ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

漫画家、すい臓がんになった母親を看取る―瀧波ユカリ『ありがとうって言えたなら』

ありがとうって言えたなら

今日の更新は、瀧波ユカリ『ありがとうって言えたなら』です。

 

あらすじ・書籍概要

漫画家である著者の母親が、すい臓がんだと告知される。余命は長くて1年。姉のいる大阪に母は移り、著者はそこへ何度も通う。世話をする姉につらく当たったり、いらいらしたり、死に追い詰められた母は変わっていく。

 

何気なく読んだ漫画だったんですが、最後に泣いてしまいました。

変人だったけれど強くて美しかった母親が、死が少しずつ近づいてくるにつれて理性を失い、見た目も痩せていって、変わっていく姿が読者の視点からもつらかったです。

そして死への不安から、いらいらしたり、周囲に当たったり、最後にはせん妄状態になったり、その精神状態は感動的とは程遠いです。著者と姉は振り回され、苦しみながら母親を看取ることになります。

そのリアリティが苦しくて、また泣けてきます。自分を守ってくれた親が、親らしくなくなっていくその時間、想像するだけで苦しいです。

 

帯にある通り、著者は母親と仲のいい子どもではありませんでした。我が強い母親についていけず、疲弊してしまったことも多いようです。しかし不治の病になった母親に直面して、否応なく母親との記憶に向き合うことになります。

ストレスの中受けたセラピーで「お母さんをこれ以上嫌いになりたくない」と吐露する著者の姿は、将来の私なんだろうな、と思ってしまいました。うちの親はまだまだ元気だし、大きな病気もしたことがないけれど。いつかこの作品と同じように苦しむのでしょう。

 

きれいごとではない肉親との別れを描いているからこそ、この作品は優しいですね。ある意味全ての人に関係のあるコミックエッセイでした。

読むのはつらいですが、ところどころユーモアも交えているので読みやすいです。もっといろいろな人たちに読んでほしいです。

 

まとめ

 読むのはつらかったけれど読んでよかった本でした。アラサー以上の人々にたくさん読まれてほしいです。

おそらく親が病気をしたときにこの本を思い出すのでしょう。

ありがとうって言えたなら

ありがとうって言えたなら

 
モトカレマニア(1) (KC KISS)

モトカレマニア(1) (KC KISS)