読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ひたすら刀剣を鑑賞する映画 『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』感想

映画 ドキュメンタリー 美術 映画感想 ミュージアム 邦画

『映画 日本刀』を見てきました。

迷ったんですがこういう映画はすぐに上映が終わってしまうので、思い立ったが吉日ということで見てきました。


『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』予告編

映画概要

三日月宗近童子切安綱、へし切長谷部など、国宝級の刀剣を大画面・高画質で眺め回せる映画。同時に日本刀の作成手順、研ぎの動画を解説つきで紹介してくれるドキュメンタリー映画です。

ドアップで刀剣が見れるよ!

映画館のような高画質・大画面の場所でドアップで見れる機会があってよかったです。博物館だとどうしても距離がありますからね。カメラの力というものはすごいです。しかしひと振りあたりの時間が短いのでもっと見たかったです。尺の関係で難しいとはわかりますが。

同時に流れる刀剣の作り方も面白かったです。ものすごい工程の多さですね。そもそも素材の時点でものすごく手間がかかってるなんて知らなかったですし。ほんと、ぜいたくな芸術品なんですね……。

正直興味のある人にしか面白くないものだと思うんですが、こういう映像があったら後世の人にも残るだろうから有意義な作品だったなと思います。

あと寄付を募って作られた映画なので最後に寄付した人の名前が出るんですが、その部分で笑いました(これは刀剣乱舞ファンにしかわからない笑いだと思います)

まとめ

すごいまじめな映画ですけど、カンパするつもりで見に行くといいですよ!

結構男性のお客さんも多いので男性の方も気兼ねなく見に行けます。

日本刀の科学 武器としての合理性と機能美に科学で迫る (サイエンス・アイ新書)

日本刀の科学 武器としての合理性と機能美に科学で迫る (サイエンス・アイ新書)