ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

家事

鬱憤を晴らしたいならいいかもしれない―佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』

今日の更新は、佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』です。 あらすじ・概要 日本の主婦は家事をしすぎである――。家事の専門家である著者は、「家事をやってきちんと暮らす」という価値観が日本の女性を苦しめているのではないかと考えている。海外の…

兼業主夫になった放送作家の戦いと和解―杉山錠士・アベナオミ『新ニッポンの父ちゃん~兼業主夫ですが、なにか?~』

今日の更新は、作:杉山錠士・絵:アベナオミ『新ニッポンの父ちゃん~兼業主夫ですが、なにか?~』です あらすじ・概要 放送作家の著者は、兼業主夫として仕事の量を控え、家庭に入ることを決意する。妻に代わって保育所の送り迎えをする著者を待っていた…

小さな掃除できれいに暮らす―春原弥生『ズボラ式こそうじ術』

今日の更新は、春原弥生『ズボラ式こそうじ術』です。 あらすじ・概要 掃除が苦手で、いつもまとめて掃除をしてきた著者。それで困ったことはないはずだった。しかしマメな彼氏と同居するのをきっかけに、自分の雑さ、ズボラさに向き合わざるを得なくなる。…

マニュアルではない「分担のしかた」を書く家事本―五藤隆介『フルオートでしか洗濯できない人の男の家事』

今日の更新は、五藤隆介『フルオートでしか洗濯できない人の男の家事』です。 あらすじ・書籍概要 家事の分担にチャレンジした著者は、すべての家事の過程を書き出し、妻に質問するなどして、家事を見えるようにしていく。そこには、無数の見えない家事が溢…

子どもの自活のための家事本―アントラム栢木利美『13歳からの家事のきほん46』

今日の感想は、アントラム栢木利美『13歳からの家事のきほん46』です。 書籍概要 普段何気なくやっている家事。もっと効率的にやるにはどうしたらいいのだろうか。ローティーン向けにイラストを使用しつつ。家事の基礎を語る本。

いかに家事を単純化して生活するか―Emi『わたしがラクするモノ選び』感想【Primeリーディング】

今日の更新は、Emi『わたしがラクするモノ選び』です。 amazonPrimeリーディングにあった本でした。 書籍概要 自らを「ズボラ」と称する整理収納アドバイザー、Emi。彼女の所有しているグッズを紹介し、いかに家事を単純化するか、そしてお気に入りのものに…

ADHDの生活改善の初歩 桜井公子『どうして私、片づけられないの? 毎日が気持ちいい!ADHDハッピーマニュアル』感想

Amazonで気になったので入手した本です。 書籍概要 日常で大きな困難が付きまとうADHD(注意欠陥多動性障害)の人々。本書では、さまざまなADHDの悩みを紹介しつつ、それにどのような改善策が取れるか、猫のイラストとともに紹介している。