読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

発達障害の人が生きやすくなるヒント 泉流星 『エイリアンの地球ライフ おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群』感想

泉流星 発達障害 健康 ストレスコントロール 障害 福祉 家族 読書感想

『エイリアンの地球ライフ』を読みました。

一回図書館で借りたんですが、手元に置きたくて通販で購入しました。

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群

 

 書籍概要

人と違う考え方・行動をするため生きづらさを抱えがちな「高機能自閉症」。高機能自閉症を抱えた妻が、より良い生活を送るためにはどうすればいいのか……夫の視点から語る、実用的エッセイ。

前向きな生活改善を

私もアスペルガーなんですが、この人とかなり傾向が似ているんですよね。

・言語能力が高く、計算、作業能力が低い。

・雑談はできるが言葉のところどころに違和感がある。

・いつも機嫌が悪そうな顔をしているが、実際そんなに機嫌は悪くない。

だからこの本はためになりました。発達障害の人の書いたエッセイはたくさんありますが、ポイントは自分に似た傾向の人のものを読むことだと思います。数学能力が高い人を読んでしまうと自分に当てはまらないところが多くて……。

発達障害に関する本というのは、どうしても支援する健常者側の内容が多くて、「発達障害の人はどのように助けを求めればいいのか」「自分から生活を改善するヒントはないのか」という期待に応えるものがあまりないんですよね。その点この本は、実際にやってみることができる内容になっています。

個人的に重要だと思ったのが「一人のスペースを確保すること」ですね。やっぱりアスペルガーの人は刺激に敏感なところがあるので、静かに過ごせる場所は必要だと思います。

あとは人間関係の問題はとても考えさせられる部分が多いです。アスペルガーの人にとっては社交的になるのはとても難しいので、もうすでに友人になってくれている人は大切にしないといけないんですね……。

まとめ

実際にやってみることのできる部分が多くて、当事者としてはためになる本でした。もちろんすべてをこなす必要はなくて、「これならやれそうかな?」という部分だけでいいと思います。

しばらく家に置いて読み返すつもりです。

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫)

 
地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きる

地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きる