ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

イラストレーターボンボヤージュがさまざまなことにチャレンジ ボンボヤージュ『旅ボン 富士山編』感想

旅ボン 富士山編

 

 

あらすじ

イラストレーター、ボンボヤージュがさまざまなことに挑戦する。日本で一番高い山に登ったり、築地市場で鍋の具を買ったり、鎌倉で座禅を組んだり。ドタバタしながらお出かけするコミックエッセイ。

 

締め切りをぶち破りまくる著者

これを読んで初めて、イタリア編の締め切りを何度もぶち破っていたことを知りました。編集者たち、大変だったでしょうね。コミカルに描かれてるけれど、相当恨まれてそうです。

周りの人はかわいそうなんですが、そういう態度を取っていても仕事が来るということは、著者は売れっ子なんだなあと感じました。

これ以外にも、すぐ調子に乗ったり、買い物で失敗したり、著者のだめなところがいろいろ描かれています。そういう、完璧ではないところをあえて描いているのが面白いです。

さすがに、現実のボンボヤージュはだめなところだけではないと思うんですが(そうでないと仕事が来ないから)、自分を落として笑いを取るのが楽しいです。

 

恐るべし富士山

この本のサブタイトルにもなっている富士山は、めちゃくちゃきつそうでした。やっぱり日本一は大変なんですね。

ご来光を見に行ったのに、あっさり頂上からのご来光をあきらめたのは潔くてよかったです。そりゃしんどいよね。

チームで一番体力があった人が高山病になって、高山病っていうのは体力関係なくかかるものなのだな……と思いました。

チャレンジというにはゆるすぎる向きもありましたが、築地で鍋の材料を買う回も好きでした。おいしいもの食べただけなのに、なんだかほのぼのした雰囲気がありました。そして結局シャンパンは開けられなかったのかよ!

 

まとめ

わいわいして楽しかったです。また読みたいですね。

とりあえず、富士登山には行きたくなくなりました!

旅ボン 富士山編

旅ボン 富士山編

 
旅ボン 富士山編 絵はがきセット ([バラエティ])

旅ボン 富士山編 絵はがきセット ([バラエティ])