ブックワームのひとりごと

読書中心に好きなものの話をするブログです。内容の転載はお断りします。

ファンタジー

登場人物が「一緒にいたい」というエゴを自覚する―椎名蓮月『あやかし双子のお医者さん七 猫又と別れの挨拶』

今日の更新は、椎名蓮月『あやかし双子のお医者さん七 猫又と別れの挨拶』です。 あらすじ・書籍概要 クラスメイトのもとに出た猫の幽霊の事件を解決した莉莉たち。その過程で、リヒトには他の人間とつながりがあることがわかる。他に主人がいても、リヒトと…

麒麟という枠に収まらなくなった「泰麒」の国を救うための秘策―小野不由美『白銀の墟 玄の月 一・二』

今日の更新は、小野不由美『白銀の墟 玄の月』です。 今回は同時刊行ということで記事を分けずにレビューします。 あらすじ・書籍概要 戴国に帰還した泰麒は、女将軍李斎(りさい)とともに主人である驍宗(ぎょうそう)の行方を追う。しかし泰麒は、李斎に…

きみら人の上に立つ者の自覚はあるのか―守野伊音『淋しき王は天を堕とす―千年の、或ル師弟―』

今日の更新は、守野伊音『淋しき王は天を堕とす』です。 あらすじ 天人と人間の戦争が終結した後の世界。天人として生まれ天人を滅ぼした王は、政治を他の人間に任せて神殿で静かに暮らしていた。主人公、アセビは孤独な彼を幸せにしようと奮闘するが……。

童話的世界観でルッキズムを思い知らされたくない―あおのなち『テオ-THEO-』

今日の更新は、あおのなち『テオ-THEO-』です。 久しぶりにBLの漫画を買いました。 あらすじ 少年テオは魃(ばつ)という神様であるレイに仕えることになる。血筋による主従関係だったが、ふたりは少しずつ惹かれあっていく。しかし、魃は短命で、テオより先…

絵とストーリーで見る不思議の世界へようこそ! おすすめファンタジー漫画6選

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、ファンタジー漫画のおすすめ記事です。 漫画のファンタジーの面白さは、イラストとストーリー両方で「不思議」が見られるところだと思います。リアリティがあってもいいしミスマッチがあっても楽しいで…

葬太郎の呪い「アカデ」とは何者だったのか―枝屋初『ばけむこ』総評【ネタバレ有】

雌雄同体のなめくじの神様と男にも女にもなりたくない人間という、ひとつのカップルで3Lをこなしてしまう漫画が完結しました。 今回はその総評と、アカデとは何者だったのかを自分なりに考察してみたいと思います。 あらすじ・書籍概要 一族の女に伝わる早…

何重にも塗り固められた虚構のステージ―樺山三英『ハムレット・シンドローム』

今日の更新は、樺山三英『ハムレット・シンドローム』です。 あらすじ・書籍概要 事故により自分がハムレットだと思い込むようになった男、コマツアリマサ。彼が本当に狂っているのかどうかを確かめるため、ソフエは彼の住む城に潜入する。そこは、コマツが…

王女と奴隷が愛と憎悪を持って殴り合う―宝塚歌劇団『金色の砂漠』

今日の更新は、宝塚歌劇団『金色の砂漠』千秋楽配信の感想です。 Twitterをなんとなく眺めているとあらすじがすごく好みな作品が流れてきたので見てみました。 あらすじ 王族が生まれたときに異性の奴隷をつける文化がある国。第一王女タルハーミネは、男き…

ハーレムも関係性が違うとむしろ面白い―枯野瑛『終末なにしてますか? もう一度だけ会えますか? 04』

今日の更新は、枯野瑛『終末なにしてますか? もう一度だけ会えますか? 04』です。 あらすじ・書籍概要 逃亡を続けるフェオドールとラキシュはコリナディルーチェ市にやってきた。そこで妖精の調整を行ってきた学者を訪ねるが……。一方ティアットと、妖精倉…

主人公の思想がヤバいことが判明―枯野瑛『終末なにしてますか? もう一度だけ会えますか? 03』

今日の更新は、枯野瑛『終末なにしてますか? もう一度だけ会えますか? #03』です。 あらすじ・書籍概要 尋常ではない魔力を起こしたラキシュがふたたび目覚めたとき、人格が変化していた。フェオドールは逃げ出したラキシュをかくまいつつ、自身の目的のた…

【ネタバレ有】大爆笑していた記憶しかない―「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ライビュ感想

今日の更新は、「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ライビュ感想です。 あらすじ 聚楽第を突破した刀剣男士たち。その報酬としてやってきたのは山姥切国広の本歌、山姥切長義だった。へし切長谷部は山姥切国広の心理状態を心配し、山伏国広とともに…

水害で滅ぶ都から避難し敵を倒せ―上橋菜穂子『天と地の守り人<第三部>新ヨゴ皇国編』

今日の更新は、上橋菜穂子『天と地の守り人<第三部>新ヨゴ皇国編』です。 あらすじ・書籍概要 ロタとカンバルの同盟を成功させ、新ヨゴに帰ってきたチャグム。異世界ナユグに春がやってくることで、都には未曽有の水害が迫っていた。一方バルサは、草兵にな…

世界観が魅力的! 海外ファンタジーおすすめ8選

素材:Canva(https://www.canva.com/) 今日の更新は、海外ファンタジーのおすすめ記事です。 海外ファンタジーは日本のものとはまた違った世界観で面白いんですよね。今回は、国を問わず楽しかったファンタジーをまとめてみました。 『バーティミアス』ジ…

国を守る同盟を求めて山岳国家へ―上橋菜穂子『天と地の守り人<第二部>カンバル王国編』

あらすじ ロタとカンバルに同盟を結ばせるため、チャグムとバルサはカンバル王国に入る。チャグムはカンバル王との面会を望むが、密偵抜きで彼と会うことは難しい。バルサはある計画を考えるのだが……。

光に焦がれる少女と縛められた半神が出会う―荻原規子『空色勾玉』

今日の更新は、荻原規子『空色勾玉』です。 あらすじ・書籍概要 羽柴の村の少女狭也は、輝の大御神の子である半神、月代王(つきしろのおおきみ)に見初められ、采女として都に上がる。だが彼女は、闇の眷属だった。狭也は神殿に戒められた少年、稚羽矢と出…

バルサの旅は諜報戦の様相を呈す―上橋菜穂子『天と地の守り人<第一部>ロタ王国編』

今日の更新は、上橋菜穂子『天と地の守り人<第一部>』です。 あらすじ・書籍概要 海に飛び込み行方が分からなくなったチャグムを探し、バルサは旅立つ。チャグムが持っていた宝石を手掛かりに旅をするうちに、彼が海賊につかまったことを知る。はたしてバル…

過去作の続編以上のものではなかった―荻原規子『あまねく神竜住まう国』

今日の更新は、荻原規子『あまねく神龍住まう国』です。 あらすじ 流罪にされた少年頼朝は、なかば死ぬことを期待されて、危険な川の中州に住むことになる。そこにやってきたのは乳母を名乗る見知らぬ女性と、かつて出会った草十郎という青年だった。

十二歳の少女が王になるために妖魔の世界を行く―小野不由美『図南の翼』

今日の更新は、小野不由美『図南の翼』です。 あらすじ・書籍概要 豪商の娘で、12歳の珠晶(しゅしょう)は、恭の王になるために蓬山に旅立つ。黄海に入る前に出会ったのは妖獣を捕らえる朱氏の頑丘(がんきゅう)。彼に護衛を依頼し、昇山を始める珠晶だ…

気持ち悪い欲望をなぜ手放してはならないのか―『さらざんまい』

今日の更新は、『さらざんまい』です。 あらすじ 一稀(かずき)、燕太、悠(とおい)の三人は、ケッピという謎のカッパにカッパにされてしまう。欲望から生まれたカパゾンビの尻子玉を抜いて倒すと、銀の皿がもらえ、願いを叶えられるという。三人はそれぞ…

闇の勢力と戦うために子どもたちが光車を探す―天沢退二郎『光車よ、まわれ!』

今日の更新は、天沢退二郎『光車よ、まわれ!』です。 TVアニメ「電脳コイル」のインスピレーション元のひとつらしいので読んでみました。 同じく天沢退二郎さんの『光車よ、まわれ!』上のオレンジ党シリーズと並んで代表作とされる、子供達があやかしと戦う…

十三歳の皇后、宮廷の謎を解く―石田リンネ『十三歳の誕生日、皇后になりました』

今日の更新は、石田リンネ『十三歳の誕生日、皇后になりました』です。 あらすじ 皇帝に後宮入りを願い出ようとしたところ、皇位簒奪が起こり、流れで新皇帝暁月の皇后になってしまった莉杏(りあん)。十三歳の彼女は皇后の務めを果たそうと、宮廷の中の謎…

「祟る少年」に出会った教育実習生の郷愁―小野不由美『魔性の子』

今日の更新は、小野不由美『魔性の子』です。 あらすじ・書籍概要 教育実習生として母校の高校に帰ってきた広瀬は、高里という生徒に出会う。彼の周りには、事故が頻発していた。学校では、「高里は祟る」といううわさが飛び交う。広瀬は高里に興味を持ち、…

少女の背中を押す人を食う化物の優しさ―あおのなち『あなたの世界で終わりたい』

今日の更新は、あおのなち『あなたの世界で終わりたい』です。 前に読んだ同作者の短編集が面白かったので、こちらも買ってみました。 あらすじ・書籍概要 血を嫌う吸血鬼と、学校でいじめられている女子高生。女子高生は吸血鬼に、「あなたに食べられてもい…

理知的な女性が自ら行動し誰かを愛する―『美女と野獣』(ディズニー実写版)

今日の更新は、『美女と野獣』です。 金曜ロードショーで見ました。 あらすじ 本好きで、頭のいい女性ベル。彼女の父親が森の奥の城からバラを盗み、城の主人である野獣から監禁されてしまう。ベルは父親の身代わりになり、城に滞在する。ベルは白で暮らすう…

政治サークルの壊れていく理想―小野不由美『華胥の幽夢』

今日の更新は、小野不由美『華胥の夢』です。 あらすじ・書籍概要 才の麒麟、采麟が体調不良を起こす。どうやら失道らしい……だが、采王のどこが間違っているというのだろうか。表題作『華胥』ほか、過去や日常をまとめた十二国記の番外短編集。

日本から帰った麒麟が王を選ぶ―小野不由美『風の海 迷宮の岸』

今日の更新は、小野不由美『風の海 迷宮の岸』の再読感想です。 あらすじ・書籍概要 黄海の蓬山にて、次代の麒麟を生み出す泰果が生った。しかしそれは蝕によって流され行方知れずになる。ようやく見つかった泰麒は、現代日本で育ち麒麟の力をほぼ眠らせたま…

王という自意識を持った男の反乱鎮圧―小野不由美『東の海神 西の滄海』

今日の更新は、小野不由美『東の海神 西の滄海』再読感想です。 青春時代にハマった作品を久しぶりに読みたくなりました。 あらすじ 延麒六太が、胎果小松尚隆を延王に選んで20年。荒廃した国は生気を取り戻しつつあった。そんな折、尚隆の治世に不満を持つ…

いけ好かないイケメンがけちょんけちょんにされる―『ドクター・ストレンジ』

金曜ロードショウで『ドクター・ストレンジ』を見ました。 あらすじ 天才外科医のスティーヴン・ストレンジは、交通事故で手が不自由になってしまう。治療法を求めてたどり着いたのは魔術師たちの訓練組織だった。そこで訓練を積んだスティーヴンは、いやお…

ピジョットだけですべてを許せるポケモン映画―『名探偵ピカチュウ』

『名探偵ピカチュウ』見てきました! やったポケモンはプラチナバージョンが最後です。 あらすじ 父親の事故死の知らせを聞いてライムシティにやってきたティム。ティムは父親の家で父のパートナーポケモンだったピカチュウに出会った。なぜかピカチュウの言…

ジョナサン・ストラウド『バーティミアス三部作』感想のまとめと総評

全巻読破したので、感想のまとめ記事です。 あらすじ・書籍概要 魔術師の弟子ナサニエルは、今をときめく魔術師ラブレースに侮辱されたことをきっかけに復讐を企てる。呼び出されたのはジン、バーティミアス。バーティミアスはいやいやながらも生意気な少年…