ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

【ネタバレ有】『舞台「刀剣乱舞」 維伝 朧の志士たち』11月22日夜公演感想

 

舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち(法人特典なし) [Blu-ray]

今日の更新は、『舞台「刀剣乱舞」 維伝 朧の志士たち』感想です。

 

あらすじ・概要

文久土佐への出陣を要請された男士たちは、陸奥守吉行を部隊長として戦地に赴く。そこは土佐勤王党が恐怖政治を行っている世界線だった。陸奥守らは、土佐勤王党の盟主武市半平太を説得しようとしている坂本龍馬と行動を共にする。

 

 

陸奥守推しに対してひどい

いや~ひどくない!? 刀ステはいつだって過酷なんですが、ボジョレーヌーボー並みに過酷さを更新していきますね。

陸奥守推しの人大丈夫だったかな……。

龍馬に出会ってすぐ「会いたくなかった」と言って、それであのラストの怒涛の展開ですよ。もうしんどい。

特に陸奥守の最終決戦はすごかったです。あそこで文久土佐ボスBGMかけるのずるくないですか? アレンジもかっこいいね!

何かあのラストでいろいろなことを許してしまった気がします。

 

あと私の推し南海太郎朝尊の演技もせりふもドはまりしていてすごかったです。

「あ、この刀人の皮をかぶった人外なんだな……」という雰囲気がバリバリに出ています。

鶴丸に驚かされてもピクリとも驚かなかったシーン、めちゃくちゃびっくりした肥前くんとの対比で強調されててよかったですね。

そんで人間に人間っぽい心を与えられたはずなのにあまりにも人外っぽい心のままあり続けてる彼は、刀の中でも異様なんですよね。はー。たまらないな……。

 

殺陣もすごかったんだけれど怪我が心配な内容でした……。舞台セットがぐるんぐるん動いて、その上で殺陣をやっている。あれ本当に大丈夫かな。ひとりでも落っこちれば死の危険があります。

主演の陸奥守の俳優さんはアクロバットが得意だからまだしも。本当に無理はしないでほしいです。

 

反面、序盤に説明的なせりふ・行動が多い気がしてそこはちょっとひっかかりました。キャラクターもその説明に引きずられている気がしました。

そこは初演で慣れてなかったからかもしれないですけれどね。

 

『維伝 朧の志士たち』まとめ

推しが出ているせいで全然まとまらない感想になってしまったんですけど面白かったですよ!

心が整理できてないので、千秋楽配信見てやる気があったらもう一回改めて感想書きます。

 

 

 

関連記事