ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

裏家業一家の将来を巡ってばらばらになりつつある兄弟―喜多みどり『デ・コスタ家の優雅な獣3』

デ・コスタ家の優雅な獣3 (角川ビーンズ文庫)

 

あらすじ・概要

賭場という縄張りを得、デ・コスタ家での地位を持ちつつあるロザベラ。そんな中、市長選の候補者の息子が誘拐され、その容疑者としてダリオの名前が上がる。濡れ衣を着せられたダリオは姿を消し、ロザベラは彼を探すことにする。市長選をめぐる陰謀とは……。

 

ロザベラは安定してきたけど三兄弟はめちゃくちゃ

デ・コスタ家で地位を持ち始め、ロザベラも安定してきたと思ったら、今度は三兄弟の関係がめちゃくちゃになりつつあります。それは1巻から示唆されていたことではありますが……。

ノアに冷たく当たり、ダリオを守ろうとするエミリオ。そんなエミリオを冷静に見つめ、デ・コスタ家に亀裂を入れようとしているノア。兄弟間の緊張ははらはらしました。

過去の事件からデ・コスタ家をつぶすことを望んでいるノアと、デ・コスタ家を維持したまま別の組織へと変えたいと望んでいるロザベラの考え方の違いも、浮き彫りになりつつあります。

ばらばらになりつつある「家族」をこれからどう物語としてまとめるのか想像がつきません。それでもここまで面白く書いてくれた信頼がありますから、きっと先も面白いと思えます。

 

巻の最後に明かされた衝撃の事実。うん。アレがアレではないことは想像の範囲だったんですが、こういう形で明かされるとは思いもしませんでした。

あと「きょうだい萌え」の人間にはたまらない展開が多くていいですね。このシリーズ。男女にしろ男と男にしろ。