ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

高校教師とそれを騙す女の子の年の差百合―あいだ『好き、大嫌い、好き』

好き、大嫌い、好き (Elsur Novel 百合)

 

あらすじ・概要

高校教師で同性愛者である美彌は、出会い系アプリでナナカという大学生と出会う。19歳との年の差、ナナカのまっすぐさに後ろめたさを感じつつ、美彌はナナカに惹かれていく。しかしナナカには秘密があった。

 

リアリティのあるずるい大人が若い女の子に惚れる

Kindle Unlimitedで読了。

ナナカの正体にある仕掛けがある以外は、年の差ものとしてはベッタベタな展開をします。だいたい予想通りのオチになると言っていい。

しかしそれに伴う美彌の心理描写にすごくリアリティがあります。

大人になって、永遠の愛なんてないと気づきつつ、将来を前提とした交際を求めるナナカと付き合う美彌。ときには保身に走り、憶病になって、それが結果的に相手を振り回しています

ずるーい!! と思いつつ、ずるくなってしまうのもわかるんですよね。大人になると失うのが怖くなりますから。

ウジウジした主人公で好みは別れると思いますが、私は面白かったです。

 

とはいえ大人になることが否定されているわけではありません。わだかまりを持っていた友人と和解できたり、元恋人と再会して仲良く話せたり、そういう「時間が解決してくれる」描写もあったのがほっとしました。時間で解決、ができるのは大人の特権ですね。

 

美彌のセクハラや社会の偏見への悩みや葛藤も「ありそう」なもので、いい意味で他人事とは思えません

百合だけど萌えっぽくはないというか、恋愛を前提とした人間ドラマという様相でした。

好き、大嫌い、好き (Elsur Novel 百合)

好き、大嫌い、好き (Elsur Novel 百合)

  • 作者:あいだ
  • 発売日: 2019/05/12
  • メディア: Kindle版