に笑った―ボンボヤージュ『旅ボン 大阪編』

今日の更新は、ボンボヤージュ『旅ボン 大阪編』です。 あらすじ 大阪の本を出すことになったイラストレーターのボンボヤージュ。三回に分けて大阪に出向き、その観光地を巡る。大阪城や道頓堀、新世界など、「べた」な世界を楽しむ一行なのだった……。

情報ぎっしりのベトナム旅エッセイ―まのとのま『無敵のベトナム』

今日の更新は、まのとのま『無敵のベトナム』です。 正確にはイラストエッセイなんだろうけど、個別にカテゴリを作るのが面倒なのでコミックエッセイのカテゴリに入れさせてください。 書籍概要 ベトナムでごはんを食べ歩き、郊外でベトナム文化にふれ、市場…

【18年10月31日まで無料公開】滅びの美学を感じる終末漫画―つくみず『少女終末旅行』感想

今日の更新は、つくみず『少女終末旅行』です。 web漫画サイト「くらげバンチ」が五周年を記念していくつかの漫画を全話公開してくれているので、そこで読みました。 kuragebunch.com あらすじ 終末世界で生きるチトとユーリ。彼女らは、多層的に作られた町…

パンをひたすら食べ続けているだけで面白い―山本あり『世界ぱんぱかパンの旅<ロンドン編>』感想

今日の更新は、『世界ぱんぱかパンの旅<ロンドン編>』です。 ちょっと本を読む体力がないので、さらさら読めるコミックエッセイを消化している今日この頃……。 あらすじ パンが大好きな著者は、友人と共にロンドンに向かい、パンづくしの旅に出る。果たして不…

ちびででぶな少年が、お父さんと旅がらす ウルズラ・ウェルフェル『火のくつと風のサンダル』再読感想

昔好きだった本を読んでいくシリーズ。今回は子どものころ好きだった児童書。 あらすじ ちびでふとっちょのチムは、誕生日プレゼントにお父さんとの旅をプレゼントされる。夏休みに徒歩で旅に出た二人は、靴を修理しながら村や町を渡っていった。お父さんは…

アジア各地で活躍する日本人女性たち ヤマザキマリ『ヤマザキマリのアジアで花咲け! なでしこたち2』

コミックエッセイが読みたくなったので手に取りました。 書籍概要 漫画家ヤマザキマリが、アジアの国を旅して、そこにいる日本人女性に会いに行く。コスプレを広めるオタクの人、貧しい人々を支える人など、彼女らはさまざまな目標をもってアジアの地に立っ…

台風直撃の沖縄を旅するイラストレーター ボンボヤージュ『旅ボン 沖縄編』感想

久しぶりに読みたくなったボンボヤージュ。 あらすじ 沖縄へ一週間旅行に向かったボンボヤージュ一行。しかし同時に、沖縄に台風が直撃。灰色の空の下、旅行をすることになる。果たして旅行中にちゃんと晴れるのか……。

勢いに任せて美少女アイドルと沖縄へ 葉山透『ニライカナイをさがして』感想

おすすめ記事に載っていて気になった本です。 あらすじ 人気アイドル、宮沢梨花に空港で出くわし、さらわれるように沖縄に向かった主人公。ふたりは石垣島を経由して日本最南端の島、波照間島へ来た。そこで見た、アイドル梨花の秘密とは……。

イラストレーターボンボヤージュがさまざまなことにチャレンジ ボンボヤージュ『旅ボン 富士山編』感想

あらすじ イラストレーター、ボンボヤージュがさまざまなことに挑戦する。日本で一番高い山に登ったり、築地市場で鍋の具を買ったり、鎌倉で座禅を組んだり。ドタバタしながらお出かけするコミックエッセイ。

一人でシベリア鉄道に乗ったら出会いがたくさんあった 織田博子『女一匹シベリア鉄道の旅』感想

借り物。タイトルに使われてるフォント、きりぎりすでしょうか。こういうことが気になる体質になってしまった……。 あらすじ ユーラシア大陸を横断するシベリア鉄道。著者は女一人でシベリア鉄道に乗り込み、ロシアから中国を旅する。そこには同乗者の出会い…

悪ノリをしてサハラ砂漠でマラソンすることに 高野秀行『世にも奇妙なマラソン大会』感想

Kindle日替わりセールであったので買ってしまった本。高野秀行の本がセールだとつい買いたくなるんですよね……。 書籍概要 悪ノリをして西サハラでマラソンをすることになった表題作、インドに入国するため改名をしようとする話、海外で起こったちょっと不思…

見た目猫な著者がハワイで行った失敗と観光 ボンボヤージュ『旅ボン ハワイ編』感想

旅行記が読みたくなって手に取った本です。この表紙、めちゃくちゃにぎやかだな~。 あらすじ イラストレーターのボンボヤージュが、出版社の企画でハワイに行くことに。高所恐怖症なのにドアのないヘリコプターに乗せられたリ、サメのいる海に檻ごと入った…

本だらけのホステル「BOOK AND BED TOKYO-KYOTO」に行ってきたレポ

2月の終わりごろ、なんとなく気分が晴れなかった私は「何か楽しいことをしよう」と本だらけのゲストハウスを予約してみることにしました。 それがBOOK AND BED TOKYO-KYOTOです。 bookandbedtokyo.com 京都なのに東京とはこれいかに、という感じですが、東…

エッセイ漫画家が一人旅チャレンジ 『ひとりたび1年生』感想

2年生が面白かったので1年生のほうも読んでみました。黄色くて目立つ表紙だ……。 書籍概要 今までひとりたびに挑戦したことのなかった著者が、一人であちこちに出かけるコミックエッセイ。鎌倉、沖縄、伊勢などの有名観光地が登場します。

漫画家が自腹で朝ごはんレポート 秀良子『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』感想

おいしそうなモーニングを見かけると「食べてみたいなあ」となるけど結局食べない毎日です。 『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』を読みました。 おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス) 作者: 秀良子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013…

ちょっと変わった一人旅あります たかぎなおこ『ひとりたび二年生』感想

母に借りて『ひとりたび2年生』を読みました。 1年生を飛ばして読むという体たらくですが、一巻を読まなくてもまったく問題はありません。 ひとりたび2年生 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) 作者: たかぎなおこ 出版社/メーカー: KADOKAWA/メデ…

芸術の島々を巡る 瀬戸内芸術祭(春)に行ってきたレポ

4月に瀬戸内芸術祭に行ってきました。一度行ってみたいな~と親に言い続けていたら連れて行ってもらえることになりました。母はあまり芸術に関心がないのに……ありがたかったです。個人旅行ではなく、ツアーです。「このツアーは開催初めて」って添乗員さん…