ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

美術館とカルティエがかわいそう―『オーシャンズ8』

オーシャンズ 8(吹替版)

今日の更新は、『オーシャンズ8』です。

 

あらすじ・概要

刑務所を出たばかりのデビー・オーシャンは、セレブ達が集まる「メットガラ」でカルティエの首飾りを盗むことを思いつく。デビーはさまざまな仲間を集め、計画を張り巡らせてメットガラに挑む。セキュリティが豪華絢爛なパーティ会場で、彼女らが取った手段とは……。

 

カルティエと美術館かわいそう

自分でも本題に関係のないところでひっかかってしまったとは思うんですが……カルティエと美術館かわいそうじゃないですか?

元彼がひどい目にあうのは自業自得なところがありますが、カルティエや美術館は何にも悪いことしてないですよね。もともと悪人な人間はどうなってもいいけど、カルティエや美術館は何も悪いことしてないんですよ! 別に元彼は自分のふところが傷んだわけではないし……。

しかしこんなことを思ってしまうのは、私自身が美術館という場所にこだわりがあるからでしょうね。銀行強盗とかならここまで「かわいそう……」とは思わないでしょう。相性が悪かったとしか言いようがありません。

 

ただクオリティが高い映画なのは間違いがないと思います。私はハリウッドの描く女性像というものがあまり好きではないんですが、この女性陣はとても個性豊かで面白かったです。いい女のビュッフェ状態楽しい。

 画面も常にかっこよくて、こだわっているのが伝わってきます。

 

私みたいに細かいところが気にならなければ楽しめると思います。

オーシャンズ 8(吹替版)

オーシャンズ 8(吹替版)

  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: Prime Video
 
オーシャンズ 8(字幕版)

オーシャンズ 8(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: Prime Video