ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

子ども向け

人をガキンチョにしてしまう吸ケツ鬼の謎を追え―『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』

あらすじ・概要 エリート教育をする学校に体験入学することになったカスカベ防衛隊の5人。誘った風間くんはやる気満々だが、他のメンバーは消極的で……。そんな中、風間くんが時計塔に住むという吸ケツ鬼に襲われ、ガキンチョになってしまう。残された四人と…

小学生3人組はおじいさんの死ぬところが見たくて家を覗く―湯本香樹実『夏の庭』

あらすじ・概要 小学六年生の三人は、「人が死ぬところを見たい」という理由で、とある老人の家を覗くことにする。最初は老人は少年たちを疎ましがっていたが、徐々に親しみを覚え始める。少年たちが老人の手伝いをしたり、老人が少年のためにすいかを用意し…

願いを胸に、運命の塔を上ろうとするふたりの旅人―宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー (4)運命の塔』

あらすじ・概要 動力船の設計図を持ったミツルを追って北の帝国に渡ったワタル。皇都ソレブリアでは、ミツルの行った残虐な行動が明らかになる。常闇の鏡は破壊され、魔族が魔界から押し寄せる中で、ミツルは幻界のため、自分自身のため、ある決断をする。運…

願いを叶えるため異世界にやってきた少年は、人種差別に振り回される―宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー (2)幻界』

あらすじ・概要 自分の願いを叶えるため、幻界にやってきたワタル。おためしのどうくつで最低限の説明を受けた後は、何も知らない異世界に放り出される。トカゲのような種族である水人族のキ・キーマに助けられ、ワタルは彼とともに旅をすることとなる。しか…

ノーベル賞受賞者たちが子どもの疑問に答える―ベッティーナ・シュティーケル『ノーベル賞受賞者にきく子どものなぜ? なに?』

「どうして1たす1は2なの?」「パパとママはどうして働かなきゃいけないの?」子どもの素朴な疑問に、ノーベル賞受賞者たちが回答。普段何気なく生活している社会の、さまざまな謎に迫る。

なりたいものになれなくても今のあなたは美しい―『映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』

あらすじ・概要 「五年に一度の青い満月の夜、魔法使いが現れて夢を叶えてくれる」という伝説を聞いて、月を見に出かけたすみっコたち。そこで出会ったのは、五人の魔法使いたち。魔法使いたちは一晩一緒にすみっコたちと遊んでくれ、やがて魔法使いの世界へ…

冷戦時代、少年が鉄の巨人と出会い、友達になる―『アイアン・ジャイアント』

あらすじ・概要 9歳の少年ホーガースは、森の中で大きなロボットを見つける。鉄を食べるその巨人と友達になったホーガースは、そのロボットをかくまおうとする。しかし政府から捜査官がやってきて、ロボットを探し始める。ホーガースはジャンクを引き取る仕…

アゲハチョウはなぜ決まった道を飛ぶのか、研究者が科学的に調べてみた―日高敏隆『チョウはなぜ飛ぶか』

あらすじ・概要 子ども時代の著者は、アゲハチョウが決まった道を飛ぶことに気づいていた。なぜなのか。研究者になった著者はアゲハチョウの道について調べ始める。何度も実験を繰り返し、見えてきたアゲハチョウの習性とは……アゲハチョウ研究をテーマにした…

フェミニズムに興味のない人間にフェミニズム映画を作らせるな―『アラジン』(実写映画版)

あらすじ・概要 泥棒として生きてきたアラジンは、国のプリンセス、ジャスミンに恋をする。魔法のランプを手に入れたアラジンは、魔人のジーニーに王子になることを願った。ジャスミンといいムードになったアラジンだったが、国王の補佐をするジャファーによ…

天然痘撲滅プロジェクトはものすごく泥臭かった―蟻田功『地球上から天然痘が消えた日』

tsutaya.tsite.jp 古い本でAmazonの在庫がないみたいだからツタヤのリンク貼っておきます。 あらすじ・概要 致死率20%の病気として世界中で猛威を振るってきた天然痘。その天然痘を撲滅するために、WHOはチームを組んだ。その一員だった著者が、各国での撲…

絵がうまい人の伝記を絵がうまい人が描いてる―ちさかあや『コミック版世界の伝記 葛飾北斎』

あらすじ・概要 江戸末期に現れた伝説の絵師、葛飾北斎(鉄蔵)。彼は子どものころから絵が大好きで、奉公先で版木を彫る仕事を紹介される。しかしそれも長続きせず、浮世絵を描いていた勝川春章(かつかわ・しゅんしょう)に弟子入りした。しかし型にはまら…

ウイルスの発見から感染の仕組み、未来への展望まで―岡田吉美『ウイルスってなんだろう』

あらすじ・概要 さまざまな感染症を引き起こし、人間の脅威であるウイルス。しかし、ウイルスを発見し研究することによって、科学は大きな進歩をしてきた。ウイルス発見の科学史から、ウイルスの特徴の奇妙さ、ウイルスがもたらした技術などを紹介する、学生…

悪の女王とドンパチ戦う白雪姫と小人―『白雪姫と鏡の女王』

あらすじ・概要 父を亡くし、女王となった継母に国を乗っ取られた白雪姫は、城の外に出て財政難な王国の現状を知る。女王は白雪姫を殺そうとするが、森に逃げ込んで小人たちに助けられる。一方で、女王はハンサムで金持ちの隣国の王子と再婚しようとしていた…

設定にツッコミどころが多すぎるが映像とジャイアンはよかった―『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

あらすじ・概要 ドラえもんの道具を使って家出をすることにしたのび太だったが、どこに行っても土地の所有者がおり、追い出されてしまう。仲間たちもそれぞれ悩みを抱えて家出をすることにした。ドラえもん一行は人間が住み着く前の日本に向かい、そこに自分…

動物の設定が雑すぎる―『ジャングル・ブック』(リメイク版)

今日の更新は、『ジャングル・ブック』(リメイク版)です。 あらすじ・概要 子どものころジャングルに迷い込み狼に育てられたモーグリ。トラのシア・カーンはモーグリを危険視し、殺そうとする。モーグリは狼の群れを離れ、クロヒョウのバギーラとともに人…

交通遺児に好きなだけ泣く時間を与えないの、あまりにも悪趣味―『若おかみは小学生!』(アニメ映画版)【ネタバレ有】

今日の更新は、『若おかみは小学生!』です。 あらすじ・概要 事故で両親を亡くし、祖母の経営している旅館に引き取られた織子ことおっこ。おっこはそこで、幽霊のウリ坊と出会う。ウリ坊の提案で旅館の若おかみになったおっこは、掃除や接客、配膳など、旅…

百合に限りなく近い百合否定映画―『思い出のマーニー』

あらすじ・概要 札幌にいた杏奈はぜんそくの治療のため、湖の側の家に預けられることになった。杏奈はそこで、マーニーという不思議な女の子に出会う。湿地を見渡す大きな洋館、湿っ地屋敷に住んでいるという彼女は、杏奈と仲良くなる。しかし、マーニーの素…

「覚えている」ことが弔いでありなぐさめである―『リメンバー・ミー』

今日の更新は、『リメンバー・ミー』です。 あらすじ・概要 メキシコの少年ミゲルは音楽が大好き。しかしミゲルの家庭では、音楽禁止だった。家族に反抗したミゲルは家を飛び出し、ギターを盗んで音楽コンテストに出ようとする。しかしミゲルはなぜか生きて…

忙しい人向けですらないファンタージェン―『ネバーエンディング・ストーリー』

今日の更新は『ネバーエンディングストーリー』です。 あらすじ・概要 母親が死に、父親とふたり暮らしをしているバスチアン。いじめっ子たちにからかわれ、さえない生活をしている。しかし、ふらりと逃げ込んだ古書店で、不思議な本に出合う。バスチアンは…

闇の勢力と戦うために子どもたちが光車を探す―天沢退二郎『光車よ、まわれ!』

今日の更新は、天沢退二郎『光車よ、まわれ!』です。 TVアニメ「電脳コイル」のインスピレーション元のひとつらしいので読んでみました。 同じく天沢退二郎さんの『光車よ、まわれ!』上のオレンジ党シリーズと並んで代表作とされる、子供達があやかしと戦う…

孤独な少年が心の中に他者を受け入れる―キャサリン・パターソン『テラビシアにかける橋』

今日の更新は、キャサリン・パターソン『テラビシアにかける橋』再読感想です。 あらすじ・書籍概要 絵を描くのが好きなジェシーは、隣に引っ越してきた、ちょっと変わったところのある少女レスリーと仲良くなる。ふたりは川向こうの土地に、「テラビシア」…

ディズニープリンセスに思い入れがないのでクロスオーバーネタがわからない―『シュガー・ラッシュ:オンライン』感想

今日の更新は、『シュガー・ラッシュ:オンライン』です。 お題に参加しようと思ったんですが、わりと厳しいこと言ってるのでやめました。 あらすじ ラルフが新しいコースを作ろうとしたことから、シュガー・ラッシュの機体が壊れ、電源を抜かれてしまった。…

子どものときにこんな悪い大人たちの読書案内を読みたかった―金原瑞人『金原瑞人[監修]による12歳からの読書案内 海外作品』感想

今日の更新は、『金原瑞人[監修]による12歳からの読書案内 海外作品』です。 いやあ、めちゃくちゃ面白かったです。 書籍概要 翻訳者の金原瑞人を中心に、さまざまな人がローティーンのために本をオススメする。泣けるものから笑えるもの、ディープなもの…

うろ覚えで見たら記憶以上に面白かった―『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』感想【Amazon Primeビデオ】

今日の更新は『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』です。 最近心労が多いので、前向きになれる映画がいいな~と思ってチョイスしました。 あらすじ 「魔法が使えるようになったら楽なのに」と思ったのび太は、もしもボックスでこの世界を魔法の世界に変え…

ちびででぶな少年が、お父さんと旅がらす ウルズラ・ウェルフェル『火のくつと風のサンダル』再読感想

昔好きだった本を読んでいくシリーズ。今回は子どものころ好きだった児童書。 あらすじ ちびでふとっちょのチムは、誕生日プレゼントにお父さんとの旅をプレゼントされる。夏休みに徒歩で旅に出た二人は、靴を修理しながら村や町を渡っていった。お父さんは…

足の不自由な少女を中心に「友情」を描いた連作短編 重松清『きみの友だち』感想

あらすじ 事故で足が不自由になった恵美。彼女は事故にかかわったクラスメイトを責めたことをきっかけに、クラスで孤立してしまう。恵美は同じくクラスで浮いている、由香と仲良くなるが……。ひとりの少女を中心とした連作短編集。

動物たちが歌を通して抑圧から解放される 『SING シング』感想

Amazonプライムに乗り換えました。これはAmazonプライムで初めて見る作品です。 あらすじ 動物たちが暮らす街。コアラのバスター・ムーンは、傾いた劇場を復活させるために秘策を思いつく。それは歌のコンテストをすること。かくして劇場に素人たちが集まり…

「好きなこと」をやりとげることと少年少女の淡い恋 夜野せせり『渚くんをお兄ちゃんとは呼ばない ひみつの片思い』感想

あらすじ 両親の再婚により、血のつながらないきょうだいができた千歌。そのひとりは、学校の人気者渚だった。最初は反目しあっていた二人だが、サッカーと漫画という好きなことを通して、少しずつ距離が縮まっていく。

霧を超えてふしぎな町で奉公生活 柏葉幸子『霧のむこうのふしぎな町』感想

おすすめの児童文学記事に載っていた本です。 あらすじ 夏休み、霧のむこうの町にやってきたリナ。そこは魔法使いの子孫が暮らす町だった。少し不思議なことが起こるその町で、リナは他の人の手伝いをしながら暮らす。

本を食べる少女が文学少年と出会って大冒険 渡辺仙州『文学少年と書を喰う少女』感想

タイムラインにおすすめが流れてきて気になった一冊。 あらすじ 書物が大好きな少年、呉承恩は、文字を食べたがる不思議な少女と出会う。彼女は玉策という、すべての生死を記録した禄命簿が人の形をとったものだった。承恩は彼女をめぐる戦いに巻き込まれる…