ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

サスペンス

忙しい人向けの実写化―『悪の教典』(実写映画版)

あらすじ・概要 明るく有能、生徒達にも人気がある英語教師の蓮見。彼は目的のために次々と殺人を起こすサイコパスだった。赴任した学校でも保護者、教師、生徒など邪魔者を消していく蓮実。その行動はある破滅的展開へ結びつく。

やくざより暴力的な刑事が抗争を止めるために事件を追う―『孤狼の血』(実写映画版)

あらすじ・概要 若い刑事の日岡は、暴力団を相手とする部署へ配属される。そこにいたのは、暴力団を操るためなら脅しも暴力も使う男、大上だった。彼は大上と失踪した金融会社社員について調べることになる。日岡は大上に反発しつつも、その驚異的な支配力に…

死体の一人称によって語られる、幼き殺人者のサスペンス―乙一『夏と花火と私の死体』

あらすじ・概要 9歳だった「わたし」は友達に殺された。友達とその兄は、わたしの死を隠蔽するため死体を隠そうとする。死体を一人称とした証拠隠滅サスペンスが始まる……表題作ほか、とある家の女中となった女性が見た、奇妙で恐ろしい夫婦の姿を描く「優子…

緊急ダイヤルのオペレーターが誘拐事件を解決しようとする、会話劇サスペンス―『THE GUILTY ギルティ』

あらすじ・概要 ある事件によって一線を退いた警察官のアスガーは、緊急ダイヤルのオペレーターとして働いている。そんな中、自動車内の女性から電話が来た。どうやら彼女は誘拐されているらしい。アスガーは、自分が室内から動けない中女性を助けようと努力…

「ざまぁ系」が嫌いな私へ、生々しくて優しいハードボイルドサスペンス―『オッドタクシー』

あらすじ・概要 タクシードライバーの小戸川は、女子高生行方不明事件に関わっているのではないかと疑いをかけられる。アイドルオタク、かかりつけ医のところの看護師、犯罪者とさまざまな客を乗せるうちに、小戸川は複数の事件に巻き込まれていく。いくつも…

狂気を感じる小説おすすめ16選

今日の更新は狂気を感じるおすすめ小説のまとめです。 ラッコキーワードでまとめ記事のネタを探していたら「小説 狂気 おすすめ」という検索ワードを見かけました。これは結構感想を書いてきた過去があるぞとテーマとして採用。 ラッコキーワード(旧:関連…

いろんな意味で現代では描けない作品―ジョージ秋山『銭ゲバ』

あらすじ・概要 貧しさゆえに病気になった母親を失った蒲郡風太郎は、「金さえあれば何でもできる」と金に強い執着を持つようになる。お金ほしさに殺人などの犯罪行為も厭わず、ついに大企業の社長になる。しかし風太郎の周りに不審な死が多いことに気付く者…

クズとクズが精神的に殴り合う話―「ミュージカル『スリル・ミー』」(5月29日20:00公演配信版)

サムネ画像今回の公演じゃないんですがちょうどいいものがなかったので許してほしい。 あらすじ・概要 殺人犯である「私」は、仮釈放のための審議に出席する。「私」は「彼」についてそこで語り始めた。「彼」は弁護士を目指すエリートでありながら、ニーチ…

アイデアはいいけど減点要素が多すぎる―エイドリアン・マッキンティ『ザ・チェーン 連鎖誘拐』

あらすじ・概要 シングルマザーのレイチェルは、ある日娘のカイリーを誘拐される。それは「チェーン」と呼ばれる数珠つなぎの誘拐事件で、レイチェル自身も子どもを誘拐しなければカイリーは解放されないという。レイチェルは元夫の兄弟であるピートを巻き込…

ネットの友人と「Among Us」をプレイした感想【口コミ・レビュー・体験談】

友人が「Among Us」をする会を立ち上げてくれたのでその感想を書きます。 「Among Us」とは ざっくりまとめると「宇宙SF風の人狼ゲーム」。プレイヤーは「クルー」もしくは「インポスター」となり、宇宙船の中でインポスターを追放しようとしたり殺害したり…

女キャラが描けてないし長せりふも寒い―中村文則『悪と仮面のルール』

あらすじ・概要 異常な父親に「邪」として育てられようとした主人公。しかし父が自らの養女で主人公の幼馴染、香織に手を出そうとしたことから、主人公は父を殺してしまう。そしてその 後、主人公は顔と名前を変えて、父の死をきっかけに離れ離れになった香…

文化祭準備中の学校でスーパー殺戮タイム―貴志祐介『悪の教典 下』

あらすじ・概要 文化祭準備中、殺人が生徒に露見しそうになった蓮実。彼はクラスの生徒たちを皆殺しにして証拠を隠滅することを決意する。かくして学校は殺戮の現場となった。次々と殺されていく子どもたち。怜花たちは、見えない殺人鬼から逃げ切る方法を模…

イケメンサイコパス教師が学校をめちゃくちゃにする―貴志祐介『悪の教典 上』

あらすじ・概要 優秀で生徒からの人望も厚く、ユーモアもある教師、蓮実聖司。しかし、その正体は共感能力のない殺人鬼だった。自分を邪魔するものを退学、辞職、死亡へと追い込んでいく蓮実。一方で、蓮実の教え子の怜花は、類まれな第六感で蓮実に恐怖を覚…

理屈が丁寧に説明された創作論―貴志祐介『エンタテインメントの作り方 売れる小説はこう書く』

あらすじ・概要 ホラー・サスペンス・ミステリなど、ハラハラドキドキさせる作品を作り続けヒットを飛ばしてきた貴志祐介。彼は創作のためにどのようなことを行っているのか。自分の作品や過去の名作を引き合いに出しながら、「面白い!」と思わせるエンタテ…

【感想】『アンナチュラル』のセルフ返歌としての『MIU404』

今日の更新は、『MIU404』です。 あらすじ・概要 事件を24時間以内に捜査し他の捜査課に手渡す「機動捜査隊」。その4番目であり臨時の部隊にいる志摩は、奥多摩からやってきた伊吹とバディを組むことになる。直観と運動能力も優れるものの、感情的で破天荒…

アイドルのひとりが見知らぬ男と入れ替わっているサスペンス―『CHack-UP~ねらわれた惑星~』

あらすじ・概要 ある日、天宮がCHaCK-UPのもとに行くと、そこにはメンバーミナミがおらず、代わりに謎の男がいた。「彼がミナミである」というメンバーの主張に困惑する天宮。自分がおかしいのか、周りがおかしいのか。ミナミはどこへ行ってしまったのだろう…

ひとりっ子政策により子どもが冷凍保存される世界で逃げる七姉妹―『セブン・シスターズ』

今日の更新は、『セブン・シスターズ』です。 あらすじ・概要 人口増加を止めるため、厳格なひとりっ子政策が敷かれている未来。子どもはひとり以外は冷凍保存され、人口を受け入れられる未来に目覚めることになっていた。セットマンの七姉妹は、祖父から曜…

スリリングな展開を楽しめ! ハラハラドキドキする小説おすすめ21選

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、ハラハラドキドキする小説のおすすめです。 アクセス解析の検索ワードに浮上していたので書いてみました。ジャンルはホラー・ファンタジー・SF・サスペンスと雑多に混ぜています。 変態コレクターの庭…

お互いへの依存関係が生んだ闇のおにロリ―斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』

今日の更新は、斜線堂有紀『私が大好きな小説家を殺すまで』です。 いつかのミステリ電子書籍セールで買ったものです。 あらすじ・概要 人気小説家、 遥川悠真が失踪した。それには、ある少女がかかわっていた。彼女の名前は暮居梓。遥川悠真に拾われ、共生…

弁護士も裁判も「群盲象を評す」である―『三度目の殺人』

今日の更新は、映画『三度目の殺人』の感想です。 あらすじ 殺人の前科がある三隅は、自分の勤める工場の社長を殺した。弁護士の重盛は、彼を担当することになる。だが、三隅の供述は二転三転し、重盛はそれに振り回されていく。やがて、意外な事実が明らか…

マジシャン義賊、金持ちから金を奪う―『グランド・イリュージョン』感想【AmazonPrimeビデオ】

今日の更新は、『グランドイリュージョン』です。 あらすじ ストリートマジシャンの集団は、フォー・ホースメン(黙示録の四騎士)となって金持ちのお金を奪い、観客らに配る。FBIは彼らを危険視し、逮捕しようと捜査を始める。彼らは義賊か・コソ泥か……。

ひとりの男の性欲が生んだ美しい地獄―ドット・ハチソン『蝶のいた庭』感想

今日の更新は、ドット・ハチソン『蝶のいた庭』です。 あらすじ 背中に蝶の入れ墨を入れた少女たちが保護された。そのひとりであるマヤという少女は、警察に事情を聴かれるが、巧みな話術で何度も警察官たちをけむに巻く。根気強く彼女の語りを聞く中で、お…

こっくりさんと契約した男の、悲しくも希望のある結末―乙一『天帝妖狐』再読感想

今日の更新は、『天帝妖狐』です。 久しぶりに読みたくなったので楽天koboで買いました。電子書籍は気が向いたときに買い戻せて、著者にお金を払えるのでいいですね。 あらすじ 杏子は道端で倒れていた夜木という男を拾う。顔を隠した夜木は、何か訳ありのよ…

ひたすら露悪趣味、でも結構好き―稲庭淳『ラン・オーバー』感想

今日の更新は、稲庭淳『ラン・オーバー』です。 表紙と中身の雰囲気が全く違います。 あらすじ 転校生、湊里香に秘密を握られた伊園は、言われるがままに同棲生活をスタートさせる。彼女は、クラスのいじめの頂点にいるカップルに反撃することを提案した。そ…

『図書室のネヴァジスタ』感想その5~煉慈ルート~【ネタバレ有】

今日の更新は『図書室のネヴァジスタ』の辻村煉慈ルートの感想です。 これまでの感想はこちら。 『図書室のネヴァジスタ』感想その1~瞠ルート~【ネタバレ有】 『図書室のネヴァジスタ』感想その2~春人ルート~【ネタバレ有】 『図書室のネヴァジスタ』…

『図書室のネヴァジスタ』感想その4~咲ルート~【ネタバレ有】

過去記事はこちら 『図書室のネヴァジスタ』感想その1~瞠ルート~【ネタバレ有】 『図書室のネヴァジスタ』感想その2~春人ルート~【ネタバレ有】 『図書室のネヴァジスタ』感想その3~晃弘ルート~【ネタバレ有】 あらすじ 清史郎の兄賢太郎を監禁した…

『図書室のネヴァジスタ』感想その3~晃弘ルート~【ネタバレ有】

過去記事はこちら。 『図書室のネヴァジスタ』感想その1~瞠ルート~【ネタバレ有】 『図書室のネヴァジスタ』感想その2~春人ルート~【ネタバレ有】 あらすじ 監禁中、賢太郎を殺害しようとした茅晃弘。辛くも監禁から脱出した賢太郎は、少年たちが監禁…

『図書室のネヴァジスタ』感想その2~春人ルート~【ネタバレ有】

ネヴァジスタ感想、春人ルート編です。 ちなみに白峰春人は右から二番目のキャラ。 あらすじ とある事情により、雑誌記者を監禁している五人の少年。そのうちの一人である白峰春人は、ある人物の遺言が残された携帯電話を入手した。そこに込められた真実を知…

『図書室のネヴァジスタ』感想その1~瞠ルート~【ネタバレ有】

tarhs.booth.pm 同人ゲーム『図書室のネヴァジスタ』をプレイ中です。 このブログでは、基本的にクリア後まとめて感想を書いていますが、『図書室のネヴァジスタ』はシナリオが非常に長いので、区切りがいいところで分割して書いていこうと思います。 ついで…

シリーズ化によって作品の穴が見えてきてしまった 柳広司『パラダイス・ロスト』感想

カドカワのセールで買った作品はこれで最後です。 あらすじ 第二次世界大戦中、スパイ組織として活躍していた「D機関」。そこに所属するスパイたちは、各国に潜入し、さまざまな情報を集めていた。「諜報」を描いた連作短編スパイサスペンス。