ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ライト文芸

ビターエンド、切ないエンドのライトノベル・ライト文芸14選【少しネタバレ】

ハッピーエンド以外のラノベは売れないという都市伝説がありますが、私は結構切ないエンドやビターエンドの作品が好きです。今回はそういう作品を集めてみました。 しかし「その作品がどういうオチなのか」と説明した時点でネタバレなんですよね……。具体的に…

編集者が吸血鬼な憧れの作家と人外事件を解決―澤村御影『憧れの作家は人間じゃありませんでした』

あらすじ・概要 編集者のあさひは、憧れの作家御崎禅の担当になった。しかし彼は、大正時代に日本に渡ってきた吸血鬼だった。映画をきっかけにあさひは御崎に編集者として受け入れられる。あさひは人外にまつわる事件について警察に協力する御崎を補助しなが…

二本立てゆえちょっとまとまりが悪い―路生よる『地獄くらやみ花もなき参 蛇喰らう宿』

あらすじ・概要 過去の通り魔事件を調べるため、奥飛騨の旅館に向かった皓と青児。燃えるような紅葉に囲まれた旅館で見たものは、前日亡くなった女将の亡骸だった。その旅館で、皓は行方知らずになってしまう。青児は皓の生存を信じ、彼の伝言に従ってある場…

性格のよろしくない経理部員は会社のドロドロした人間関係をはすに構えて見ている―青木祐子『これは経費で落ちません!2 経理部の森若さん』

あらすじ・概要 クールで真面目だが事なかれ主義的な経理事務員、沙名子は経費や出張費のおかしなところを見つけてしまい、そこから社内の人間関係を垣間見てしまう。大量に経費を使う広報担当者、コーヒーメーカーを巡る戦い、やたらと出張を長く設定する営…

詰め込み過ぎだが売れ筋に媚びない姿勢は嫌いじゃない―沙川りさ『鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫』

あらすじ・概要 小寺という領地の生き残りであり領主の菊は、山の中で不思議な少年に出会う。彼に剣術を教えてもらううちに、菊には恋心が芽生え……一方旅する薬師の文梧は、うさんくさい青年主水(もんど)とともに小寺の生き残りたちを助けていた。小寺の民…

人と半人半魔のバディが長崎の孤島、人形の館を訪ねて罪人を探し出す―路生よる『地獄くらやみ花もなき弐 生き人形の島』

あらすじ・概要 閻魔大王に代わって悪人を地獄に落とす皓(しろし)とその助手の青児(せいじ)の元に、バラバラ殺人を予告する謎の手紙が舞い込んだ。その手紙に従って長崎の孤島に降り立つと、そこは人形作家、絢辻幸次の館だった。館には人形のように美し…

もうすぐ春も終わるので、夏に読みたいライトノベル・ライト文芸10選紹介する

素材:Canva(https://www.canva.com/) もう5月も終わりに近づいてきました。少し早いですが、「夏に読みたいライトノベル・ライト文芸」を紹介したいと思います。 夏が舞台なだけではなく、「これって夏っぽいよね」というものも多く含まれております。大…

「イラっと来る」をうまくコントロールしたお仕事小説―青木祐子『これは経費で落ちません! 経理部の森若さん』

今日の更新は、青木祐子『これは経費で落ちません! 経理部の森若さん』です。 あらすじ・概要 天天コーポレーション経理部に所属する27歳のOL、森若沙名子。会社の簿記やお金の管理をして働く毎日だ。その経理部に、従業員たちはやっかいごとを持ち込んでく…