ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

「安くて小部数」という点では第一選択肢 「ちょ古っ都製本工房」で同人誌を印刷したレビュー

f:id:kazura24:20180426074243p:plain

同人誌の印刷に「ちょ古っ都製本工房」を使ったので、覚書ついでに感想をシェア。

格安小冊子作成・冊子印刷・制作 ・印刷・印刷通販【ちょこっと(ちょ古っ都)製本工房】

 

 

値段

この部分だけは自信をもっておすすめできる。安いです。

この会社のように、小部数から注文できて安いところって言うのはそうないです。

「身内用に少しだけ作ってみたい」「なるべく安い値段で作りたい」という人には、第一選択肢としていいのではないかと思います。

入稿から発送にかかる期間によって値段が変わるんですが、一番安いコースは結構早く埋まるので、早めの申し込みをおすすめします。

 

注文・入稿

入稿データは表紙・本文ともにPDF。

入稿は所定の画面でアップロードするだけなので、シンプルでわかりやすいです。

ただ、あんまり詳しく説明が載っていないので、自力で調べられない人にはしんどいかもしれません。

PDF入稿なので、その気になればWordだけで入稿できるのはいいところ。画像編集ソフトが扱えない人にはいいのではないでしょうか。

 

モノクロ印刷の場合

結構細かい印刷だったけれど、きちんと模様が出ました。

ぱっと見た感じは特に不満はないです。詳しい人が見ると違いがあるのかもしれませんが。

表紙は色のある紙にしたので、風合いが出てよかったです。

 本文も、そんなに違和感がないです。漫画だと少し違和感があるって聞いたけれど、別の場所でここで印刷された漫画同人誌を買ったときはそんなに感じなかったです。

 

カラーの場合

他の印刷会社より少しくすんだ感じがするかな、という感じです。この辺はモニターとかインクの具合もあるので印刷会社のせいとはかぎりませんが。

ただ、「値段より悪い」という感じはしないので、そこは許容範囲かなと思っています。

 

 まとめ

「とりあえず安く小部数で刷ってみたい」という人にはいいのではないでしょうか。

お試し感覚で頼めるところがいいところです。

手づくり同人誌とらのまき

手づくり同人誌とらのまき

 

 

こちらもどうぞ

honkuimusi.hatenablog.com