ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

最近読んだ・見た作品5つ(20210418)

 

野宮レナ 『おはヨウム! ロッコちゃん』

インコの仲間、ヨウムを飼っている家庭のコミックエッセイ。

うーんいまいち印象に残らない本でした。テキスト量が多いわりに情報が多い気がしません。

絵柄はかわいいんですけどね。

おはヨウム! ロッコちゃん (コミックエッセイの森)

おはヨウム! ロッコちゃん (コミックエッセイの森)

  • 作者:野宮レナ
  • 発売日: 2019/05/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

渡辺眸『フォトドキュメント東大全共闘1968-1969』

東大全共闘の写真を集めた本。

写真そのものよりも、著者がこの写真を撮った経緯、解説の文章が面白かったです。闘争の非日常っぷりとある種のロマンと、それゆえの危険さが現れています。

この時代の学生運動の言葉は美しく聞こえるんだけれど、よくよく聞いてみると何を言っているのかまったくわかりません。多分、彼ら自身も何を言ってるのかよくわかってないんだと思います。

学生運動の時代は差別や汚職、若者への抑圧が当たり前のようにあった時代で、体制側を完全に擁護する気はありません。しかしやっぱり全共闘の言っていることというのは、基本的に信用できないですね。

 

森下えみこ『こういう写真てどう撮るの?』

 漫画家がカメラマンに「かっこいい・かわいい写真」の撮り方を教わるコミックエッセイ。

私はミラーレスも一眼レフも持っていないですが、それでも参考になる部分は多かったです。露光の考え方やフィルターの使い方、構図の扱いなど漫画でわかりやすく描かれていました。

「私有地に入らない」や「撮影許可の取り方」もコラムとして描かれているところが好感度高いです。

こういう写真てどう撮るの? (上達やくそくBOOK)

こういう写真てどう撮るの? (上達やくそくBOOK)

  • 作者:森下えみこ
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 『ドキュメント72時間 大阪 高速バスターミナル 旅立ちの春に』

同じ場所で72時間取材しそこを訪れた人にインタビューをするシリーズ。なんばOCAT編。

OCATには何度か行ったことがあるので懐かしい気持ちで見ていました。

春という季節柄、就職や進学といった門出を迎える人が多くておめでたい気分になりました。しかしここにもコロナウイルスの影が……早く好き勝手に移動できる世の中になればいいんですが。

 

『がっちりマンデー 「スゴ技お惣菜ビジネス」』

 冷凍総菜会社の「農家や漁業者から取れすぎて余っている野菜や魚を買い取って、総菜にして冷凍する」という方法がすごかったですね。総菜の単価が下げられて、食品ロスが減らせて、農家の人も野菜がはけて嬉しい。すごく素敵な商売だなと思います。

でもそのとき余っているもので料理を考えるのは結構こつがいりそうです。レシピを考える人がよほどの料理上手じゃないとな……。