ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

悪女な姉の替え玉として王太子に嫌われなければならないのになぜか好かれています―宇津田晴『身代わり花嫁の懺悔日記』

身代わり花嫁の懺悔日記 (ルルル文庫)

 

あらすじ・概要

「毒花」と呼ばれる奔放な双子の姉の影に隠れるように、生きてきたサラー。ある日、姉に王太子ウィロウからの求婚があった。天然たらしで小悪魔な姉と王太子が結婚したら大変なことになる。サラーは姉の替え玉としてウィロウに嫁ぎ、彼を幻滅させて別れようと画策する。しかしサラーの行動とは裏腹に、王太子に好かれてしまい……。

 

サラーがいい子でかわいい

すごくキャラのいい作品でした。サラーはウィロウに嫌われようと悪女を全力で演じるのですが、根の優しさでついついウィロウを励ましたりフォローしてしまったり。ついには周りにツンデレ扱いされてしまいます。

「自分にはそのつもりがないのに周りに好かれてしまう、やれやれ……」みたいな作品はあまり好きではないんですが、この作品はサラーがすごくいい子なので全然嫌味になりません。優しいコメディっぷりにほっこりします。

悪役令嬢みたいなポジションの姉も、自由でやりたいことをやる性格なだけで性根が曲がっているわけではありません。決してざまあ系ではないです。

ヒーローであるウィロウは流れるように口説き文句を言うので恐ろしいですね。サラーがパニックになるのもわかります。ザ・少女小説のイケメンって感じ。

 

しかし後半になるとサラーが陰謀に巻き込まれるのですが、その陰謀シーンはあまり面白くなかったです。情景がイメージしにくかったし、登場人物が愚かな行動に出てしまっているので。

とはいえ悪役の心情吐露のシーンは結構好きでした。これもキャラクターも萌えの一部ですね。

ストーリーがどうというよりも、キャラクターのキャッキャウフフを読む作品としてはありかもしれません。