ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

【役に立たない話】交流なしではてなブログの読者数を100人突破できた話

f:id:kazura24:20181126110846j:plain

素材:ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/

今日は「ブログの読者数が100人を超えた」ことに関する話です。

ホットエントリーで互助会(相互にはてなブックマークをつけたり、アクセス支援をする関係らしい)の話題を見かけて、はてなブログとアクセス数の話を私も書きたくなってきてキーボードを叩きました

まずこの記事はアクセス数を伸ばしたいと思っている人には何の参考にもならないので、そのような人はここでブラウザバックしてください。

管理人の雑感をあえて読みたいという人だけ続きからお進みください。 

 

そもそも交流なしでなぜ読者数を100人突破できたか?

交流を一切しない読書ブログが読者数100人突破したのかと考えると、理由はふたつでした。

四年間ブログをやった

まあ……有り体に言ってしまうとこれにつきるだろうな……。

だいたい一年間で30~40くらい読者数が増え続け、今に至ります。

ブログを始める人はたくさんいるけれども、続けられる人はそれほどいません。私も何度もブログを作って飽きて放置しています。

じゃあ今回なぜ長く続けられたのかというと、「朝、早めに起きてブログを書く」ということをルーティン化できたからだろうなと。

朝に作業をすると「出発時間」という締め切りがあるのでだらだらしないし、夜のように疲れてもいないので頭がはっきりしています。

早起きが得意な人に限りますが、朝ブログを書くのはおすすめです。

 

意外と少ない、読書ブログ

はてなブログで読書ブログって以外とないんですよね。

いや、泡沫の読書ブログならいくらでもあります。でも「一定のクオリティと更新速度を保って運営されている読書ブログ」はそれほどないんですよ。

ちょくちょく「書評」のグループを見に行くんですけれども、更新しているのはいつも同じ人になりがち。

そんな中で四年間ぽつぽつと読書ブログを書き続けたことが、読者を増やした理由ではないだろうか……と思います。

 

読者数が増えても何も変わりませんでした!以上!

じゃあ100人を超えて何か変わったか、というと別に何も変わらないんですよね。

PV数自体はじわじわ増えているんですけれども、読者登録数が増えたからなのか、単純に記事が増えたからPVが増えたのかはわかりません。

私もいっぱい読者登録しているんですけれど、更新されたらすぐ読みに行くブログはごくわずかで、あとは表示されたタイトルが気になったら読みに行く程度です。

だから、読者登録したけれど読んでいないっていう人はいっぱいいるんでしょうね。

 

ちなみにAmazonアソシエイトや忍者Admaxも、微増はしているけれど劇的には変わっていません。

アクセス解析によるとリピーター率はずっと15%程度で横ばい。

 

それこそ「互助会」みたいな相互にブログを見合っている関係じゃないと、読者数はすぐにPVアップにつながらないのでしょうね。

ところで互助会って果たして存在するのでしょうか……。(実際に見たことが一度もない)

 

以上、アクセス数を増やしたいと思っている人には何の参考にもならない話でした。

それではよいブログライフを!