ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

人間の姿をした血の支配者をどう殺せばいい? ジョージ・R・R・マーティン『フィーヴァードリーム 下』感想

フィーヴァードリーム〈下〉 (創元ノヴェルズ)

またまた吸血鬼ものを読むシリーズです。

 

あらすじ

夜の眷属たちを血の渇きから解放したいと願うジョシュア。しかし、血の支配者(ブラッドマスター)ジュリアンの前に敗北してしまう。しかし、ジョシュアは彼の支配の中でもあきらめていなかった。

 

血の支配者ジュリアンの中の虚無

ジュリアンが非常に怖かったです。絶対現実に会いたくない。

長い長い生の中で、人間らしさを失い、ただ残酷さだけが残った存在。まさに人間の姿をした化け物でした。話が通じているようで通じていない。

そんなジュリアンに、マーシュとジョシュアが協力して立ち向かっていくのが熱かったです。自分より強いものを倒す、というのは王道ですがやっぱり面白いです。

当時の奴隷制を、吸血鬼ものとリンクさせつつ、恐ろしい吸血鬼のボスを作り上げた手腕に拍手したいです。

何度殺そうとしても殺せないジュリアンに、読者として何度も絶望的な気分になりました。

 

これが二人の「熱病の夢」

この作品では、「フィーヴァー(熱)」という言葉がたくさんの意味を持ちます。

吸血鬼の吸血衝動、熱病、何かの熱に浮かされること。そして川の名前。何重にも張り巡らされた「熱」の反復が、とてもかっこよかったです。

ジョシュアとマーシュにとって、この物語はまさに「熱病の夢」。彼ら以外に起こったことは知られていません。ただひっそりと、みんなを救っていたのです。それがロマンチックで好きです。

船への熱から冷めたマーシュがどうしたのか、吸血衝動から解放されたジョシュアがどう暮らしたのか、いろいろ想像することはできます。しかしあえて書かないのが、スマートな終わり方なのだろうと思います。

 

まとめ

吸血鬼と人間の友情物語が面白かったです。かっこよくてハラハラドキドキする話でした。

私のように、吸血鬼ものを探している人におすすめしたいです。

フィーヴァードリーム〈上〉 (創元ノヴェルズ)

フィーヴァードリーム〈上〉 (創元ノヴェルズ)

 
フィーヴァードリーム〈下〉 (創元ノヴェルズ)

フィーヴァードリーム〈下〉 (創元ノヴェルズ)

 

 

関連記事

honkuimusi.hatenablog.com