読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

高校球児たちの青春と葛藤 須賀しのぶ『雲は湧き光あふれて エースナンバー』感想

エースナンバー 雲は湧き、光あふれて (集英社オレンジ文庫)

このブログの収益で買った本です。ポチポチありがとうございます!

Kindleから購入。

 

あらすじ

弱小野球部に、新しい監督の先生がやってくる。野球未経験ながら真摯に取り組む先生に、野球部のメンバーも「勝ちたい」という目標を抱き始める。高校野球短編集第二弾。

 

野球をする上での葛藤

やっぱり須賀しのぶの人間の描き方が好きだなあとしみじみします。誰もが完全な悪人ではなくて、善人でもなくて、いいところも悪いところも含めて協力していかなければならない。

難点を上げるとすれば実際に野球をするシーンが少ないことでしょうか。野球小説というより、野球するに至るまでの人間ドラマを楽しむ本です。

だから野球そのものを見たい人には物足りないかもしれません。

 

各話感想

「監督になりました」

新しく赴任してきた男性教師が、弱小野球部の監督を任される。

彼が最後にした決断は、いいとも悪いとも言えません。あれは本当にチームのためになったのかと考えてしまいました。こういう結論のないエンドはわざと書いているんでしょうね。

 

「甲子園からの道」

スポーツ記者から見た甲子園。

説明的な文章が多くて小説という感じがしませんでした。でもそういうシーンがないと私みたいな野球知識のない人間がよくわからないという点もありますね。難しいです。

 

「主将とエース」

野球部でトラブルを起こして退部した笛吹。彼は半ば不可抗力で野球部に戻ることになり……。

この本で一番好きです。やる気のない人間にも、やる気がないなりの考えがあることを示すのが優しいです。お互いのわだかまりが完全に消えるわけではありません。しかし、それも含めて一緒に戦えるといいですね。

 

まとめ

久しぶりに続きを読みましたが面白かったです。

まだ話を広げられそうなので、機会があったらもう一冊シリーズを出してほしいです。

 

 

関連記事

honkuimusi.hatenablog.com