ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

恋愛脳の主人公に厳しい周囲の人たち―チャーリー・N・ホームバーグ『硝子の魔術師』

硝子の魔術師 (ハヤカワ文庫FT)

今日の更新はチャーリー・N・ホームバーグ『硝子の魔術師』です。

 タイトルはダブルミーニング

 

前回の感想はこちら。

honkuimusi.hatenablog.com

 

 

あらすじ

セイン師のもとで、紙の魔術の修行をするシオニー。彼女が見学していた紙の工場が、何者かによって爆破された。切除師、ライラに特殊な魔法をかけたシオニーは、闇の魔術師たちによって追われる身となった。セイン師はじめ、周囲の大人たちにかばわれるシオニーだが……。

 

主人公を甘やかさない人たち

今回は魔法VS魔法のバトルシーンがかっこよくてよかったです。

鏡の中を通り抜けたり、紙を振動させて爆発させたり、それぞれの素材を使って大暴れしていく魔術師たちは痛快でした。

タイトルにもある、硝子の魔法は幻想的で面白かったです。ぜひ目の前で見てみたいシーンで下。

 

一方で、相変わらず主人公が恋愛脳なので、そこは好みが分かれそうです。

ただ、師匠のセイン含め、周りがシオニーを甘やかさないので、そこでバランスがとれていると思います。

魔術師養成学院の校長アヴィオスキー師は、特にまともなことを言うので安心感がありました。

「あなたとセイン師は、どう見てもお互いに親密すぎます」

(P166)

一応この世界でも、弟子と師匠の恋愛はあまり褒められたことではないんですね。

 

セイン師も、シオニーのことを大切に思っているんですが、師匠としては結構厳しい人です。

魔法の課題をきっちり出してくるし、シオニーが危ないことをすると激怒します。

愛情は持っていても、色ぼけたりはしないところ、すごく大人でかっこいいなと思います。

セインの、普通の倫理観を押しつけがましくない形で身に着けているところ、とても魅力的だし、シオニーが惚れるのもわかります。

 

まとめ

 猪突猛進型主人公が失敗をして、これからどうなるかというところで引き。

冒険とシリアスが渾然一体となって面白かったです。

最終巻が楽しみです。もう買ってあるので、のんびり手を付けようと思います。

硝子の魔術師 (ハヤカワ文庫FT)

硝子の魔術師 (ハヤカワ文庫FT)