ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

家族だからこそ言葉を尽くすことの重要さ―漢弾地『僕と妻の場合 僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由』

僕と妻の場合――僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由

今日の更新は、漢弾地『僕と妻の場合 僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由』です。

 

あらすじ・概要

漫画家の著者は、外に働きに出ている妻と暮らしている。家で仕事をする中で、夫婦が仲良く暮らす工夫とは……。「コミュニケーションが苦手」なふたりの大人が、試行錯誤の末手に入れた平穏な生活を描く。

 

「わかってもらえるはず」という甘えを排した関係で

「コミュニケーションって難しいな」と思ったときに手に取ったので、タイムリーな話題でした。

 

著者と妻は、まめに感謝を口に出したり、つらいことがあると内容を丁寧に説明したり、とにかく「言わなくてもわかってもらえる」という甘えを排しています。そうすることで、コミュニケーションのコストを下げています。

言外の意味が分からない人間としては、こういう風に生きられたら楽だろうなとうらやましくなりました。もちろんお互いの協力は必須ですが、言葉をまめに交わすことによって将来の軋轢を減らしているところがすごい。

そして、実際に実行できそうなところから書いてくれるところもわかりやすいですね。漠然と、「コミュニケーションを取ろう」と言われてもどうしていいかわかりませんから。

 

かなり説明的なテキストが多く、漫画として面白いかと言われると微妙なのですが、他人の「自分はこうして解決した」という経験則としては面白かったです。

僕と妻の場合――僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由

僕と妻の場合――僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由

  • 作者:漢弾地
  • 発売日: 2017/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
私が妻にしたイタズラ

私が妻にしたイタズラ

  • 作者:漢弾地
  • 発売日: 2014/12/08
  • メディア: Kindle版