ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

老人三人組が銀行を襲って自分たちを虐げたものをぎゃふんと言わせる―『ジーサンズ はじめての強盗』

ジーサンズ はじめての強盗(字幕版)

 

あらすじ・概要

銀行に真面目に支払ってきた自らの年金を奪われた三人の老人は、生活と復讐のために銀行強盗を計画する。家族のことや病気など、それぞれの事情を抱え、老体に鞭打ちながら達成しようとした、大胆不敵なその計画とは……。

 

たまには弱いものが強いものをぎゃふんと言わせる作品があっていい

肩の力を抜いて気楽に楽しめる作品でよかったです。犯罪ものなのでポリコレ的には正しいとは言えないけど、その犯罪を過度に美化しないところが見やすかったです。

主人公三人組は家族を愛しているし親切なところもありますが、善人というわけではないんですよね。しょうもない失敗もするしけちなところもあります。

そういう人間味のある人物像だから、犯罪も美化されず、いらいらせずに済みました。

 

貧乏な老人が自らを搾取する銀行に復讐する話です。やってはいけないことだということはわかっていますが、たまにはこういう弱い人間が強い組織をぎゃふんと言わせる作品があっていい。それがあくせく働いている人々への救いになることもあるのだ……。ということを見ていて感じました。

義賊ものって普段は好きではないんですが、これはすごく作品との馬が合いました。

 

展開自体もさくさく進み、見ていて中だるみするところがありませんでした。映画そのものもそれほど長くないので空いた時間に見るのにちょうどよかったです。

 

しかしこの邦題はださすぎると思います。私はあまり放題にケチをつけるほうではありませんが、これはちょっとあんまりですね。ダサい上にぱっと見て内容がわかるわけでもない。最悪でしょ。