ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

【レビュー】文庫本が安い印刷会社「コミックモール」で同人誌を刷ったレポ

f:id:kazura24:20180920075237p:plain

今日の更新は、コミックモールで同人誌を刷ったときのレポートです。

コミックモールは安めの印刷会社。特に文庫本に強いです。

印刷の感想、入稿システムの難しさについて語っていきます。

FrontPage - コミックモール

 

 

 

印刷の質

今までに一番イメージに近い印刷が出たのはここです。イメージより少し濃い目に出たかなあという感じです。でもデザインを損なわない程度の濃さだったので無問題。

 

財布の事情的にいつも安い印刷会社しか使えないんですが、それでもクオリティが高かったです。

少部数で文庫本が作りたい人間には、天啓のような安さと印刷クオリティです。

もちろん、探せばもっといい会社もあるんだろうけれど、安さとの兼ね合いを考えるとこれで十分です。

紙も追加料金が発生しない部分で結構選べるので楽しいです。

ただ、やはり凝った装丁はできないので、カスタムしたい人には向かないと思います。

 

 

入稿システム

入稿システムが結構特殊なので、最初はわかりにくいかもしれません。説明をしっかり読まないと入稿できません。

流れはこんな感じ。

webNyukou - コミックモール

あまり親切なシステムではないので、そもそもパソコンが得意でない人はきつそうです。

HPも何年ものなんだって感じで若干見づらいです。

 

応対について

問い合わせメールの返信がなかなか来ないことで有名な会社。急ぎならまず電話しましょう。

電話応対は丁寧でよかったです。ゆったりした感じのお兄さんが応えてくれました。

表紙に文字の入れ忘れがあって電話したのですが、すぐ対応してもらえました。

 

 

まとめ

入稿システムが難しく、使い方に癖がありますが、コスパがよかったです。

文庫本をここまで安く作れる印刷会社はそうない。

文庫を作る予定がある方にはおすすめです。

同人誌のデザイン - 手に入れたくなる装丁のアイデア

同人誌のデザイン - 手に入れたくなる装丁のアイデア

  • 作者: 井上綾乃,しまや出版,BNN編集部
  • 出版社/メーカー: 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2017/11/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 こちらもどうぞ

honkuimusi.hatenablog.com