ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

スポーツ

武術で負けると恋してしまう世界、統合失調症の日々、レーサーがレースゲーム。最近読んだ、見た作品5つ(20211130)

今日マチ子『COCOON』 沖縄戦をモチーフに、とある女学校の生徒達の戦いと逃亡を描く。 よくできた漫画だと言うことは感じますが、私の好みの方向性ではありませんでした。 実在の戦争を描いたものとしてはロマンチックすぎるんですよね。美しい悲劇として消…

精神論にあまり興味が持てなかった―武田豊樹『競輪選手 博打の駒として生きる』

あらすじ・概要 スピードスケートから競輪へ転向した著者。彼を待っていたのは、「博打」の駒として生きる人生だった。アスリートとして高い収入を得る代わりに、観客の賭けた多額の金を背負って走り続けなければいけない仕事。著者はどのようにして重圧を乗…

トレーナー少女は選手のけがの完治をきっかけに自分の存在意義に悩む―谷山走太『ピンポンラバー3』

あらすじ・概要 『全日本ユース選抜強化合宿』に参加することになった瑠璃と翔星。翔星はそこで幼なじみの晴海と再会する。久しぶりに会った幼なじみは強敵へと成長していた……。一方瑠璃は、翔星についてきた椿が、実は卓球の才能があることを知る。翔星のけ…

中国からやってきた選手と帰還したランキング1位が卓球の学園に波乱を呼ぶ―谷山走太『ピンポンラバー2』

あらすじ・概要 ランキング1位の男、獅子堂煉が学園へと帰ってきた。彼が練習パートナーに指名したのは、ランキングの低い沙月だった。一方で中国卓球界の新星リュウ・メイリンが学園に編入、白鳳院瑠璃の姉、紅亜を中国に連れて帰ろうとする。ふたりの登場…

卓球エリートの学校に入学したら氷のような美少女のダブルスパートナーにされた―谷山走太『ピンポンラバー』

あらすじ・概要 怪我によって卓球界から姿を消していた飛鳥翔星は、小学生時代に出会った卓球少女を探すために卓越学園に入学する。そこは、卓球エリートたちがひしめく卓球のための学校だった。翔星は一年生最強の女子白鳳院瑠璃に敗北。彼女にパートナーに…

登山部の中で主人公が一番恋愛脳―細音啓『ほま高登山部ダイアリー』

あらすじ・概要 高校に入学した冬馬は、勇気を出して中学時代のクラスメイト、縁(ゆかり)に告白する。しかし縁に「登山が好き」と勘違いされてしまい、なし崩しに登山部に仮入部する。登山部は、変人奇人の集まりだった。新入生歓迎も兼ねた四月の登山に向…

わかりやすさとステレオタイプは紙一重―『キックボクサー』

あらすじ・概要 アメリカの男性、カートは、キックボクサーの兄に連れられてタイにやってくる。そこで兄はタイの王者トン・ポーに敗北し、体に障害が残ってしまう。カートは復讐を決意し、達人キサン・チョウに弟子入りした。過酷なトレーニングに耐え、カー…

面白いか面白くないかより自分自身が大人になったことを気づかされた―『バッテリー』

あらすじ・概要 家族とともに引っ越してきた新中学生の巧は、そこで、同い年のキャッチャーの豪と出会う。運命的な出会いをしたふたりは、ともに同じ中学の野球部に入部した。しかしその野球部でリンチ事件が起こり、野球部は活動を停止してしまう。三年生に…

外出自粛で暇すぎたのでランニングを始めた。準備したことと続けてみた雑感

素材:Canva(https://www.canva.com/) 最近ランニングを始めたので、今日はその話をしようと思います。ランニングのために準備した道具、続けるための方針、続けてみた感想について書きました。 そもそもなぜランニングを始めようと思ったのか ランニング…

テンプレ的すぎてぴんとこなかった―青山剛昌『4番サード』

今日の更新は、青山剛昌『4番サード』です。 あらすじ・書籍概要 野球選手の長嶋茂雄と同姓同名というだけで、4番サードに祭り上げられてしまった野球少年長島茂雄。しかし彼の打線は鳴かず飛ばずだった。そんな彼は「ベーブ・ルースのバッド」を手に入れ…

地味なサラリーマンが社交ダンスに目覚める―『Shall we ダンス?』

今日の更新は、映画『Shall we ダンス?』の再視聴感想です。 年始に地上波放送があったので録画して見ていたもの。 あらすじ・概要 平凡なサラリーマン杉山正平は、帰り道の電車の窓から、ダンススクールにいる女性を見かける。その女性に興味を持った彼は…

ポケモンなのに倫理があるソードシールドとかいう世界について語る

ポケットモンスターシールドのストーリー攻略も終盤に入り、最後のジムリーダーキバナのところへたどり着いています。彼を倒すにはもう少しレベリングするとして、今日はやたらと倫理があるガラル地方について書こうと思います。 ちなみに私が過去にプレイし…

バスケットボールコーチが弱小バスケ部に生き方を教える―『コーチ・カーター』

今日の更新は、映画『コーチ・カーター』です。 あらすじ・概要 ハイスクールの弱小バスケ部にやってきたコーチ・カーター。彼はやる気のない部員たちに契約書を突き付ける。これさえ守れば、チームを勝利させてやると。彼のスパルタ練習によって、チームは…

「好きな歌を歌う」ことは商業で歌うことより優れているのか?―樹戸英斗『優雅な歌声が最高の復讐である』

今日の更新は、樹戸英斗『優雅な歌声が最高の復讐である』です。 あらすじ・書籍概要 サッカーで挫折しゾンビのような生活を送っていた隼人。そんな隼人のクラスに瑠子という少女がやってきた。彼女は海外で歌手をしており、日本に戻ってきたのだという。隼…

老トレーナーと31歳女性が駆け上がるボクシングの道―『ミリオンダラー・ベイビー』

今日の更新は、『ミリオンダラー・ベイビー』です。 久しぶりにAmazonprimeで映画を見ました。 あらすじ ボクシングのトレーナーのダンのもとに、31歳のボクサー志願者の女性、マギーがやってきた。押し切られるようにして彼女にボクシングを教えることにな…

暗いエッセイだが周りの暖かさに救われる―先崎学『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』感想

今日の更新は、先崎学『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』です。 将棋好きの親からの借り物。 あらすじ 多忙とストレスから、うつ病を発症した先崎学。彼は入院し、療養生活に入った。退院してもなかなか動くことができず、病状は一進一退を繰り…

架空のスポーツをさもあったかのように語る手腕に脱帽―天沢夏月『サマー・ランサー』感想

今日の更新は天沢夏月『サマー・ランサー』です。 一巻完結ライトノベルの紹介にあった本です。 あらすじ 剣道の才能を持ちながら、祖父の死をきっかけに剣道をやめた天智。そんな彼は、高校入学をきっかけに「槍道」に出会う。天智は槍道部の仲間たちを通し…

那須与一の霊に憑りつかれて弓道部へ 末羽瑛『キュードー・ライフ!』感想

あらすじ ひょんなことから那須与一の霊に憑りつかれた良治。彼はひとりきりで弓道部の活動をしていた鹿目梓に一目ぼれし、弓道部に入部する。良治はどんどん弓道の楽しさにのめり込んでいき……。

運動不足のイラストレーターがマラソンに挑戦 たかぎなおこ『マラソン1年生』感想

このエッセイどこかで読んだ気もするんですが、内容を覚えていないのでどっちでもいいか……。 あらすじ 運動不足だった著者は、その解消のためにマラソンを始めることにする。目標は、ホノルルマラソン。そのために道具を選んだり、ランニングをしたり準備を…

コミカルだけど硬派なフェンシング青春小説 末羽瑛『Let it BEE!』感想

一冊完結のライトノベルのおすすめに出ていた本です。このイラストの絵柄、好みです。 あらすじ 内気な少女、有星結恵は顧問の蜂谷巴に誘われ、廃部寸前のフェンシング部に入部。しかし彼女には、先端恐怖症という大きなハンデがあった。団体戦に出場するた…

1巻と別物になってしまったがこれはこれであり 須賀しのぶ『夏は終わらない 雲は湧き、光あふれて』感想

なんでかAmazonに電子書籍がなくて、紙の本で買いました。1、2巻はあるのに……? あらすじ 無名だった三ツ木高校野球部は、甲子園に出るために猛練習を重ねる。急成長を続けていく上で、捕手の鈴江は、エース月谷の能力についていけずに悩む。はたして能力…

イラストレーターボンボヤージュがさまざまなことにチャレンジ ボンボヤージュ『旅ボン 富士山編』感想

あらすじ イラストレーター、ボンボヤージュがさまざまなことに挑戦する。日本で一番高い山に登ったり、築地市場で鍋の具を買ったり、鎌倉で座禅を組んだり。ドタバタしながらお出かけするコミックエッセイ。

登山について初心者向けにわかりやすく解説する 鈴木みき『あした、山へ行こう!』感想

登山、子どものころは親に連れられてよく行ってたんですが、最近はとんとご無沙汰ですね。 書籍概要 「登山を始めてみたい」と思ったとき、道具は何をそろえればいいのか? 日帰りで帰る時間配分のこつは? 漫画を通して、山の始め方、そしてその面白さを紹…

身長180cm超えの女の子がやり直すバレーボール 田中相『その娘、武蔵』感想

レンタルコミックで借りてきた作品。短いのでさくっと読めていいですね。 あらすじ 身長180cm超えの女の子、武蔵は高校生になる。彼女には、中学の公式試合で「バレーを辞める」と宣言した過去があった。しかしバレー部長との勝負に負けてバレー部に入った彼…

ヒーローを待ち続ける少年は卓球をする 『ピンポン』感想

『銀の森へ』に載っていて気になった作品です。原作は既読。でも読んだのが大分前なので記憶があやふやです。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ ペコ(星野)とスマイル(月本)は幼なじみ。二人で一緒に卓球を続けてきた。しかしスマイルが卓球の才能を…

将棋棋士の夫は頭はいいけどどこか変 伊奈めぐみ『将棋の渡辺くん1』感想

読みたいと思っていたけれどチャンスを逃していた漫画です。 ちょうど藤井四段のニュースをやっていて、その流れで入手してみました。 あらすじ 渡辺明は将棋棋士。ぬいぐるみが好きで、漫画が好き。頭はいいけれど将棋以外の情報がなかなか頭に入らない。そ…

なんとなく入った山岳部から登山家へ 植村直己『青春を山に賭けて』感想

Kindleセールで見かけたので買ってみた一冊。 野口健の自伝『落ちこぼれてエベレスト』の中で紹介されていたので一度読んでみたかったんですよね。 落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫) 作者: 野口健 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2003/01 メディア: 文…

野球をあきらめられない大人の群像劇 須賀しのぶ『ゲームセットにはまだ早い』感想

なんとなく須賀しのぶが読みたい!となり、入手してきた本です。表紙、よく見るとスーツで走ってるんですね。 あらすじ 所属していた会社の野球部が廃部になり、身の振り方を考えていた高階に、クラブチームから誘いが来る。最初は乗り気ではなかったが、三…

高校球児たちの青春と葛藤 須賀しのぶ『雲は湧き光あふれて エースナンバー』感想

※追記 このページに「雲は湧き、光あふれて 読書感想文」で検索してくる人がいるんだけれど、このブログをパクったりコピペするのは絶対にやめてください。 もし、そういうのを発見したら学校に通報させていただきます。 このブログの収益で買った本です。ポ…

仲間と一緒ならどこまでも走っていける 佐藤多佳子『一瞬の風になれ3 ドン』感想

やっと最終巻まで来ました。実感としてはそんなに長く読んでいないんですが、読む途中でだいぶ時間が空きましたからね。 あらすじ 事故で負傷してしまったサッカー選手の兄の応援を受け、新二はまた走り出すことを決める。彼は三年生になり、陸上部に新入生…