ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

敏感な人間同士共感したいならいいかも―高橋敦『「敏感」にもほどがある』

敏感にもほどがある

今日の更新は、高橋敦『「敏感」にもほどがある』です。

 

あらすじ・概要

敏感体質であるHSP。その当事者である著者が、敏感すぎる人間の日常について漫画と文章で語る。着ているものの材質に敏感、周囲が気になりすぎる、人の気分の上下に影響されてしまう……。HSPがどういう生活をしているのかわかる本。

 

こんな人におすすめ

  • HSPについてざっくり知りたい人
  • 敏感であることに悩み、似たような人を探している人
  • 読みやすいHSP本を探している人

 

共感を求める人にはいい本かもしれない

「よくできているが私の求めている内容ではなかった」本ですね。

HSPの日常について語られていますが、話にオチがないというか、事実を述べるだけで終わっています。敏感な自分にどんな対策を取ればいいのか、参考になる部分が少ないです。

 

とはいえ、自分と同じような感じ方、行動をする人を見るだけで安心するタイプの人間はいるわけで、そういう人にとっては有用な本であると言えます。

共感や同意をするためとして見れば、この本は事細かにHSPである著者の感じ方、考え方が述べられています。「自分はHSPかもしれない。でも、周りに似たような人がいなくて不安だ」という人にならこの本を有効活用することができると思います。

 

しかしHSPの本を何冊か読んでみて思うんですが、私は敏感であっても共感能力はめちゃくちゃ低いですね。だからこそHSPの本を読んでもぴんとこない場合が多いのだと思います。そのケはあるけれど、完全に一致はしていないんだろうなあ。

敏感にもほどがある

敏感にもほどがある

  • 作者:高橋 敦
  • 発売日: 2017/07/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

  • 作者:武田友紀
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)