ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

幸せに生きることこそ戦いだ 『この世界の片隅に』感想

この世界の片隅に』を見てきました。戦争映画だからか、来てる人の年齢層が高かったです。これからアニメ好きの人に限らず、戦争を知りたいと思っているいろんな世代の人に流行りそうですね。

語っていたらネタバレも含んでしまったのでご注意ください。


映画『この世界の片隅に』予告編

 

あらすじ

広島の海苔作りの家から、呉に嫁入りしたすず。優しい夫と、夫の両親、出戻ってきたきつい性格の義姉とともに暮らし始めます。戦争のさなか、呉には空襲が迫り、物資は減っていきます。すずはその中でも明るく強く生きようとします。

 

生きることは戦いだ

できるだけ政治的主張を排した内容なので、メッセージ性を感じなくてもいいと思います。でも「見た人の中の思考を刺激する」というのも、それはそれで傑作の条件なので、「こういうメッセージを受け取った」と感想を書いてもかまわないでしょう。

というわけで私なりに考えたことを書いておきます。

あんまり悲惨さがなく物語が進む一方で、きっとつらくて耐えられないこともたくさんあったんじゃないかな、と思います。でも語り手であるすずはそれを語りたくないから語らない。それは彼女にとって「小さな幸せを見つけて生きること」が戦いだったから。

あのすずが泣くシーンは、自分の戦いがないがしろにされて、すべてが無駄だったと気づいて、本当に悔しかったんだろうなと思います。何か意味があると信じていたからこそ戦えた。それなのに……。

最後にすずが原爆孤児を引き取ることも象徴的です。あれはこれからも戦いは続く、ということなんでしょうね。

 

周平とすずかわいい

ここからは個人的な欲望に正直になりますけど、本当に周平とすずかわいいんですよ!

お互いのこともろくに知らないまま強引に結婚したと思ったら、実は不思議な出会いをしていて……って少女漫画かよ! ときめくわ!

すずの幼馴染、哲がすずを訪ねてきたときの周平の対応ももう……優しすぎてばかなの……って思ったし、もしかしたら違う運命もあったのかもしれないと思うと切なかったです。

恋愛メインというわけではないんですが、マリッジロマンスが好きな人はすごい興奮できると思います。

もちろん夫婦以外もキャラクターがかわいいのでちょっとした行動にきゅんきゅんします。キャラ萌え目当てで見てくれてもいいから映画館に行ってほしいです。

 

まとめ

見てすぐあとは「こんなもんかー」って感じなんですが、見終わって内容を反芻しているうちに好きになってくる映画でした。

絵柄もちょっとレトロな感じで高年齢層の人もとっつきやすいと思うから、できるだけいろんな人に見てほしいなと思います。

 

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック