ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

小野不由美

ここに泰麒の「行きて帰りし物語」は成った―小野不由美『白銀の墟 玄の月 三・四』

今日の更新は、小野不由美『白銀の墟 玄の月』三巻と四巻の感想です。 核心的なネタバレはしていないんですが、気になる人はブラウザバックしてください。 前回の記事はこちら。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ・書籍概要 白圭宮にて泰麒は、王宮の奥に…

麒麟という枠に収まらなくなった「泰麒」の国を救うための秘策―小野不由美『白銀の墟 玄の月 一・二』

今日の更新は、小野不由美『白銀の墟 玄の月』です。 今回は同時刊行ということで記事を分けずにレビューします。 あらすじ・書籍概要 戴国に帰還した泰麒は、女将軍李斎(りさい)とともに主人である驍宗(ぎょうそう)の行方を追う。しかし泰麒は、李斎に…

十二歳の少女が王になるために妖魔の世界を行く―小野不由美『図南の翼』

今日の更新は、小野不由美『図南の翼』です。 あらすじ・書籍概要 豪商の娘で、12歳の珠晶(しゅしょう)は、恭の王になるために蓬山に旅立つ。黄海に入る前に出会ったのは妖獣を捕らえる朱氏の頑丘(がんきゅう)。彼に護衛を依頼し、昇山を始める珠晶だ…

「祟る少年」に出会った教育実習生の郷愁―小野不由美『魔性の子』

今日の更新は、小野不由美『魔性の子』です。 あらすじ・書籍概要 教育実習生として母校の高校に帰ってきた広瀬は、高里という生徒に出会う。彼の周りには、事故が頻発していた。学校では、「高里は祟る」といううわさが飛び交う。広瀬は高里に興味を持ち、…

政治サークルの壊れていく理想―小野不由美『華胥の幽夢』

今日の更新は、小野不由美『華胥の夢』です。 あらすじ・書籍概要 才の麒麟、采麟が体調不良を起こす。どうやら失道らしい……だが、采王のどこが間違っているというのだろうか。表題作『華胥』ほか、過去や日常をまとめた十二国記の番外短編集。

日本から帰った麒麟が王を選ぶ―小野不由美『風の海 迷宮の岸』

今日の更新は、小野不由美『風の海 迷宮の岸』の再読感想です。 あらすじ・書籍概要 黄海の蓬山にて、次代の麒麟を生み出す泰果が生った。しかしそれは蝕によって流され行方知れずになる。ようやく見つかった泰麒は、現代日本で育ち麒麟の力をほぼ眠らせたま…

王という自意識を持った男の反乱鎮圧―小野不由美『東の海神 西の滄海』

今日の更新は、小野不由美『東の海神 西の滄海』再読感想です。 青春時代にハマった作品を久しぶりに読みたくなりました。 あらすじ 延麒六太が、胎果小松尚隆を延王に選んで20年。荒廃した国は生気を取り戻しつつあった。そんな折、尚隆の治世に不満を持つ…

怖くて論理的なホラーミステリ 小野不由美『ゴーストハント』感想記事まとめ

あらすじ 旧校舎で起こった心霊事件を解決しにやってきた渋谷一也、通称ナル。彼の事務所でバイトすることになった麻衣は、彼と個性豊かな霊能力者たちと心霊事件に挑む。たびたび夢に出てくるナルに、麻衣は淡い恋心を抱くのだが……。

恋の終わりと少女の成長で締めくくる 小野不由美『ゴーストハント7 扉を開けて』感想

ついに最終巻。感慨深いですね。 あらすじ 前巻の事件の帰り道、山奥に迷い込んだSPRのメンバー。ナルはそこで突如「SPRを解散する」と宣言した。納得がいかないSPRのメンバーたちはコテージを借りてその場に残る。そんな中、地元の人たちに幽霊の出る校舎に…

だめだった巫女さんがいいところ見せる回 小野不由美『ゴーストハント6 海からくるもの』感想

今回の表紙はニス塗りかな?それとも他の効果? あらすじ 依頼を受けてある家にやってきたSPRのメンバー。そこは代替わりするたびに人が死ぬ家だった。ナルが霊の攻撃を受けて憑依されてしまい、SPRのメンバーはナル抜きで調査を行うことに。はたして「呪い…

森の奥の洋館で人が消え続ける 小野不由美『ゴーストハント5 鮮血の迷宮』感想

メタル系の紙に印刷されていてめっちゃギラギラした本です。 あらすじ 日本国の元首相から依頼を受け、森の奥の洋館にやってきたナルたち。そこは人が消える館だった。集められた他の霊能力たちと一緒に捜査を開始するが、人々が次々に消えていく。果たして…

怪異が移動する学校で行われたあることとは 小野不由美『ゴーストハント4 死霊遊戯』感想

表紙がネタバレになっています。読み終わって初めて気づくレベルのネタバレなんですが。黒い部分は印刷がちょっと盛り上がってます。 あらすじ 心霊現象が多発する高校の調査に来たSPRのメンバー。生徒たちは学校の無意味な締め付けに不満を持っていた。除霊…

お姉さん巫女綾子がポンコツかわいい 小野不由美『ゴーストハント2 人形の檻』感想

今回の表紙箔押しですね。変わった箔の押し方です。 あらすじ SPR(渋谷サイキックリサーチ)の渋谷一也(ナル)と麻衣は、依頼を受けて怪現象の起こる洋館へ向かう。そこで別のルートで依頼されていた綾子と法生と出会い、協力して調査を進めていく。

とても論理的なホラーミステリ 小野不由美『ゴーストハント1 旧校舎怪談』感想

コミカライズが面白かったので読んでみようという本です。 あらすじ 旧校舎には幽霊が出るという噂があった。麻衣はそこでゴーストハントをするという少年に出会う。除霊は他の霊能力者を巻き込み、謎を増していく。はたして旧校舎の幽霊の正体とは……。