ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

絵にまつわる不条理な話が怖すぎる―森見登美彦『夜行』

夜行

今日の更新は、森見登美彦『夜行』です。

 

あらすじ

京都で学生時代を過ごした六人が、鞍馬に集った。話題の中心は失踪した「長谷川さん」。やがて六人は、旅にまつわる不思議な体験を話し出す。それには「夜行」という絵がかかわっていた。

 

すごく不条理で、夢の中のような雰囲気でした。そして怖い。

怖いといってもグロデスクなシーンがあるわけでもなく、おどろおどろしい感じでもないです。ただ理屈では説明できない展開があるだけです。「説明できない」というだけで、こんな怖い話が書けるんだなと思いました。

実際こんな状況に置かれたらおかしくなりそうだな、というエピソードばかりで、しかも話ごとのオチもすっきりしないのでとても不安になります。読んでいるだけでぞわぞわしました。

はっきりわかりやすい展開ではないので、しっかりストーリー性を楽しみたい人には向かなさそうですが、私は好きです。

わからないことを楽しむタイプの作品ですね。

 

そしてラストのオチも、狐につままれたような感じでよかったです。ええ……! と驚いたあとに、じんわり怖さが戻ってくる感じでした。集まりがお開きになるだけで終わりかと思っていたんですが、いい意味で裏切られました。

 

キーパーソンである「夜行」の絵を描いた画家岸田が語る「世界は常に夜なんだよ」というせりふ。その言葉通り、一寸先は闇、不思議な世界がすぐそこに隣り合っている作品でした。

まったく事前情報を入手せず、「前にCMでやってたなあ」というだけで手に取ったのですが、それが正解でした。とても新鮮な気持ちで読めました。

そのCMはこれです。


森見登美彦「夜行」TVCM15秒

 

まとめ

面白かったです。CMをやってなかったら読まなかっただろうので、広告って大事なんだな、と思いました。

気が向いたら他の作品も読んでみたいです。

夜行

夜行

 

 

過去の森見登美彦関連の記事はこちら。

有頂天家族』の感想記事です。

honkuimusi.hatenablog.com

honkuimusi.hatenablog.com