ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

フェミニズムに興味のない人間にフェミニズム映画を作らせるな―『アラジン』(実写映画版)

アラジン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

あらすじ・概要

泥棒として生きてきたアラジンは、国のプリンセス、ジャスミンに恋をする。魔法のランプを手に入れたアラジンは、魔人のジーニーに王子になることを願った。ジャスミンといいムードになったアラジンだったが、国王の補佐をするジャファーによって正体を気づかれてしまう。

 

作品にやる気を感じない作品

最高につまらなくて逆に笑えてきてしまいました。作品にやる気を感じられません。頑張ってるのは俳優たちと美術系スタッフだけですよ。

 

まずフェミニズムを意識していながら、女性の描き方がめちゃくちゃ雑です。ジャスミンが全然かわいくもかっこよくもない。「(女性には許されていないけれど)国王になりたい」という彼女の目的の深い動機が描かれることがないし、心理描写は表面的な者しかありません。

「私はもう黙らない」と歌い出したときには「いや今まで言いたいこと言ってきたろ?」という気持ちになりました。今までもいろいろ言ってきたけどもっと言いたいこと言うわ、ならわかるんですけど。黙らないって何!?

フェミニズムに興味のない人間にフェミニズム映画を作らせるなよ!

 

舞台設定も雑でした。アラビア風の世界観なのに、あまりアラビアって感じがしません。見た目やアイテムだけアラビア風なだけで、ディズニーにとって異文化を取り扱っているという雰囲気ではないんですよね。

見た目がアラビア風なだけのヨーロッパみたいです。

 

しかしこんな駄作でありながら、画面や俳優たちがきれいなせいでなんとなくいい話っぽくなってしまうからディズニーはずるいと思います。褒め言葉ではなく。

本当に失敗作で笑う。

アラジン (吹替版)

アラジン (吹替版)

  • 発売日: 2019/09/25
  • メディア: Prime Video