読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

終末世界で誰かのメッセージを受信し続けるゲーム 『ひとりぼっち惑星』感想

Android アプリ ゲーム SF 放置ゲーム ゲーム感想

スマホアプリ『ひとりぼっち惑星』をクリアしました。

Twitterで話題になっていたので、プレイしてみた作品です。

play.google.com

ゲーム概要

f:id:kazura24:20160623080636p:plain

人間がいなくなり、人工知能同士の戦争が続いている地球。プレイヤーはその地球に残された最後のイキモノとなり、宇宙からの通信を受信するためにアンテナを作ります。アンテナを作るためには、人工知能たちが壊れるときに出る部品が必要で、プレイヤーは戦争を加速させながら部品集めをします。

美しいバッドエンドのあとの世界

基本的には放置しながらものを集めるゲームです。暗いクッキークリッカーやぐんまのやぼうみたいなものだと思って間違いないと思います。

f:id:kazura24:20160623081106p:plain

面白いのは「部品を集めてメッセージを受信する」というしくみでそこに物語を持たせているところです。受信するメッセージはどれもとても悲しいです。が、詩的でドラマチックで読んでいてとても面白いですしどきどきします。

だから頭をほとんど使わないゲームでありながら、先が気になってどんどん進めてしまうんですよね。メッセージの受信を待つのがとても面白かったです。

最後には他のプレイヤーの書いたメッセージを受信して読むことができます。Twitterの「#ひとりぼっち惑星」というタグで書かれたメッセージをアップしている方々がいます。おすすめレシピから、本編を踏襲したガチSFな物語までいろいろなメッセージがあって面白いです。

私も通信を送ったので、どこかの誰かに届くのが今から楽しみです。

f:id:kazura24:20160623081156p:plain

まとめ

とても短いですし、単純なゲームですが、雰囲気と発想の面白さで楽しめました。

短いとはいえ、一気にプレイしたゲームは久しぶりかもしれません。

関連作品である「ひとたがやし」や「ひとほろぼし」もプレイしてみたいです。

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

 
Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

 

 同じ作者のゲームレビュー

honkuimusi.hatenablog.com