ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ホラー

哀しいけれどバッドエンドではないさわやかな結末―来楽零『哀しみキメラⅣ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅣ』です。 あらすじ・概要 ふたりきりになってしまった純と綾佳。ふたりは不穏な気配がある京都に向かった。そこではモノを封じ込めた結界がまた開きかけていた。どうやらそれは、仙谷と同行している少女が関係しているら…

階段を上った小学生たちの行方を追え―来楽零『哀しみキメラⅢ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅢ』です。 あらすじ・概要 学習塾でアルバイトをしていた水藤は、小学生たちの間に「願いがあるならば、階段を上れ」という噂が回っていることを知る。そして子どもたちの何人かは行方不明に。純と彩佳は、「モノ」がかか…

人を呪い殺した少女を助けるキメラたち―来楽零『哀しみキメラⅡ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラⅡ』です。 あらすじ・概要 十文字を失い、モノ祓い師をしながら生活をしていた三人のキメラたち。彼らは伯父を呪い殺してしまったという真里(まさと)と出会う。一方水藤が仕事で向かった自殺の名所に現れた、いくつもの…

化け物と交じり合った若者たちのあがき―来楽零『哀しみキメラ』

今日の更新は、来楽零『哀しみキメラ』です。 あらすじ・概要 塾のエレベーターで「モノ」に襲われ、その「モノ」と融合してしまった純たち四人の若者。強化された体、食べても治らない空腹。生きていくためには「モノ」を食らっていかなければならない。純…

現代舞台の作品なのにあふれる昭和っぽさ―有栖川有栖『濱地健三郎の霊なる事件簿』

今日の更新は、有栖川有栖『濱地健三郎の霊なる事件簿』です。 あらすじ・概要 超常的な事件を扱う霊能探偵・濱地健三郎。彼は助手のユリエとともに、奇妙な事件の依頼を受ける。自らの持つ霊感を使い、この世ならざるものが起こす事件を解決していくが……。

「ちょうどいい」パニック映画―『アナコンダ』

今日の更新は、『アナコンダ』です。 あらすじ・概要 伝説の先住民を求めてアマゾンにやってきた文化人類学者と、それをドキュメンタリーにするために同行した撮影クルーたち。しかし一人の男と関わってしまったことから、彼らは大きな蛇「アナコンダ」との…

もうすぐ春も終わるので、夏に読みたいライトノベル・ライト文芸10選紹介する

素材:Canva(https://www.canva.com/) もう5月も終わりに近づいてきました。少し早いですが、「夏に読みたいライトノベル・ライト文芸」を紹介したいと思います。 夏が舞台なだけではなく、「これって夏っぽいよね」というものも多く含まれております。大…

無限に増え続ける少女たちが無限に目覚めては殺し合い滅んでいく―矢部嵩『〔少女庭国〕』

今日の更新は、矢部嵩『〔少女庭国〕』です。早川書房の電子書籍セールで買いました。 あらすじ・概要 中学校の卒業式に向かっていたはずの羊歯子は立方体の部屋の中で目覚めた。部屋には「下記の通り卒業試験を実施する。ドアの開けられた部屋の数をnとし死…

おいそこの裏世界のふたり、お前ら早く付き合っちゃえよ―宮澤伊織『裏世界ピクニック4 裏世界夜行』

今日の更新は、宮澤伊織『裏世界ピクニック4 裏世界夜行』です。 あらすじ・概要 謎の配信者の率いるカルトを退けた空魚・鳥子のふたり。ふたりはまた裏世界探索を始めた。今度の目標は、裏世界で夜を超すこと。その準備をしているうちに、彼女らは人の顔を…

ネットロアを泳ぎつつカルト教団とドンパチ―宮澤伊織『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』

今日の更新は、宮澤伊織『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』です。 あらすじ・概要 裏世界の探検を続ける空魚と鳥子。空魚の後輩、茜理(あかり)の友人の依頼を解決することになる。その過程で聞いたのは、「自己責任系」と呼ばれる怪談を語る「ウルミルナ」…

裏世界を旅するイカれたふたりを紹介するぜ!―宮澤伊織『裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト』

むしゃくしゃしたので裏世界ピクニックを電子書籍で最新刊まで買いました。 これからちまちま読んでいく予定。 あらすじ・概要 何度死線を潜り抜けても裏世界に行き続ける鳥子(とりこ)と空魚(そらを)。きさらぎ駅に迷い込んだ米軍を救出する計画を企て、…

事故によってどうしようもなく変わってしまった町で子育て―北野勇作『きつねのつき』

今日の更新は北野勇作『きつねのつき』です。 あらすじ・概要 人に化けた「何か」が徘徊する町。「私」と娘の春子は、天井と同化した異形の妻と暮らしている。娘と平和な生活をする一方で、身の回りでは不思議なことばかり起こる。ここではかつて悪夢のよう…

スリリングな展開を楽しめ! ハラハラドキドキする小説おすすめ21選

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、ハラハラドキドキする小説のおすすめです。 アクセス解析の検索ワードに浮上していたので書いてみました。ジャンルはホラー・ファンタジー・SF・サスペンスと雑多に混ぜています。 変態コレクターの庭…

生きづらさを抱える子どもたちが恐怖と戦う―『IT/イット それが見えたら終わり』

今日の更新は、『IT/イット それが見えたら終わり』です。 金曜ロードショウで見た映画です。 あらすじ・概要 ある雨の日にジョージィが消えた。兄のジムは、何とか彼を探し出そうとする。その過程で、ジムは「それ」を目撃した。ジムを含むルーザーズ・ク…

物語るために生まれてきた男の文章作法―スティーヴン・キング『書くことについて』

今日の更新は、スティーヴン・キング『書くことについて』です。 あらすじ・書籍概要 ホラーの巨匠スティーヴン・キング。彼が「書くことについて」語る。生い立ちと小説家としてデビューするまで、ドラッグと酒に溺れた過去。そして創作技法やエージェント…

都市伝説を生み出す裏世界を探検せよ―宮澤伊織『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』

今日の更新は、『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』です。 確か去年のハヤカワ電子セールで買ったものです。 あらすじ 大学生の空魚(そらを)は、条件を満たすと入れる「裏世界」で鳥子と出会う。お金稼ぎになるとも言われ、裏世界に消えた友人…

「祟る少年」に出会った教育実習生の郷愁―小野不由美『魔性の子』

今日の更新は、小野不由美『魔性の子』です。 あらすじ・書籍概要 教育実習生として母校の高校に帰ってきた広瀬は、高里という生徒に出会う。彼の周りには、事故が頻発していた。学校では、「高里は祟る」といううわさが飛び交う。広瀬は高里に興味を持ち、…

泥臭さが楽しいものづくり映画―『カメラを止めるな!』

金曜ロードショーで『カメラを止めるな!』を見ていました。 ネタバレはできるだけ伏せたけれども、何も知らずに見たほうが楽しいので、未見の人はブラウザバックしてね! あらすじ 田舎の廃墟でゾンビ映画を撮影中の一行。監督は本物の表情を取りたいと躍起…

「憑かれた」テニス少女の地獄の道行き―甲田学人『霊感少女は箱の中2』

今日の更新は、甲田学人『霊感少女は箱の中2』です。 久しぶりに続刊に手を出したけれど、だいたい内容を覚えていてよかったです。 あらすじ 交霊サークル「ロザリア・サークル」の手伝いをするようになった柳瞳花。そのロザリアにテニス部の的場茜から依頼…

デジタルなギミックを使ったノベルゲーム―「怪異掲示板と七つのウワサ」感想

今日の更新は、ノベルゲーム「怪異掲示板と七つのウワサ」です。 play.google.com

プロのやる大真面目な二次創作―『高慢と偏見とゾンビ』感想【AmazonPrimeビデオ】

今日の更新は、『高慢と偏見とゾンビ』です。 小説の方の『高慢と偏見』を読んだら見てみたかった作品です。 あらすじ ゾンビが徘徊する世界。地主階級に生まれたエリザベスは、ビングリ―とダーシーという男性に出会う。エリザベスはゾンビを倒すことを第一…

こっくりさんと契約した男の、悲しくも希望のある結末―乙一『天帝妖狐』再読感想

今日の更新は、『天帝妖狐』です。 久しぶりに読みたくなったので楽天koboで買いました。電子書籍は気が向いたときに買い戻せて、著者にお金を払えるのでいいですね。 あらすじ 杏子は道端で倒れていた夜木という男を拾う。顔を隠した夜木は、何か訳ありのよ…

世界観がちゃんぽんになった怪談集―小原猛『沖縄の怖い話 琉球怪談物語集』感想【AmazonPrimeリーディング】

今日の更新は、『沖縄の怖い話 琉球怪談物語集』です。 これももうPrimeリーディングからは外れちゃったみたいですね。 書籍概要 沖縄に移住した著者は、沖縄の怪談に興味を持ち、収集を始める。沖縄の亀甲墓、霊場であるウタキ、霊能力者のユタ、沖縄戦や米…

因習ものを離れてしまったので物足りなかった―今邑彩『翼ある蛇』感想

今日の更新は、今邑彩『翼ある蛇』です。 前巻の感想はこちら。 honkuimusi.hatenablog.com あらすじ 英文学翻訳者でフェミニストの沢地逸子のホームページに謎の書き込みがあった。次の日、都内で猟奇殺人事件が起こる。喜屋武蛍子は、姪の火呂がそのホーム…

秋に閉じ込められたリプレイヤーたちのゆるい生活 恒川光太郎『秋の牢獄』再読感想

あらすじ 女子大生の藍は、自分が11月7日を繰り返していることに気づく。同じ境遇の「リプレイヤー」たちとつるみ、ループを楽しむ。しかし、「北風伯爵」という謎の存在がリプレイヤーたちを脅かしていて……。表題作含む三編を収録。

レスタトが語る『夜明けのヴァンパイア』の真実 アン・ライス『ヴァンパイア・レスタト 下』感想

吸血鬼の小説を読むシリーズ。この表紙ちょっとセクシーな感じですね。 あらすじ 自身の母親をヴァンパイアとしてよみがえらせたレスタト。彼女と別れたレスタトは、伝説的吸血鬼マリウスを探し旅をする。マリウスの口から語られた、吸血鬼という種族の誕生…

ロックスターの吸血鬼の語りは嘘か真か アン・ライス『ヴァンパイア・レスタト 上』感想

吸血鬼ものの作品を読むシリーズ。 あらすじ 眠りから目覚め、ロックスターとなったヴァンパイア・レスタト。彼は自伝を書き始める。老ヴァンパイアから血を与えられ、吸血鬼となった彼は、超常的な力と財力を得る。

怖くて論理的なホラーミステリ 小野不由美『ゴーストハント』感想記事まとめ

あらすじ 旧校舎で起こった心霊事件を解決しにやってきた渋谷一也、通称ナル。彼の事務所でバイトすることになった麻衣は、彼と個性豊かな霊能力者たちと心霊事件に挑む。たびたび夢に出てくるナルに、麻衣は淡い恋心を抱くのだが……。

恋の終わりと少女の成長で締めくくる 小野不由美『ゴーストハント7 扉を開けて』感想

ついに最終巻。感慨深いですね。 あらすじ 前巻の事件の帰り道、山奥に迷い込んだSPRのメンバー。ナルはそこで突如「SPRを解散する」と宣言した。納得がいかないSPRのメンバーたちはコテージを借りてその場に残る。そんな中、地元の人たちに幽霊の出る校舎に…

農場で暴力男に支配される同性愛者 『トム・アット・ザ・ファーム』感想

dtvに入会した友達におすすめされた映画です。身の回りに入会している人がいると映画探しがはかどりますね。 あらすじ トムは死んだ恋人のギヨームの故郷を訪ね、葬儀に出席する。そこでギヨームの兄に暴力で脅された。トムは同性愛者であることを秘密にし、…